調査リポート
» 2008年09月02日 07時00分 UPDATE

絵文字や顔文字を使う上司、3割が「好感もてる」

アイシェアが、上司とのコミュニケーションと絵文字に関する意識調査の結果を発表。上司にメールを送る際、絵文字や顔文字を使うという回答は約12%で、上司からの絵文字や顔文字入りメールについては、約3割が「好感が持てる」と答えている。

[ITmedia]

 アイシェアは9月1日、「上司の顔文字に関する意識調査」の結果を発表した。調査は8月21日と22日の両日、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は401人。

 同調査によれば、「携帯電話のメールで上司と連絡を取ったことがある」人は38.7%。男女差はそれほどなかったが、年代別では20代が46.7%、30代が39.0%、40代が37.9%となり、若い世代ほど上司とメールをやりとりした経験が多かった。

 実際に携帯で「連絡を取ったことがある上司(複数の場合は頻度の高い上司)の年齢」は、「41歳〜45歳」が最多で21.9%。「20歳以下」から「35歳」までの合計が20.7%、「36歳」から「51歳以上」までの合計が61.3%となり、年代が高い上司とのメール経験者が多かった。男女別で見ると、男性では「41歳〜45歳」の30.7%、女性では「36歳〜40歳」の26.3%がそれぞれトップ。年代別では20代が「26歳〜30歳」「31歳〜35歳」「36歳〜40歳」「41歳〜45歳」のいずれでも20.0%となり、上司の年齢をさほど気にせずメールで連絡を取っている様子がうかがえる。

 上司にメールを送る際に「絵文字や顔文字」を使用するかを聞いたところ、「絵文字入り」が11.6%、「顔文字入り」が6.5%、「絵文字も顔文字も」が15.5%となり、合計すると33.6%が文中にテキスト以外の文字を使用していた。男女別に見ると、絵文字、顔文字のどちらか、または両方を使う男性の合計が22.7%なのに対し、女性は43.8%と差が見られる。また女性と20代では、絵文字を使う割合が他よりも高かった。

 「上司からのメールに絵文字や顔文字は入っているか」という質問では、「絵文字入り」が16.8%、「顔文字入り」が7.7%、「絵文字も顔文字も」が14.8%で、「どちらも入っていない」が60.6%となった。性別・年代別に比較すると、「どちらも入っていない」割合が最も高いのは男性の70.7%。それに対して女性と20代では割合が低く、それぞれ51.3%、54.3%となった。

 上司からの「絵文字や顔文字入り」メールを受け取った印象については、「好感」を持ったとした人が29.7%で、「非常に好感」の3.2%と合わせると32.9%となった。最も多いのは「どちらでもない」の54.2%で、「不快」は7.1%、「非常に不快」は5.8%だった。性別・年代別に比較すると、女性と30代での「好感」率が特に高く、どちらも35%以上。反対に「不快」率は男性と40代で高く、いずれも10%以上となった。「好感」を持ったとする理由については「親しみやすさ」、「不快」については「公私混同」という意見が目立った。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


関連キーワード

絵文字 | 顔文字 | アイシェア | 意識調査


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.