ニュース
» 2009年05月28日 09時56分 UPDATE

販売台数では4位でも:iPhone、スマートフォンでのWeb閲覧シェアで1位に――AdMob調査

スマートフォンからのWeb閲覧を最も活用しているのはiPhoneユーザーで、販売台数シェア1位のSymbian OS携帯ユーザーではないようだ。

[ITmedia]

 スマートフォンの販売台数とWeb閲覧シェアは一致せず、販売台数では4位のiPhone OSがWeb閲覧シェアでは43%を占めて1位だった――。携帯向け広告企業の米AdMobが5月27日、こんな調査結果を発表した。

 AdMobは7000以上の携帯向けWebサイト、1600以上のアプリケーションに広告を配信している。同社は毎月、この広告ネットワークのデータに基づいた調査結果を発表している。

 2009年4月のAdMobネットワーク上のWebサイトおよびアプリケーション利用状況を米調査会社Gartnerが発表した2008年のOS別スマートフォン販売台数と比較したところ、Symbian OS搭載スマートフォンは販売台数ではシェア52%と圧倒的な1位だが、Web閲覧では36%でiPhoneに1位を譲った。一方Web閲覧では43%のシェアを占めて1位のiPhone OSは、販売台数ではシェア8%で4位だった。

admob1 販売台数とWeb閲覧のシェア比較(資料:AdMob)

 iPhoneやHTC製スマートフォンなど、一般のHTMLサイトを閲覧しやすいデバイスの出現により、モバイル向けサイト以外へのアクセスが増加しているという。米調査会社Net Applicationsが発表した4月のスマートフォンからHTMLサイトへのアクセスシェアと比較したところ、iPhoneからのアクセスは2位のAndroid(シェア9%)を圧倒的に離し、65%のシェアを占めた。

admob2 モバイル向けサイトとHTMLサイトへのアクセス比較(資料:AdMob)

 また携帯電話全体に占めるスマートフォンのシェアでは、Gartnerによる販売台数では12%だが、AdMobによるWeb利用率では35%と約3倍に上った。

関連ホワイトペーパー

スマートフォン | iPhone | 携帯電話


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -