ニュース
» 2009年07月21日 10時18分 UPDATE

SharePointサーバが利用可能に:Microsoft、「Office 2008 for Mac」のSP2リリース

新機能「Document Connection」でOffice Live WorkspaceとSharePointでのドキュメント共有が可能になった。

[ITmedia]

 米MicrosoftのMacintosh Business Unit(Mac BU)は7月21日、Mac版Office「Microsoft Office 2008 for Mac」のService Pack 2(SP2)をリリースした。Microsoftのサイトから無料でダウンロードできるほか、今後自動アップデートでも配信する。

 SP2では速度、安定性、互換性を強化したほか、新機能「Document Connection」により無料のドキュメント共有サービス「Microsoft Office Live Workspace」が利用可能になった。MacユーザーはFirefox 2.0や同日対応が発表されたSafari 4を使って、Word、Excel、PowerPointの文書を同サービスで共有できる。またSharePointサーバへのアクセスも可能になった。そのほか、PowerPointでパスアニメーションが可能になり、フォント、カラー、スライドレイアウトなどのテーマをカスタマイズできるようになった。

 同社はOffice 2008 for Macの30日間の無料トライアル版を提供しており、こちらも間もなくSP2になるとしている。

関連ホワイトペーパー

Office Live | Microsoft(マイクロソフト)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -