ニュース
» 2009年08月01日 22時36分 UPDATE

TwitterでスパムDM出回る フォロワーに自動でDM送りつけ

TwitterでスパムDMが出回っている。DMに書かれたURLのページでボタンをクリックすると、同じDMをフォロワーに送り付けるという仕組み。日本のユーザーも被害にあっている。

[ITmedia]
画像 ITmedia Newsに届いたスパムDM

 Twitterで8月1日ごろから、スパムDM(ダイレクトメッセージ)が出回っている。DMに書かれたURLのページにアクセスし、ボタンをクリックすると、同じDMを自動でフォロワーに送り付けるという仕組み。ITmedia Newsのアカウントにも数通届いており、日本のユーザーも被害にあっている。

 DMとは、2人のユーザー間でやりとりできるメッセージ機能。通常の投稿「つぶやき」(Tweet)と異なり、内容は送ったユーザーと受け取ったユーザーしか見られず、相手が自分をフォローしていないと送れない。スパムDMも、見知らぬアカウントではなくフォローしているアカウントから送られてくるため、内容を信頼し、書かれたURLを思わずクリックしてしまう人が多いようだ。


画像 「Allow」をクリックするとフォロワーにスパムDMを送信。「MobsterWorld」に参加することになる

 スパムDMは英文で、「has sent you a FREE GIFT to join MobsterWorld. Accept you free gift NOW! #MobsterWorld」という文章の後に、URLが付いているというもの。

 URLをクリックして表示されるページのボタンを押し、さらに次のページで「Allow」ボタンをクリックすると、「MobsterWorld」(Twitterを使ったソーシャルゲームのようだ)に参加し、専用アカウントをフォローすると同時に、同じ内容のDMを、勝手にフォロワーに転送する仕組みになっているようだ。


画像 「許可を取り消す」をクリックすれば、ゲームへの参加を解除できる

 MobsterWorldに誤って参加してしまった場合は、Twitterメニューの「設定」の「このユーザーに対する操作」から「許可を取り消す」を選べば解除できる。専用アカウントのフォローも解除したほうがいいだろう。自動で送信されたDMも、送信済みのメニューから削除すれば、相手のアカウントからも削除される。スパムDMのURLからウイルスに感染したといった報告は、今のところない。

 Twitterではこれまでにも、スパムやフィッシング詐欺のつぶやきが広がったことがある。フォロー関係を通じてつぶやきやメッセージが連鎖して伝わるため、スパムが広がるスピードも速いようだ。Twitter上の怪しいメッセージには、メールと同等かそれ以上の注意が必要になりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -