ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年08月31日 07時00分 UPDATE

Apple幹部がHTML策定ワーキンググループの議長に

IBM、Microsoft、Appleの幹部3人でHTML Working Groupの議長を務める。

[ITmedia]

 HTML 5規格策定を担当するワーキンググループに、Apple幹部が議長として加わった。

 W3CのHTML Working Groupは8月26日に、IBMのサム・ルビー氏、Microsoftのポール・コットン氏、Appleのマシージ・スタコウィアク氏の3人が同グループの議長を務めることを明らかにした。これまではルビー氏とMicrosoftのクリス・ウィルソン氏の2人が共同議長を務めていたが、ウィルソン氏は退任する。

 コットン氏はMicrosoftでWebサービス標準や相互運用性・標準戦略に携わっている。スタコウィアク氏はAppleでWebKit WebAppsチームを率いており、オープンソースブラウザエンジンWebKitの開発にも長年参加している。

 W3Cのディレクター、ティム・バーナーズ−リー氏は議長を3人に増やした理由として、仕事が多いためと述べている。

関連キーワード

Apple | Microsoft | HTML5 | IBM | WebKit | バーナーズ−リー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.