ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バーナーズ−リー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バーナーズ−リー」に関する情報が集まったページです。

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Chromebook大好き
特集は、Chromebookを愛する筆者によるChromebookの業務利用のメリットと直面する現実を解説。他にG SuiteによるMicrosoft Officeの変化、OSSの商用サポートを捨てた企業の事例、日本も影響を受ける可能性があるオーストラリアとAppleの対立などの記事をお届けする。(2019/5/10)

「Solid」とは
バーナーズ=リー氏が目指す「自分のデータを自分で管理できるWeb」
ティム・バーナーズ=リー氏がInruptという企業を立ち上げた。その狙いは、オンラインデータの管理権限をそのユーザー自身に与えること。そのためのプラットフォーム「Solid」とは? 同氏が目指すWebとは?(2018/12/19)

半径300メートルのIT:
「もうGoogleを使うのはやめないか?」 デジタルの巨人たちの“行動追跡”から逃れる方法
欧州でのGDPR施行など、知らぬ間に個人情報を企業に利用されている現状を懸念する動きが広がりつつあります。とはいえ、いわゆる“デジタルの巨人たち”が提供するサービスを使わずに生活するのは厳しいのも事実。そんな状況下で、「代替」のサービスを探す動きがあるのをご存じですか?(2018/10/10)

“Webの父”バーナーズ=リー氏、個人情報をGAFAからユーザーの手に戻すプロジェクト「Solid」立ち上げ
WWWを考案し、“Webの父”と呼ばれるティム・バーナーズ=リー氏が、「個人情報をデジタルの巨人から人々の手に取り戻す」ためのオープンソースプロジェクト「Solid」を発表した。プロジェクトに集中するための企業Inruptも共同創業した。(2018/10/1)

Webに世代交代は来るのか
時代遅れ?のHTTP/HTTPS vs. 分散ファイルシステム「IPFS」
HTTP/HTTPSの欠点を解決する手段の1つとして、IPFSという分散ファイルシステムが開発された。IPアドレスに依存しないため、確かにデッドリンクの発生を低減できるかもしれない。(2018/5/30)

既に始まっているコンピュータによる意思決定(前編)
コンピュータのスコアリングを使った裁判は適切だったのか?
AI(人工知能)の活用に対する懸念は根強いが、コンピュータによる意思決定は人々の生活に関与している。既に活用されている分野においてなされた決定は、本当に正しかったのだろうか。(2017/12/22)

CTOインタビュー
IT部門を二分する「バイモーダルIT」はデメリットが多すぎる
ブックメーカーWilliam HillのCTO、ジョイ氏は最近はやりのバイモーダルITに賛成できないという。IT部門を2つに分けるとどのようなデメリットがあるのか。ジョイ氏が考えるIT部門とはどういうものか。(2016/2/23)

事態は法廷闘争へ発展
「ネットの中立性」問題の解決を図る米国連邦通信委員会
料金の高低によってネットワーク回線に差を付けるべきか否か。当初はプロバイダー寄りの姿勢を示した米国連邦通信委員会だが、批判を受けて態度を一変。「ネットの中立性」問題の行方は?(2015/3/19)

HTML5がW3Cの勧告に──作業部会立ち上げから8年で
W3CがHTML標準規格「HTML5」を勧告として公開した。2007年の作業部会立ち上げから約8年、仕様策定から約22カ月での達成となった。(2014/10/29)

インターネットのネコ人気、「ネットの父」には予想外だった
ネットの父ことティム・バーナーズ=リー氏は、犬の写真をネットに投稿したことはあるそうです。(2014/3/13)

WWW生誕20周年で世界最古のWebページをCERNが復活
1993年4月30日に欧州原子核研究機構がWorld Wide Web(WWW)の技術を一般公開してからの20周年を記念して、閉鎖されていた世界最古のWebページを復活させた。(2013/5/1)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第4回 HTML5の指し示す未来
さまざまな課題を抱えるHTML5だが、それらは徐々に解決しつつある。HTML5により、OSとブラウザは今後一体化していくとみられ、その兆しも現れ始めている。(2012/8/15)

海外モバイルニュースピックアップ:
寺院のようなiPadドック
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ゴージャスなiPadドック、iPhoneがシースルーの時計になったように見えるアプリ、アップルが新CM公開、iPhoneユーザーとAndroidユーザーはライフスタイルに違いあり など。(2012/7/31)

Windows Insider用語解説:
HTML5(HyperText Markup Language 5)
ChromeやOperaなどのWebブラウザへの実装が始まっているHTML5。何が新しくなるのか? HTMLの歴史を振り返りながら、その目的や特徴を解説する。(2010/8/19)

せかにゅ:
「AppleはオープンなWebを破壊する」――Flashの生みの親が批判
Flash発明者の1人ジョナサン・ゲイ氏は、Appleのプラットフォームはクローズドだと批判しながらも、競争圧力によって、AppleはいずれiPhoneでFlashをサポートすると考えている。(2010/5/19)

Apple幹部がHTML策定ワーキンググループの議長に
IBM、Microsoft、Appleの幹部3人でHTML Working Groupの議長を務める。(2009/8/31)

WWWの父、ティム・バーナーズ‐リー氏が「World Wide Web Foundation」を設立
誰もが自由に利用できるWebのさらなる発展を目指し、WWWの父が立ち上がった。(2008/9/16)

WWWの生みの親、バーナーズ‐リー氏が勲章受賞
ティモシー・バーナーズ‐リー氏が、Web考案の功績を称えられ、英国王室から有功勲章を授与された。(2007/6/16)

Web2.0時代のブラウザ論:
第2次ブラウザ大戦、始まる
Firefox 2.0、IE 7と立て続けにリリースされた。国内でもLunascapeやSleipnirなどのWebブラウザがバージョンアップを競っている。インターネットそのもの進化に比べ、停滞していたWebブラウザ。しかしタブブラウザ化やRSS対応などが急激に進む中、「Web2.0のプラットフォーム」としてのブラウザに迫る。(2006/11/28)

WWWの父、Web研究調査会を結成――米英2大学が提携
WWWの生みの親、ティム・バーナーズ−リー氏らの主導により、英サザンプトン大学とMITが提携、Web研究調査会を結成した。(2006/11/4)

WWWの父が語るブラウザのビジョン
ブラウザ開発の中で驚いたこと、ブログとWikiの人気、オープンソースの重要性――WWWを発明したティム・バーナーズ−リー氏が語った。(2005/12/28)

W3C、米著作権局の計画に異議
W3Cは、著作権請求のオンラインでの予備登録にIEかNetscapeしか使えないのは問題だと米著作権局に訴えている。著作権局は来年にはほかのブラウザにも対応する予定。(IDG)(2005/8/25)

セマンティックWebは新薬開発にも役立つ?
セマンティックWebはライフサイエンスの分野で重要な役割を果たすというのがW3Cの考えだ。同技術によるデータ統合で新薬開発の問題も解消できるとバーナーズ=リー氏は語る。(IDG)(2004/10/28)

バーナーズ=リー氏、セマンティックWebの進捗を語る
WWWの発明者であるティム・バーナーズ=リー氏は、World Wide Web Conferenceの基調講演で、セマンティックWebの原理を詳述し、開発の進捗状況と“生みの苦しみ”に言及した。(IDG)(2004/5/20)

WWW発明のバーナーズ=リー氏、Millennium Technology Prize受賞
WWW発明者とされるティム・バーナーズ=リー氏は、「Webにより、人生にとって重要な情報を取得する能力が大幅に強化された」という理由から、優れた技術革新を表彰する目的で創設されたMillennium Technology Prizeの初の受賞者に選ばれた。(2004/4/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。