ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年10月27日 09時39分 UPDATE

Verizon、iPhone販売は“Apple次第”

iPhoneキラーの「Droid」を発表したVerizonだが、AppleとiPhoneの販売契約を締結するかどうかはすべてApple次第だと、提携の可能性をほのめかした。

[ITmedia]

 米Verizon Communicationsは10月26日、第3四半期(7〜9月期)決算を発表した。売上高は前年同期比10.2%増の272億7000万ドルだったが、固定電話部門不調の影響で純利益は同9.8%減の28億8000万ドル(1株当たり41セント)だった。

 同四半期中の新規携帯電話加入者は、Alltel買収による増加を除いて120万人で、累計では8900万人になった。競合する米AT&Tの同四半期の新規加入者数は140万人(累計は7960万人)だった。

 イワン・サイデンバーグCEOは決算発表後の電話会見で、iPhoneに関する質問に対し「iPhoneを販売するパートナーを選ぶのはAppleだ。将来的にAppleと提携する可能性については非常に興味を持っている」と答え、「われわれはまもなくMotorola製Android携帯“Droid”とResearch In Motion(RIM)の“BlackBerry Storm 2”を発売し、独自のアプリケーションストアをスタートする予定だ」と語った。またPalm製品については、2010年初旬に発売する予定であるとした。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.