ニュース
» 2010年05月11日 08時03分 UPDATE

Android、第1四半期の米スマートフォン市場でiPhone超え――米NPD調査

NPDのスマートフォン調査で、Androidが初めてiPhoneを抜き、BlackBerryに次ぐ2位になった。

[ITmedia]

 米調査会社NPD Groupは5月10日(現地時間)、第1四半期(1〜3月期)の米スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。消費者向けの販売台数ベースで、Android端末が初めて米AppleのiPhoneを抜いて2位になったという。

 プラットフォーム別のシェア1位はカナダのResearch in Motion(RIM)のBlackBerryで36%。2位になったAndroidのシェアは28%、3位のiPhoneは21%だった。

 BlackBerryとAndroidの好調は、これらの端末を販売している大手キャリアの米Verizonによるキャンペーンの効果が大きいとNPDはみている。Verizonは2009年の「DROID」発売の際に大規模なキャンペーンを行ったほか、RIMの端末を1台買うともう1台入手できる「buy-one-get-one」キャンペーンを行っている。こうしたキャンペーンが奏功し、キャリア別の販売台数シェアでVerizonが1位の米AT&Tにほぼ並んだ。iPhoneを独占販売するAT&Tのシェアは32%、2位のVerizonが30%、3位は米T-Mobile(17%)、4位は米Sprint(15%)だった。

 同調査は、NPDが毎月15万人以上を対象に行っているオンライン調査結果に基づいており、企業向けの販売は含まれていない。

 同調査については、オルタナティブ・ブログ「in the looop」で斉藤徹氏が詳細な分析を掲載している

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -