ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年05月19日 15時18分 UPDATE

Hotmailの一歩先を:Google、Gmailでのプレビューを可能にするAPIを公開

サードパーティーはサービスをGmailの受信トレイで利用できるようにするガジェットを、ビジネスアプリストア「Google Apps Marketplace」で提供できる。

[ITmedia]

 米Googleは5月18日(現地時間)、Gmailの受信トレイでサービスをプレビューできるようにするガジェット用APIを公開したと発表した。サードパーティーはこのAPIを使ってガジェットを作成し、3月にオープンした企業向けアプリストア「Google Apps Marketplace」で提供できる。

 Gmailでは、Google Docsのドキュメント、YouTubeのビデオ、PicasaとFlickrの写真、Yelpのレビューなどを受信トレイでプレビューできるが、このAPIのリリースによって、事実上あらゆるサービスがGmailでプレビューできることになる。

 前日に米Microsoftが発表した新Hotmailにも同じような機能が搭載される予定だが、こちらが対応するのは米Facebookや米LinkedInなど、提携している約70社のサービスに限られる。

 Google Apps Marketplaceでは同日、10社のパートナー企業によるガジェットが公開された。例えば米Xobniが提供する「Hoover's Gadget」をGmailに追加すると、連絡先から企業のメールアドレスを検出し、それらの企業の関連情報をオンライン企業情報サービスの米Hoover'sから引用して表示する。

gmail Hoover's Gadget

 そのほか、受信トレイを開かなくても緊急のメールの着信を知らせてくれる「AwayFind」、受信者が受信トレイ上で再生できるビデオメッセージを作成する「Pixetell」などが公開されている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.