ニュース
» 2010年06月25日 17時46分 UPDATE

漫画を無許諾でスキャンして公開、iPhoneアプリで閲覧 欧米「スキャンレーション」に業界団体が対策へ

日本の漫画を無許諾でスキャンし、吹き出しなどを翻訳した「スキャンレーション」を公開するサイトが欧米で拡大。閲覧用iPhoneアプリもあるという。漫画の業界団体が、法的措置を含めた対策に乗り出す。

[ITmedia]

 小学館や集英社、角川書店など漫画出版37社が参加するデジタルコミック協議会は6月25日、海外で日本の漫画を出版する企業などと協力し、海外の漫画の著作権侵害問題に取り組むと発表した。

 欧米では、出版社や著作権者の許諾を得ずに漫画をスキャンし、吹き出しなどのテキストを自国語に翻訳した「スキャンレーション」が広まっており、スキャンレーションを何千点も掲載しているサイトがあるという。最近では、スキャンレーション閲覧用iPhoneアプリなど、スマートフォン用アプリも出回っているという。

 協議会はスキャンレーションが「著作権を侵害し、作品の正規販売に重大な損害を及ぼしている」とし、まず米国で対策をスタート。警告しても著作権侵害を停止しないサイトに対して、差し止め請求や損害賠償請求、刑事告訴など法的措置を講じる。対象サイトは30以上あるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -