ニュース
» 2010年08月11日 12時30分 UPDATE

Androidを標的とした初のトロイの木馬、SMSを自動発信

メディアプレーヤーを装い、インストールすると勝手にSMSを発信するAndroid端末を狙ったトロイの木馬がロシアで発見された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Android搭載端末に感染し、ユーザーの許可なくショートメッセージ(SMS)を送信する機能を持ったトロイの木馬が検知された。ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが8月9日(現地時間)、報告した。既に多くの端末が「Trojan-SMS.AndroidOS.FakePlayer.a」と名付けられたこのマルウェアに感染しているという。

 このトロイの木馬は、メディアプレーヤーを装ったAndroidアプリで、ファイルサイズが13Kバイト程度という。ユーザーがこのファイルを端末にインストールすると、トロイの木馬がロシア固有のSMS番号にSMSを勝手に送信してしまう。ユーザーの負担で金銭を相手先のアカウントに送金する「プレミアSMS」という仕組みを悪用しており、攻撃者は金銭を不正に取得している可能性がある。携帯端末を標的とするこの手のマルウェアはよくあるが、Androidを狙ったものはこれが初めてだとしている。

 米セキュリティ企業Scio Securityの共同創業者ジョン・オーバーハイド氏によると、このトロイの木馬は非常に単純な作りであり、プログラムを改編したり削除する機能はない。また、SMSの送信先はロシアの番号なので、ロシア以外のユーザーが金銭的な被害に遭うことはないとしている。

 Kasperskyは「Android端末の普及の急拡大に伴い、今後同端末を狙うマルウェアも急増する可能性がある」とみており、ユーザーにアプリのインストールの際は注意するよう呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -