ニュース
» 2010年11月12日 20時27分 UPDATE

“動くハルヒ”が電子書籍を「読みなさい」 角川「BOOK☆WALKER」、エヴァやバカテス、はやぶさ本も

12月スタート予定の角川グループの電子書籍プラットフォームには、漫画版エヴァやバカテスなどをラインアップ。動く涼宮ハルヒが電子書籍をリコメンドするiPadアプリも提供する。

[岡田有花,ITmedia]

 角川グループは11月11日、12月から試験展開する電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」のラインアップを発表した。小惑星探査機「はやぶさ」のミッションを解説するオリジナル電子書籍や、ライトノベル「バカとテストと召喚獣」(バカテス)の電子書籍版、大沢在昌さんの新作小説など、まず200作品を販売する。

 人気キャラクター「涼宮ハルヒ」を使ったiPad向け電子書籍リコメンドアプリ「アニメロイド『涼宮ハルヒのBOOK☆WALKERナビ』」も無料配信。ユーザーの操作に反応してなめらかに動くハルヒのイラストが、電子書籍を紹介する。

ダ・ヴィンチ・コードもバカテスもエヴァも

 BOOK☆WALKERは、角川書店、アスキー・メディアワークスなどグループ10社のコンテンツやグッズを販売するサイト。12月にまず、iPadとiPhoneに対応したサービスを試験公開。来年4月にAndroidなど各種端末に対応し、他社からのコンテンツ供給も受ける計画。7月に正式オープンする(「クラウドの上に星雲を」 角川が電子書籍プラットフォーム、Twitter連携も)。


画像
画像

 12月の試験公開時には、新書や文芸書、ライトノベルなど100作品を販売。大沢在昌さんの新作「カルテット」を先行販売するほか、ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」の電子版、はやぶさのミッションを解説するオリジナル電子書籍、「涼宮ハルヒの憂鬱」「バカとテストと召還獣」といったライトノベル、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(漫画版)、「新世紀エヴァンゲリオン」(同)など人気コミックをラインアップする。

 来年1月以降、毎週20作品を追加。来年4月には1000作品ほどをそろえたいという。「ニコニコ動画」と連携し、ニコ動で新たに提供予定の電子書籍ビューワでも閲覧できるようにする計画だ(ドワンゴと角川、包括提携 ニコニコ動画と電子書籍が連携、アニメ配信も)。

ぬるぬる動くハルヒが電子書籍をリコメンド

 iPadアプリ「アニメロイド『涼宮ハルヒのBOOK☆WALKERナビ』」は、写真や静止画から多彩な表情の3Dアニメーションを作り出す「MotionPortrait」技術を使った「世界初の電子書籍販促アプリ」だ。


画像
画像 「言わずと知れた私の小説よ! 読みなさい」とすすめるハルヒ

 ハルヒが顔を揺らしたり目を動かしたりして動きながら、新着のコンテンツなどを紹介。「言わずと知れた私の小説よ! 読みなさい」など、吹き出しのせりふでコンテンツをリコメンドする。ハルヒの体にタッチすると反応する仕組みも備える。

 MotionPortrait技術でキャラクターをなめらかに動かす「アニメロイドシリーズ」は、今後も拡充していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -