ニュース
» 2010年12月09日 13時48分 UPDATE

Twitter、「Wikileaks関連語を検閲」の憶測を否定

「トレンド」セクションにWikileaks関連語が表示されないのは検閲しているからではないと、Twitterが説明した。

[ITmedia]

 Twitterは「トレンド」セクションからWikileaks関連の言葉を遮断していない――同社は12月8日、Wikileaks関連語を遮断しているのではないかとの憶測を受けて明言した。

 Twitterのトレンドセクションには、同サイト上で話題になっているトピックが表示される。しかし、「#wikileaks」「#cablegate」など、世間を賑わせているWikileaksの関連語がトレンドセクションに表示されないことから、一部ではTwitterが検閲を行っているのではないかとの声が上がっていた。

 Twitterは、トレンドにWikileaks関連語が表示されないのは、検閲ではなく、アルゴリズムの仕組みによるものだとしている。このアルゴリズムでは、「前よりも今」話題になっているトピックをリアルタイムで判断する。つまり一番人気のあるトピックではなく、一番ホットな新しいトピックを選ぶ仕組みになっている。「言い換えれば、Twitterは人気よりも目新しさを好んでいる」

 「時には、皆が思っているほど人気が広がっていないという理由で、あるトピックがトレンドセクションに載らないこともある。時には、平均的な1日に起きる会話の基準と比べて、トピックの広がる速度が十分に高まっていないという理由で、トレンドセクションに載らないこともある。今週#wikileaksで起きたのはそういうことだ」

 ただしTwitterは、VISAやMasterCardにサイバー攻撃を仕掛けたWikileaks支持グループのアカウントは一時停止している。Facebookもこのグループのページを削除したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -