ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Wikileaks」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Wikileaks」に関する情報が集まったページです。

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
サイバー攻撃は、時代に合わせ、攻撃の対象や手口が変化してきました。しかし近未来の世界、最新技術へのセキュリティ対策はイメージしにくい部分もあります。そこで、そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年4月版:
公開鍵を「公開しない」ってどういうこと?
2019年4月のセキュリティクラスタでは、「『ラブライブ!』のドメインハイジャック」「アプリケーションのデータを書き換えて利用制限時間を引き延ばしたため、電磁的記録不正作出・同供用で書類送検された事件」「パスポートの署名検証に使う公開鍵の開示を求めたものの、開示されなかった事例」が話題となりました。(2019/5/15)

アサンジ氏逮捕 米紙「報道の自由の英雄ではない」/露紙「立場逆なら称賛していた米国」
Wikileaks創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者が11日、英当局に逮捕された。身柄引き渡しを求める米国のメディアは、同容疑者の姿勢を「ジャーナリズムではない」と糾弾。一方、“共謀”が疑われているロシアの高官は「逮捕は報道の自由に反する」と英米を批判しているが、露メディアの見方は露政府の主張に冷ややかだ。(2019/4/23)

英警察が逮捕したアサンジ氏、米司法省が起訴 ロシアによる米大統領選干渉の全容解明に期待
ロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んでいた内部告発サイト「ウィキリークス」創設者、ジュリアン・アサーンジ容疑者が逮捕されたことを受け、米司法省は11日、機密文書入手のためコンピューターに侵入した疑いで、同容疑者を訴追したと明らかにした。(2019/4/12)

ウィキリークス創始者、ジュリアン・アサンジ氏を逮捕 英ロンドンで
7年にわたりエクアドル大使館に立てこもっていました。(2019/4/11)

ウィキリークス創設者を逮捕 英ロンドン警視庁
2012年から英ロンドンにあるエクアドル大使館に立てこもっていたウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏が逮捕された。(2019/4/11)

海賊版サイト問題の解決を阻む「防弾ホスティング」 その歴史から現在までを読み解く
ダークウェブを日常的に調査している筆者が、防弾ホスティングについての各国の事情や歴史を解説していく。(2019/1/17)

具体的な理由は明かさず:
Coinbase、WikiLeaks Shopの仮想通貨決済サービス利用を停止
各国の機密文書などを公開するWebサイト「WikiLeaks」(ウィキリークス)は4月21日、「WikiLeaks Shop」が米大手仮想通貨取引所Coinbaseに仮想通貨決済サービスの利用を停止されたとTwitter上で明かした。(2018/4/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大学炎上から探る「研究員」の生態
ハーバード大学の「研究員」をめぐって、ちょっとした騒ぎになっている。米陸軍時代に米国務省の機密情報である外交公電をリークし、内部告発サイト「ウィキリークス」に公表した人物を招へいしようとしたからだ。そもそも研究員とは何なのか、日本にも話を広げてその実態に迫る。(2017/9/21)

WikiLeaks、CIAのファイルサーバ潜入ツール「Pandemic」に関する文書を公開
感染したファイルサーバにリモートユーザーがアクセスすると、ファイルが攻撃コードを仕込んだ別のファイルに入れ替えられて、パンデミックを引き起こす。(2017/6/5)

Apple対FBIの対立と似た構図
「WannaCry」を巡りMicrosoftがNSAを批判、混迷深めるIT企業と政府の関係
ランサムウェア「WannaCry」の感染が広がり続ける中でMicrosoftが、責任は米政府によるサイバー兵器の蓄積にあると批判した。だが責任の一端はMicrosoftにもあるという専門家もいる。(2017/5/25)

「トマホークを盗まれたようなもの」:
Microsoft、「WannaCry」攻撃で米連邦政府に苦言
世界規模で発生したサイバー攻撃に使われた「WannaCry」が米国家安全保障局(NSA)から盗まれたものであることについて、Microsoftのブラッド・スミス法務担当上級副社長が「トマホークを盗まれたようなもの」と指摘し、政府機関がサイバー兵器を保持することの危険性を訴えた。(2017/5/15)

WikiLeaksで発覚したCisco IOSの重大な脆弱性を修正
3月に発覚した「Cisco IOS」「Cisco IOS XE Software」の脆弱(ぜいじゃく)性を修正するソフトウェアアップデートが公開された。(2017/5/11)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年3月版:
Apache Struts 2の脆弱性がヤバい、外部からサーバコマンドを実行
2017年3月、セキュリティクラスタが注目したのは簡単に外部からサーバコマンドを実行できる「Apache Struts 2」の脆弱性。Symantecの発行する電子証明書にも話題が集まりました。(2017/4/13)

テレビがCIAの盗聴デバイスに
「テディベアがあなたの会話を聞いている」時代のIoTセキュリティとは
2年前、IoT攻撃は、業界関係者や陰謀論者だけが興味を持つ“あり得ない”攻撃手段という認識だった。だが、もはや十分“あり得る”事態となっている。(2017/4/12)

米CIA、MacやiPhone狙うマルウェア開発していた――告発サイトWikiLeaksが資料公表
CIAはMacのファームウェアに常駐するマルウェアや、工場出荷時のiPhoneにインストールするマルウェアを開発しているとされる。(2017/3/24)

Cisco IOSの重大な脆弱性、WikiLeaks情報で発覚 数百種類のスイッチに影響
米Ciscoのスイッチなど何百種類もの製品に搭載されている「Cisco IOS」と「Cisco IOS XE Software」に重大な脆弱性が発覚した。(2017/3/21)

WikiLeaksいわく「史上最大の流出極秘文書」
「iPhone」の会話を暗号化前に盗聴? 流出資料で分かったCIAの“えげつない手口”
WikiLeaksは、米中央情報局(CIA)からの新たな流出資料を公開した。「Vault 7」というコードネームで呼ばれるこの資料は、「iOS」「Android」の攻撃ツールを含む。(2017/3/15)

WikiLeaks、CIAの“ハッキングツール”と多数の関連文書を公開
告発サイトWikiLeaksが、米中央情報局(CIA)が開発・運用しているという多数のマルウェアやゼロデイ攻撃ツールとそれに関連する機密文書を入手したとして、その一部を公開した。(2017/3/8)

提供:東日本電信電話株式会社
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
今どきの高校生は、利便性よりも何よりもプライバシーを優先するという。企業のIT部門は、こうした若者が自社の戦力になるときに備えて、プライバシーについてあらためて考える必要がある。(2017/2/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

AppleのクックCEOがヒラリー・クリントン氏の副大統領候補だったことが判明──Wikileaksで
Wikileaksが暴露した、ヒラリー・クリントン米大統領候補の陣営責任者の約4000通のメールの1通から、39人の副大統領候補リストにAppleのティム・クックCEOやMicrosoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏の名前が挙がっていたことが明らかになった。(2016/10/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
続発するハッキング事件が暗示する本当の「脅威」とは
世界的にハッキング事件が頻発している。ハッキングが横行する中、欧米のサイバーセキュリティ専門家らの間である懸念が取りざたされている。その懸念とは……。(2016/9/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙を不正操作しようとする、ハッカー集団の正体
サイバー攻撃がらみの大きなニュースが続いている。8月半ばには、米サイバー作戦の一翼を担う米NSAがハッキングされた可能性があるとして欧米で大きな話題に。また、米大統領選をめぐってもハッキング攻撃が続いている。こうした攻撃を行っているのは誰か、探っていくと……。(2016/8/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
今どきの高校生は、利便性よりも何よりもプライバシーを優先するという。企業のIT部門は、こうした若者が自社の戦力になるときに備えて、プライバシーについてあらためて考える必要がある。(2016/5/13)

スピン経済の歩き方:
報道自由度ランキングが「72位」だった、これだけの理由
「国境なき記者団」が発表した「報道の自由度ランキング」によると、日本は180カ国中の72位。前年の61位よりもさらにランクダウンした。日本のメディアは自由度がありそうだけれども、なぜ72位なのか。その理由について、筆者の窪田氏が分析したところ……。(2016/5/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
結局のところ、オバマは「ヒロシマ」を訪問できるのか
「オバマ大統領が広島を訪問するかもしれない」――。関係者の間でこのような声があるが、本当に実現するのだろうか。現実味が高まっている一方で、実現するのにはいくつかの壁が立ちはだかっている。(2016/4/14)

PR:WikiLeaksがデータ検閲対策に用いた“地下要塞”とは――「インターネットの知られざる闇」を暴く
(2016/3/14)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「クラウドがもたらす常識の転換」(2)
クラウドによって、これからのビジネスや生活がどのように変わっていくのか、その“本質的な”変化を見極めるポイントをまとめて紹介します。(2016/3/7)

IT部門はモバイルのプライバシー保護を重視すべき
今どきの高校生は「プライバシーを大切にしない会社」には就職しない
新世代の労働者は、セキュリティにおける最も重要なものとしてモバイルのプライバシーを挙げる。プライバシーを軽視する企業は、貴重な人材を逃すリスクを抱えることになりかねない。(2016/1/5)

WikiLeaks、CIA長官の私用メール情報を掲載
米中央情報局(CIA)長官の私用メールアカウントから流出したとされる情報が、告発サイトのWikiLeaksに掲載された。(2015/10/22)

Wikileaks公表の米盗聴問題「事実なら同盟国として極めて遺憾」──菅官房長官
米情報機関が日本政府などを盗聴していたとされるWikileaks文書について、菅官房長官は「事実なら同盟国として極めて遺憾」とし、米機関に事実確認を求めていることを明らかにした。(2015/8/3)

米情報機関が日本政府を盗聴──WikiLeaksが資料など公表
米国家安全保障局(NSA)が日本政府や日本企業などを標的に盗聴していたという資料を「Target Tokyo」としてWikiLeaksが公表した。(2015/7/31)

もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:
PR:三つの重大インシデントが契機。米国防機関が実践する縦深/多層防御、データ中心型のセキュリティとは?
国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][Database Security](2015/6/15)

「著作権侵害の非親告罪化」「保護期間延長」はTPP交渉から除外を――ネット関連団体の声明、政府に提出 68団体・283人賛同
TPPの知財分野の交渉について、十分な情報公開と、著作権侵害の非親告罪化や著作権保護期間の延長などを妥結案から除外するようを求める声明を、ネット関連団体が西村内閣府副大臣に手渡した。引き続き賛同者を募っている。(2015/3/13)

Tor使った匿名告発サイト日本版、来年稼働へ 「技術でジャーナリズムの刷新を」
「Tor」を使って匿名で内部告発できるサイト「Whistleblowing.jp」(内部告発.jp)が来年2月にも本格稼働へ。「技術を使ってジャーナリズムの刷新に関与できればうれしい」と開発者は狙いを語る。(2014/12/19)

WikiLeaksの内情描く映画「フィフス・エステート」 オンデマンド配信開始
内部告発サイト「WikiLeaks」の創設者ジュリアン・アサンジ氏を描いた日本未公開の映画「フィフス・エステート」のオンデマンド配信がスタートした。(2014/7/17)

伊吹太歩の時事日想:
PC遠隔操作ウイルス事件でも使われた、匿名化ツール「Tor」ってナニ?
犯罪の温床になるとして、世界中で注目されている匿名化ツール「Tor」。日本でもPC遠隔操作ウイルス事件で使われたが、結局、このTorとは一体どんなものなのだろうか。(2014/7/17)

“スノーデン事件”で脚光も対策は進まず
「信頼される社員こそ監視すべき」――内部犯行を阻止する条件
内部関係者による情報漏えいへの不安が高まる一方、多くの組織で特権ユーザーをはじめとする権限の管理が欠如している――。調査結果からは、そんな実態が浮き彫りになった。有効な解決策はあるのか?(2014/7/3)

セキュリティ・ダークナイト(16):
本当のアノニマスが知りたいの・2
危うく脅迫された筆者に助け船を出してくれた1人のアノニマスは、以前、筆者の取材を直接受けてくれた人物だった。当時から2年以上経った今、何が変わり、何が変わらないのか―― 再びその声を直接聞く機会に恵まれた。(2014/1/27)

スノーデン氏が創りだした世界
PRISM発覚で崩壊した情報セキュリティの幻想
内部告発者のエドワード・スノーデン氏は、メディアと政府の目をサイバー諜報活動に向けさせたが、暴露された米国政府の市民監視プログラム「PRISM」のことを、企業は無関係だと切り捨てることはできない。(2013/11/26)

TPPの草案か 知財関連の秘密文書、Wikileaksが公開
WikileaksがTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の知的財産部分の草案だという文書をWebサイトに公開した。TPP交渉は秘密のベールに包まれており、本物なら国内世論に影響を与える可能性もある。(2013/11/14)

伊吹太歩の時事日想:
CIAも頼みにする今シリコンバレーで最もアツいIT企業
世界を震撼させた米国のネット監視システム「PRISM(プリズム)」。前CIA長官は、諜報活動のデータ分析部分を担うあるITベンチャーを指して「必要とされるいい『ねずみ取り』だ」と語る。(2013/10/17)

WikiLeaks映画「The Fifth Estate」のトレーラー公開
米国では11月に公開予定のWikiLeaks内幕映画「The Fifth Estate」の初のトレーラーがYouTubeで公開された。主役のジュリアン・アサンジ氏を演じるベネディクト・カンバーバッチがそっくり。(2013/7/18)

PRISM告発者のスノーデン氏、WikiLeaksの協力で香港からモスクワへ
米連邦政府による極秘情報収集プログラム「PRISM」を告発した元CIA職員のエドワード・スノーデン氏が、潜伏していた香港から脱出してモスクワ入りした。WikiLeaksのサポートを得て、エクアドルへの亡命を申請した。(2013/6/24)

レポートの「オモテ」と「ウラ」を読み込む:
再考・APT〜Mandiantレポートを基に〜
米国のセキュリティ会社、Mandiantが公表した1通のレポートは、世界中のセキュリティ関係者にさまざまな波紋を広げました。この記事ではレポートの内容を簡単に解説するとともに、それが持つ意味や公開につながった背景などをまとめていきます。(2013/5/10)

伊吹太歩の世界の歩き方:
礼讃される米メディアって本当にすごいのか?
批判ばかりされる日本メディアと対象的に、礼讃が多い米メディア。だが、現実を見れば賞賛するほどのことはない。(2013/3/28)

マイクロ寄付サービスFlattr、TwitterやInstagramのボタンでの寄付を可能に
FlattrのアカウントをTwitterやInstagramのアカウントと連係させることで、応援したいWebサイト上のツイートボタンやInstagramの「いいね!」ボタンをクリックすることで、手軽にそのWebサイトに寄付できる。(2013/3/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/13)

学研、Kindleに約750タイトルを配信 アサンジ氏自伝など
学研ホールディングスが、Kindleストアで約750タイトルのコンテンツを配信開始。「ジュリアン・アサンジ自伝 ウィキリークス創設者の告白」などは、1カ月の先行配信も行う。(2012/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。