ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年01月07日 08時44分 UPDATE

Google、DKIMによるスパム対策機能をGoogle Appsに追加

Google AppsのGmailで、送信メールが誤ってスパムと判定されるのを回避する送信ドメイン認証DKIMが無料で使えるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月6日(現地時間)、オンラインオフィススイート「Google Apps」のGmailに、電子署名を利用する送信ドメイン認証機能DKIM(DomainKeys Identified Mail)を追加したと発表した。

 スパム攻撃者はメールのFrom欄を偽装することでスパムフィルターを回避するが、フィルター側の対策によって実際の企業メールまでがスパムメールと判定されることがある。DKIMは、メールを送信する際に暗号方式での署名を自動的に追加することで、受信側のスパムフィルターで誤って迷惑メールと判断されてしまう可能性を低くする機能。受信側はこの署名を照合することでスパムメールではないと判断できる。

 dkim

 一般に企業でDKIMシステムを導入するにはプラグインやゲートウェイサーバを追加する必要があり、設定も複雑だ。Google Appsの新機能では、管理者はコントロールパネルに追加されたツールで設定し、DNSをアップデートすることでこの機能を無料で利用できる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.