ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DKIM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

従業員向けのベストプラクティスも紹介
いまさら聞けない「メールセキュリティ」の7大基礎技術
メールセキュリティプロトコルの導入から、フィッシング詐欺の危険に関するユーザー啓発まで、企業のメールセキュリティに関するさまざまなベストプラクティスを紹介する。(2019/5/27)

メールセキュリティ強化で課題になりやすいポイントを解決:
PR:大手ゼネコンやハウスメーカーが実践、事例で見るメールセキュリティ強化術
日々やりとりされる「メール」は、誤送信といったミスが重大なセキュリティインシデントにつながることがあり、コンプライアンスやガバナンスへの対応が求められる。そこで重要になるのが、利便性を維持した状態で、セキュリティを強化することだ。本稿では、メールセキュリティ強化術と併せて、企業によって異なるメールシステムにも柔軟に対応できるメール誤送信対策やメールアーカイブなどを使って、メールセキュリティを強化した大手エネルギー関連企業や大手ハウスメーカーの事例を紹介する。メールセキュリティに悩んでいる企業は、参考にしてみたらいかがだろうか。(2019/3/29)

6つの安全条件から判定:
「安全」なメールサーバは1%、デージーネットが調査
デージーネットはメールサーバの安全性に関するレポートを発表した。「安全」と判断されたメールサーバは全体の1%にとどまり、61%に改善が必要という内容だ。暗号化通信やDNSSECへの対応が課題だとしている。(2019/2/8)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
200人が参加した“絶対に負けられない戦い” みずほFGの社内セキュリティコンテスト「MC3」の舞台裏
金融機関を狙うサイバー攻撃を後を絶たない中、日本企業の中では早くからセキュリティ対策に注力してきたみずほフィナンシャルグループ。最近では、人材育成に力を入れており、200人を超える規模のサイバーセキュリティコンテストを実施したという。(2018/12/26)

特集:セキュリティリポート裏話(9):
2018年も「金銭狙い」で変化続けるフィッシング、最新の手口は
世の中で知られるようになってから10年以上が経つが、いまだに被害が減るどころか、スマートフォンの普及によって新たな手口が登場しているフィッシング。月次・年次で報告をまとめているフィッシング対策協議会に最近の動向と対策を尋ねた。(2018/11/28)

多要素認証(MFA)や統合エンドポイント管理(UEM)が有効
モバイルデバイスを脅威から守る基本の「き」 ユーザーに伝えることは?
モバイルデバイスへの脅威が増加している。本稿ではIT担当者が抱える問題を再検討し、従業員のモバイルデバイスをサイバー攻撃から保護する戦略のヒントと、セキュリティ技術を紹介する。(2018/8/24)

CW:送信者偽装を検知
フィッシング/なりすまし攻撃を防ぐDMARCのススメ
フィッシング詐欺に引っ掛かってしまう原因の1つが、なりすましによって信頼できる送信者であると誤認することだ。DMARCによってなりすましを防げれば、不審なメールを検知できるようになる。(2018/3/28)

確実かつ高速なメール配信を実現
「メールマガジンが届かない」という厄介事はなぜ生じるのか? その解決策は?
顧客との重要な接点であり、マーケティング活動に欠かせない「メール」。確実かつ安全にメールを配信するには、確かな技術とノウハウに裏打ちされた仕組みが不可欠だ。(2018/2/19)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第3回:
マーケターが知っておきたいIT用語【セキュリティ編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はセキュリティ関連用語を紹介します。(2018/2/12)

【連載】マーケターのためのIT用語集 第1回:
マーケターが知っておきたいIT用語【Web & メールマーケティング編】
マーケティング部門とIT部門の協働のためにまず必要なのは、対話のベースとなる言語の理解。今回はWebやメールマーケティングに関する用語の中から、キーワードを厳選して紹介します。(2018/1/29)

SPF、DKIMだけでは対応は困難:
増える「ビジネスメール詐欺」、添付ファイルもURLもない、なりすましメールを判別できますか?
日本でも増加傾向にある「ビジネスメール詐欺」(BEC)。しかし、メールに添付ファイルもURLもないため、サンドボックスやフィルタリングでは対策が難しいのが特徴だ。企業はどうやって対策すべきなのだろうか。(2017/12/14)

“人の弱み”につけこむ卑劣なサイバー犯罪者が増加:
PR:メール詐欺を中核とするサイバー攻撃――Office 365ユーザーをどうやって守っていくか
近年、ますます凶暴化、巧妙化するサイバー攻撃により、企業はこれまでにない脅威にさらされている。特に最近は、ランサムウェアと大量のメールによる攻撃が激化。“人間の弱み”につけこんで、重要情報を窃取したり、金銭を脅し取ろうとしたりしている。こうした新手の脅威からユーザーやシステムを守り、ビジネスを継続していくにはどうすればよいのか。脅威に対抗し得るセキュリティソリューションはあるのか――。(2017/10/16)

DMARCを活用、外部からの通報に頼らずなりすましを把握:
TwoFive、自社を偽る“なりすましメール”の検知サービスを提供
さまざまなマルウェアやフィッシングの経路として悪用される電子メール。TwoFiveでは、なりすましによる不正なメールを見分け、フィルターするための技術「DMARC」を活用し、自社ドメインをかたった不正メールの動向を把握できる「DMARC / 25 Analyze」の提供を開始する。(2017/6/23)

Tech TIPS:
Gmailを利用してメール送信ドメイン認証(SPF/DKIM/DMARC)の判定結果を簡単に確認する
メールサーバの運用で必要となるSPF/DKIM/DMARCの設定を、素早く簡単に検証するには、Gmailに送信してみるとよい。(2017/1/11)

なりすまし防止、メールに「安心マーク」 官公庁が初採用
メールが正規のドメインから送られているかを受信者が確認できる「安心マーク」が官公庁に初導入。愛媛県上島町が採用した。(2016/10/19)

迷惑メールの猛威再び? 詐称攻撃横行への対策を呼び掛け
2016年3月頃から迷惑メールの流量が増えているという。IIJによれば、送信元を容易に詐称できてしまう状況があり、対策の実施を呼び掛けている。(2016/10/17)

「なりすましメール防止安心マーク」銀行への導入開始
正規のドメインから送られているかをメール受信者が確認できる「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入がスタートした。(2014/8/11)

常陽銀行、なりすましメール対策で金融機関初の「安心マーク」を表示
JIPDECやISP各社などと連携して、利用者に配信するメールが正規のものであることを証明するマークを表示する。(2014/8/11)

ホワイトペーパー:
電子メール3つの課題 なりすまし、情報漏えい、運用コスト増大の解決方法
なりすましやスパムなどの迷惑メールの増大、宛先や添付ファイル間違いによる誤送信や情報漏えい、そしてシステム運用コストの増大。企業の電子メール運用の3大課題を解決する選択肢となり得る電子メールソリューションの全貌を紹介する。(2014/7/17)

枯れてコモディティ化した市場にあえて参入する理由:
デル・ソニックウォール、電子メールセキュリティに本格参入
デル・ソニックウォールは2014年7月8日、今後の戦略説明会を開催し、電子メールセキュリティ製品の新バージョン「SonicWALL Email Security 8.0」の販売を強化する方針を明らかにした。(2014/7/9)

フィッシング詐欺メール撲滅の規格に成果あり、Googleが発表
Gmailでは現在、ユーザーに届くスパム以外のメールのうち91.4%が、メール認証規格のDKIMまたはSPFを採用したドメインから届いているという。(2013/12/9)

複数政党が利用を決定:
ネット利用の選挙運動に向け、なりすましメールを防止する仕組みを開発
パイプドビッツらは、「なりすましメール」を防ぐ電子メールインフラの提供を開始する。ネットを利用した選挙運動が解禁されるのに向けた取り組みで、既に複数の政党がこの仕組みを利用して電子メールによる選挙運動を行うことを決定した。(2013/6/11)

Twitter、フィッシング対策のDMARC採用を発表
Twitterがtwitter.comドメインのメールにDMARCを採用したと発表した。DMARCはGoogle、Facebook、Microsoftらが開発したフィッシング対策システムだ。(2013/2/22)

ITmedia エンタープライズ セミナーレポート:
情報活用時代に向けたセキュリティ対策を探る
クラウドやスマートデバイス、ソーシャルメディアの普及からビジネスでの積極的な情報活用が叫ばれる一方、セキュリティとのバランスをいかに確保するかも課題になっている。2012年12月開催の「ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー」では情報活用時代におけるセキュリティ対策のヒントが紹介された。(2013/1/16)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第2回 メールマーケティングの課題――メールをきちんと届けるのは難しい
メールマーケティングを行う前提としてまずは解決しておかなければならない問題がある。「到達性の問題」と「デバイス多様化の問題」である。(2012/11/12)

メールの「送信ドメイン認証」技術に実装上の問題、Googleなどが修正
この問題では攻撃者が暗号鍵を破り、特定組織のドメインを使ったメールに署名できてしまう恐れがある。(2012/10/26)

Google、Facebook、Microsoftらがフィッシング対策で協力 DMARC.orgを立ち上げ
Google、Facebook、Microsoftほか15社が、スパムやフィッシングの脅威撲滅を目的としたワーキンググループ「DMARC.org」を発表した。(2012/1/30)

文書ファイルの脆弱性を突いた標的型攻撃に注意――トレンドマイクロが警告
2011年1月〜2012年1月に実施した調査を基に、国内における標的型攻撃の傾向と分析をトレンドマイクロが報告した。(2012/1/27)

Windows Insider用語解説:
DKIM(DomainKeys Identified Mail)
スパム業者や脆弱性を狙う攻撃者がよく用いるメール送信元のなりすまし(偽装)。これをDKIMは検出できるという。その動作原理や限界、最新動向を解説。(2012/1/23)

NEWS
スパム・ウイルス対策も追加したメール誤送信対策アプライアンス「tapirus G 2100」
HDEは、メール誤送信対策アプライアンスの最新版を発表。スパム・ウイルス対策などインバウンドのメールセキュリティ機能を追加した他、オプションでUPSとも連携可能にした。(2011/7/14)

重要なメールのリストを自動作成するツール、センドメールが発売
センドメールは、重要なメールがスパムなどに埋もれたり、対策システムなどでブロックされたりしないようにするためのツールを発売した。(2011/6/3)

センドメール、送信ドメイン認証の設定確認ツールを無償公開
センドメールは、送信ドメイン認証の1つであるSPFレコードの設定状況を確認できるツールを無償公開した。PC版とiPhone版の2種類がある。(2011/5/16)

NEWS
センドメール、送信ドメイン認証への対応を確認できるツールを無料公開
送信ドメイン認証への対応が正しく行われているかをチェックできる「SPFレコードチェックツール」を無償公開した。(2011/5/16)

Google、DKIMによるスパム対策機能をGoogle Appsに追加
Google AppsのGmailで、送信メールが誤ってスパムと判定されるのを回避する送信ドメイン認証DKIMが無料で使えるようになった。(2011/1/7)

NEWS
迷惑メール対策の技術「DKIM」を推進する団体、ヤフーや楽天ら6社が設立
なりすましメールの判別やメール本文の改ざん検知ができるドメイン認証技術の国内普及を目指し、送信事業者やISP、ベンダー、総務省などが協力して同技術の導入、評価を進める。(2010/11/16)

迷惑メールの排除を目指す新団体が設立――楽天ら25組織が参加
ITサービス企業やセキュリティ団体が、ドメイン認証技術の1つである「DKIM」の普及を目指す「Japan DKIM Working Group」を設立した。(2010/11/15)

安全な送信者からのメールに鍵アイコン:
Gmail Labs、フィッシング対策機能「Authentication icon」発表
“本物の”eBayとPayPalからのメールに鍵の形のアイコンを表示する機能を追加した。将来的にはほかの金融機関などもサポートする見込み。(2009/7/14)

SMBのメールセキュリティ対策
メールセキュリティで失敗しないための基礎知識
メールセキュリティは、企業規模を問わず不可避の問題だ。しかも、「こうすれば万全」といった解がない。ここでは自社にとってより最適な解を見つけるための、対策の基礎知識を紹介する。(2009/7/2)

「網羅的メールセキュリティ」で安全・安心な業務を取り戻せ!
企業の“基幹システム”、電子メール。そのセキュリティは既存のスパム/ウイルス対策で果たして万全だろうか? メールを取り巻く脅威も日々進化する。今足りないメールセキュリティを網羅するためのコンテンツをお届けしよう。(2008/10/27)

VMwareで動作:
センドメール、仮想化メールセキュリティアプライアンスを発表
センドメールは、VMware上で動作する仮想メールセキュリティアプライアンス「Sentrion MPV」を12月に発売する。(2008/8/26)

NEWS
センドメール、VMwareに対応する仮想メールゲートウェイを発表
VMwareに対応する初のメールゲートウェイ製品として、オールインワン型のソフトウェアアプライアンスを提供する。併せて、情報漏えい防止オプションも発表した。(2008/8/26)

NEWS
インフォマニア、成り済ましメール防止サービスをASPで提供
送信ドメイン認証(DKIM)技術を利用した「DKIM filter」の提供を開始。民主党も実装完了(2007/12/3)

特定サイトからのメールを拒否
スパム削減にはスパム対策プロトコルを
SPFとDKIMのRFCは承認されて間もないが、これらのプロトコルの採用をためらっていると、送信したメールがスパムフォルダ行きになることが多くなるかもしれない。(2007/11/16)

Yahoo!とeBay、フィッシング対策で協力
送信元ドメイン認証技術「DomainKeys」により、eBayやPayPalをかたる詐欺メールからユーザーを保護する。(2007/10/5)

HDE、スパムを99.8%フィルタリングするスパム対策ソフトを発表
HDEは、16種類におよぶフィルタリング技術を採用し、フィルタリング処理能力を大幅に向上させたスパムメール対策ソフトウェアの新バージョン「HDE Anti-Spam 2 for Gateway」を発表した。(2007/7/24)

NEWS
HDE、スパムメール対策ソフトウェアの新バージョンを発表
合計16種類のフィルタリング技術を採用し、フィルタリング処理能力を大幅に向上(2007/7/23)

Ajaxでメーラーと同等の操作性、センドメールが高機能Webメールシステム
センドメールは、富士通長野システムエンジニアリングが開発したAjax対応のWebメールシステムをOEM販売する。(2007/7/10)

送信ドメイン認証「DKIM」、IETFが承認
標準化団体IETFが、迷惑メール対策技術のDKIMを「標準化提案」として承認した。(2007/5/24)

考察! まん延する凶悪スパムの対応策:
第7回 内部統制を見据えたスパム対策法を考える
迷惑メール対策ツールとして、SaaS型のサービスが注目を集めているからといって、アプライアンスが見捨てられたわけではない。(2007/3/23)

考察! まん延する凶悪スパムの対応策:
第4回 対策手段を講じる「強さ」にジレンマあり!?
OP25Bによるスパム対策は完璧なわけではない。ユーザーにある程度の「不便さ」をもたらすことにもなる。それ故、迷惑メールを極力排除するか、ユーザーの利便性を優先するかという、ジレンマが存在する――。(2007/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。