ニュース
» 2011年04月11日 06時53分 UPDATE

YouTube、ライブ動画サービス「YouTube Live」をスタート

YouTubeがUstreamやニコニコ生放送のようなライブ動画サービスを立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは4月8日(現地時間)、動画のライブストリーミングサービス「YouTube Live」を開始したと発表した。まず一部のパートナーが、自分のチャンネルでライブストリーミングできるようになった。

 youtube 1 Ustreamやニコニコ生放送と同様、動画放映画面にコメント欄が設置されており、配信者と視聴者がリアルタイムで交流できる

 同サービスは、パートナー向けのライブ配信プラットフォームと、ユーザー向けのライブ動画紹介ページで構成される。YouTubeは昨年9月から一部のパートナーとともにプラットフォームのテストを行ってきたが、今後、参加パートナーを段階的に増やしていく。参加できるパートナーには以下のような通知が届く。向こう数カ月のうちに、数千のパートナーが自分のチャンネルからライブ配信できるようになる見込みだ。

 youtube 1

 ユーザー向けのYouTube Liveのページでは、お勧め動画、放映中の動画、近く配信されるライブ動画がサムネイルで紹介されている。配信予定のサムネイルをクリックするとチャンネルのページが表示され、番組開始時にメールかポップアップで通知を受信するよう予約できる。通知の設定は、Googleカレンダー、Outlook、iCalから選択できる。

 youtube 2

 YouTubeの現在の動画再生回数は1日当たり20億回以上。モバイルと並ぶGoogleの重要な広告収入源として成長しつつある。米Wall Street Journalの4月6日の報道によると、GoogleはYouTubeで既存のテレビに対抗する目的で、オリジナルのコンテンツを配信するチャンネルを新設する計画という。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。