ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年04月22日 08時27分 UPDATE

MicrosoftとNokia、Windows Phoneに関する契約を締結

NokiaはOvi Mapsなどの地図情報技術をWindows Phoneの開発者に提供し、MicrosoftはNokiaからライセンス使用料を取得する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MicrosoftとフィンランドのNokiaは4月21日(現地時間)、2月に発表したNokiaによるWindows Phone採用に関する提携の契約を予定より早く締結したと発表した。

 両社は2月の発表後からWindows Phone採用の新しいNokia端末の開発で協力を開始しており、既に数百人の技術者が開発に加わっているという。発表文には「Nokiaは主要なアプリケーションやサービスをWindows Phoneで利用できるよう移植を開始しており、両社はサードパーティーのアプリ開発者にNokia製Windows Phone向けアプリの開発を呼び掛けている」とある。

 発表文では最初のWindows Phone採用のNokia端末は2012年に発売となっているが、公式ブログからは2011年中に発売になる可能性がうかがえる。

 この契約で、NokiaはWindows Phoneのエコシステムに「Ovi Maps」など同社の地図やナビゲーションをはじめとする位置情報サービス技術を提供する。Microsoftは検索エンジンBing、プロダクティビティサービス、広告、ゲーム、ソーシャルメディアなどの各種サービスをNokia製端末に搭載する。また、MicrosoftのアプリストアWindows Marketplace上にNokiaブランドのアプリストアを追加する。MicrosoftはNokiaからWindows Phoneプラットフォームのライセンス料を取得する。

 米調査会社らは、この提携の成果は大きいとみているようだ。IDCGartnerはそれぞれ、Windows Phoneが2015年にはiOSを抜いてAndroidに次ぐ2位になるという予測を発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.