ニュース
» 2011年05月02日 09時35分 UPDATE

Microsoft、iPhoneアプリをWindows Phone 7に移植するためのツールを公開

Microsoftが、iOSとWindows Phone 7のAPIをマッピングするツールの提供を開始した。Androidに関しても同様のツールを提供する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月29日(現地時間)、米AppleのiPhone向けアプリのWindows Phone 7への移植を簡易化するツールやガイドドキュメントを提供するWebサイト「Windows Phone Interoperability」を開設したと発表した。スマートフォン市場でのシェア拡大を目指し、他プラットフォームの開発者を取り込む狙いだ。

 このサイトでは、iOSとWindows Phone 7のAPIをマッピングするツールと、iPhoneアプリの開発者向けの約90ページに上るホワイトペーパーを提供する。

 マッピングツールとしては、ネットワーク/インターネット、ユーザーインタフェース(UI)、データ管理の3カテゴリーのものが提供されている。両プラットフォームは異なるアーキテクチャとUIで構築されているため、すべてのAPIのマッピングが可能なわけではないが、まずは両プラットフォームで1対1で対応するAPIからスタートし、類似したAPIに拡大していく計画という。

 同社はAndroid向けにも同様のツールを提供する計画だ。

 Microsoftが2010年11月に発売したWindows Phone 7はスマートフォン市場で苦戦しており、同社はいまだ累計販売台数を発表していない。同社の第3四半期(1〜3月期)業績発表時のコメントによると、現在公開されているWindows Phone 7向けアプリ数は1万3000本。AppleのiPhone向けアプリは現在App Storeに30万本以上登録されている。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。