ニュース
» 2011年05月10日 17時00分 UPDATE

AndroidがiPhone逆転 国内スマートフォン出荷3.7倍に・10年度

MM総研の2010年度国内携帯電話出荷調査によると、スマートフォン出荷は855万台と前年度比約3.7倍に拡大。各社からAndroid端末の発売が相次ぎ、OS別シェアでiOSを逆転した。

[ITmedia]

 MM総研が5月10日発表した2010年度(2010年4月〜11年3月)の国内携帯電話出荷調査によると、スマートフォン出荷は855万台で、前年度比約3.7倍に拡大した。各社からAndroid端末の販売が本格化したことで、OS別ではAndroidのシェアが57.4%となり、iOSを逆転した。

調査における「スマートフォン」の定義

  • iPadやGALAXY Tabなどのタブレット端末は含めていない
  • iOS、Android、Windows Mobile、BlackBerry OSを搭載
  • 音声通話が可能(画面5インチ以上でヘッドセット利用を想定した端末は含まず)
  • 高機能かつアプリやソフトウェアのカスタマイズが可能
  • OS環境としてアプリ開発仕様が公開されていること
  • キャリアとメーカーがスマートフォンと位置付けている製品

 総出荷台数は9.3%増の3764万台に。スマートフォンの出荷拡大とauのトライバンド端末への買い換えが好調だった。

 スマートフォンの割合は全体の22.7%にまで成長。OS別シェアではiOSは37.8%とAndroidに首位を譲ったが、スマートフォンメーカー別シェアではAppleが323万台で37.8%を占め、トップに。「IS03」などを発売したシャープが24.3%、「Xperia」のソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが9.8%、「GALAXY S」のSamsung Electoronicsが9.0%だった。

photophoto スマートフォンのOS別シェアと携帯電話全体のメーカー別シェア=ニュースリリースより

 11年度スマートフォン出荷台数は2.1倍の1820万台に拡大し、全体(3890万台)の半分弱を占めると予測。NTTドコモ、KDDIは新機種の半分以上をスマートフォンにする方針で、勢いによっては2000万台規模、出荷台数の過半数を占める可能性も十分にあるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -