ニュース
» 2011年05月27日 07時30分 UPDATE

Google、モバイル決済サービス「Google Wallet」を発表

「Google Wallet」は、MasterCardの非接触決済サービス「PayPass」のネットワークを利用する。支払いだけでなく、クーポンやポイントカードの利用も可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月26日(現地時間)、NFC(Near Field Communication)利用のモバイル決済サービス「Google Wallet」を発表した。現在はフィールドテストの段階で、米キャリアSprintが販売するGoogleブランドの端末Nexus Sで利用できる。

 wallet reader リーダー端末

 米MasterCardの既存の非接触型決済サービス「PayPass」のネットワークを利用する。PayPassに対応するリーダー端末(米First Data製)は、米国内の12万4000以上、世界全体では31万1000以上の店舗に設置されている。

 フィールドテストに参加している小売業者は、高級デパートのBloomingdale's、Macy's、RadioShack、Subway、Toys“R”Usなど。

 Google Walletを利用するには、米銀行大手CitiのMasterCardのPayPassシステムをFirst Dataのサービス管理サービスを通じてGoogle Walletに転送するか、Google Prepaidシステムにチャージしておく必要がある。

 Google Walletを利用可能にしたNexus SをPayPass加入小売店でリーダー端末にかざすことで支払いができる。Google Walletでは支払いだけでなく、Google Offersのクーポンを利用できるほか、小売店のポイントサービスやギフトカードの利用も可能だ。

 セキュリティ対策では、Google Wallet PINの設定のほか、PayPassのデータ暗号化技術で決済認証情報を暗号化する。このデータは端末のメモリではなく「Secure Element」チップに保存される。

 一般のクレジットカード同様、消費者は無料でGoogle Walletを利用できる。加盟店が支払うのはカード会社への手数料のみで、Googleは決済手数料を徴収しない。

 Googleは、実際のサービス開始時期は発表していないが、今後利用可能なカード、端末、小売店を拡大していく予定で、APIの開発を計画中という。

 wallet

 Googleは公式YouTubeサイトで発表動画(約1時間)を公開した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -