ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイル決済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイル決済」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モバイル決済の裏側を聞く:
スマホから“手数料無料”で口座のお金を移動 「エアウォレット」の仕組みと決済戦略に迫る
送金アプリ「エアウォレット」は、リクルートと三菱UFJ銀行のジョイントベンチャーである「リクルートMUFGビジネス」が提供している。手数料無料で金融機関のお金を移動できるのが特徴だ。ためたお金は決済ブランド「COIN+」による決済も可能だ。(2024/1/19)

年末年始のPayPay、d払い、au PAY、楽天ペイのキャンペーンまとめ【12月29日最新版】 お年玉や抽選キャンペーンで高額還元を狙おう
年末年始にモバイル決済各社が実施しているキャンペーンをまとめた。年末年始は「お年玉」がもらえるキャンペーンや、抽選で高額ポイントを付与するキャンペーンなども開催している。(2023/12/29)

「ゴンチャ 自由が丘店」オープン、特化型店舗が登場
ゴンチャ ジャパンは、同社にとって国内初のセルフオーダー特化型となる店舗「ゴンチャ 自由が丘店」をオープンする。(2023/12/19)

LINE Pay残高が「LINE」トーク画面から簡単に送れるように 「飲み会のお金1人4000円」と言われたら「4000円」部分をタップするだけ
個人間でもグループでも使えます。(2023/12/11)

OpenAIの新取締役3人のプロフィール
OpenAIが発表した“初期段階”の取締役会のメンバー、アダム・ディアンジェロ氏、会長になるブレット・テイラー氏、ラリー・サマーズ氏のプロフィールを簡単に紹介する。(2023/11/24)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
将来は「脳と結合するARグラス」も――XREAL創業者×SF作家が語る未来の“リアル”
未来では、AR技術で「無数のリアリティーのバージョン」が存在する――ARグラス「XREAL Air」を世に送り出したXREALの創業者はこう語ります。SF作家とテクノロジーの未来について語った様子をお届けします。(2023/9/8)

Wi-Fi 6時代のモータースポーツ観戦【後編】
モータースポーツ団体が「Wi-Fi 6」をリアル会場に配備した“本当の目的”
観客にドライバーの映像や音声をリアルタイムで配信するために、モータースポーツ統括団体NASCARは「Wi-Fi 6」のネットワークやそれに関連するツールを導入した。その狙いはどこにあるのか。(2023/7/25)

モバイル決済の裏側を聞く:
Google Payが「Google ウォレット」になって変わったコト 今後の進化は? 日本の決済責任者に聞く
「Google Pay」から「Google ウォレット」に刷新したGoogleの非接触決済サービス。グローバルの方針に日本も対応した形だが、アプリを刷新したことで何が変わったのか。決済にとどまらない機能拡張も期待される。(2023/7/13)

Payments Dive:
やはり現金が最強か? モバイル決済アプリが早くもピークを過ぎた説
パンデミックの影響でオンライン決済の利用が拡大した。一方で人々の現金離れは進んでいないようだ。(2023/7/6)

「Tポイント」の名を捨て「Vポイント」になる理由 決済だけでポイント二重取り、スマホ決済に本格進出も
三井住友フィナンシャルグループ(グループを総称して「SMBCグループ」)とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、新たな「Vポイント」(青と黄色のVポイント)を発表した。2024年春をめどに提供を開始する。(2023/6/13)

2023年2Q業績に見るAppleの戦略【後編】
不況でもAppleの「デバイス以外」が売れる理由とは
Appleは2023年第2四半期(1〜3月期)の業績を発表した。「Apple Pay」や「App Store」といったサービス事業の業績と、今後の同社の狙いを紹介する。(2023/6/13)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアが時価総額上位25社に入る企業も行うTERを解説、日本企業の課題とは
アクセンチュアは「トータル・エンタープライズ・リインベンション(TER)」記者説明会を開催し、TERに基づいて高成長企業の特徴を紹介するとともに日本企業に必要な取り組みを提案した。(2023/6/9)

Restaurant Dive:
40代は「デジタル老害」か? レストランでのQRコード利用に関する意識調査
業務効率化のためQRコードを使ったメニューや注文、決済のシステムを導入するレストランが増えている。消費者にはまだQRコードが浸透していないことから、QRコードを利用したシステムで効率化を図るというレストランの計画には難航が予想される。(2023/5/26)

ANA Pay刷新、「1マイル=1円」で決済可能 Apple Pay対応、iDやVisaタッチで支払い
「ANA Pay」を刷新。フライトでためたANAマイルを「1マイル=1円」で使える仕組みなどを導入。(2023/5/23)

Twitter運営会社XのCEOにリンダ・ヤッカリーノ氏 「私は製品設計と新技術に集中」とマスク氏
NBCUniversalの広告部門の責任者、リンダ・ヤッカリーノ氏(60)がTwitter(X)のCEOに就任。イーロン・マスク氏は5月12日(現地時間)に発表した。Twitter運営を立て直したい考え。(2023/5/13)

Twitter(X社)のCEOは広告のプロ、リンダ・ヤッカリーノ氏に
Twitterのオーナー、イーロン・マスク氏は5月12日、リンダ・ヤッカリーノ氏をTwitterとXのCEOに迎えると発表した。ヤッカリーノ氏は米広告業界のベテラン。4月にマスク氏の公開インタビューを行っていた。(2023/5/13)

世界・日本の7社を紹介:
金融テクノロジーで個人の「環境意識」は変わるのか? グリーンフィンテック企業の可能性と課題
環境に良い行動に繋げたいと考える消費者を、金融テクノロジーでサポートする「グリーンフィンテック」が注目を集めています。国内外の7社を例に、グリーンフィンテックの可能性と課題について考えてみます。(2023/5/9)

タクシーアプリ「S.RIDE」、Yahoo! MAPから配車可能に
S.RIDEのタクシーアプリ「S.RIDE」と、ヤフーの地図アプリ「Yahoo! MAP」が連携。Yahoo! MAPのルート検索結果画面から「S.RIDEで配車」ボタンをタップすると、S.RIDEアプリを起動できるようになる。(2023/4/19)

高成長市場の競争力を強化:
ルネサス、NFC技術のPanthronicsを買収へ
ルネサス エレクトロニクスは、2023年3月、NFCチップセットやソフトウェアなどを手掛けるオーストリアのPanthronicsを買収すると発表した。モバイル決済端末、IoT、ワイヤレス給電などで高成長を続けるNFC関連市場での競争力を高める狙いだ。(2023/3/22)

金融機関が進める業務効率化【前編】
スペインの銀行で活躍する「仮想アシスタント」 返答できる問い合わせは?
スペインの金融機関CaixaBankが人工知能(AI)技術を搭載する仮想アシスタントを導入した。この導入で同行の顧客応対はどう変わったのか。(2023/3/22)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
企業が「お金を払ってでも情報を取りたい」IT調査テーマ3選
目まぐるしくトレンドが移り変わるIT業界では、目新しいテーマだけがビジネスの中心となるわけではない。矢野経済研究所のアナリストが、実際に多くの企業が購入した調査レポートの中から、ビジネスで関心が高まっているテーマを明らかにする。(2023/1/27)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
iPhoneだけではない、アップルジャパン140億円追徴課税の裏で暗躍する中国人転売ヤー
22年12月、アップルジャパンが消費税を追徴課税されたと報じられた。免税の対象にならない「転売目的の購入」を見抜けなかった責任を問われたとみられている。取り締まる当局と転売ヤーのいたちごっこはこれまでも繰り返されているが、今後、中国人転売ヤーはどうなるのだろうか。(2023/1/12)

イーロン・マスク氏に翻弄された2022年を振り返る
2022年は海外速報担当の筆者にとってはイーロン・マスク氏に翻弄された年でした。同氏によるTwitter買収の顛末をまとめておきます。2023年にTwitterがなくなることはないでしょうが、現状で抱える爆弾についても触れます。(2022/12/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
サーマルプリンタ内蔵 モバイル決済端末「SUNMI V2 SE」は個人でもイケる?
レストランなどでテーブルで会計するときや実は最近のモデルはAndroid OSで動くスマートフォンです。レジでよく使われる、業務用の小型サーマルプリンタ搭載のモバイル決済端末。Xiaomi系列のSUNMI(商米)は、日本にも製品を出しています。(2022/11/29)

Payments Dive:
マスク氏が狙うTwitterの決済プラットフォーム化「成功するに決まっている」派の言い分
マスク氏はTwitterを決済サービス基盤にする考えを持つ。大半の業界人が屍累々の事業計画だと警告する一方で、「成功の可能性が高い」とみるアナリストも存在する。勝ち筋を聞くと、確かに不可能ではなさそうだ。(2022/11/24)

Twitter、青バッジ有償化後は「Official」ラベルを授ける計画を発表
青バッジ有償化後は、“公式アカウント”には新たな「Official」ラベルを授与する計画をTwitterの幹部がツイートした。このラベルは金で買うことはできない。また、「以前認証された全アカウントに授与するわけではない」としている。(2022/11/9)

Twitter、「青バッジはスパム対策に、知名度のシグナルとしての意味はなくなる」とロス氏
Twitterの青バッジ有償化について、同社幹部のヨエル・ロス氏が説明した。Twitter Blueに加入すれば誰でも青バッジを獲得できる。青バッジアカウントによるなりすましは即時凍結する。(2022/11/9)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
欧州の“らくらくスマホ”最新モデル「emporia SMART.5」はフリップカバー付きで面白い
欧州では年配者向けのスマートフォンの専業メーカーがいくつか存在します。その中でも老舗といえるEmproiaの最上位モデル「emporia SMART.5」をドイツの家電量販店で触ってみました。フリップ型のスマートカバーが付属しますが、カバーを閉じたままでも着信の受信と切断、カメラ、そして背面ライトをオンにすることができます。(2022/10/18)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
「バブルの終焉!?」市場が動揺したテンセントNFT取引所の閉鎖<中国NFTマーケット事情・後編>
2021年に中国で発行されたNFTは456万点、発行総額は約30億円。26年には市場規模が約6000億円に達するとの試算もある。成長を予感させるNFTマーケットだが、テンセントが8月にマーケットプレイスの閉鎖を発表。「ブームの終焉」が危惧されるなか、業界標準を制定する動きも出てきた。(2022/10/17)

詳細はこれから検討:
「Vポイント」と「Tポイント」が統合へ 三井住友FGとCCCグループが基本合意
三井住友フィナンシャルグループ、三井住友カード、カルチュア・コンビニエンス・クラブとCCCMKホールディングスの4社は、将来の「Vポイント」と「Tポイント」の統合を前提とした資本・業務提携契約の締結で基本合意した。今後、2022年末までに本契約を締結すべく提携の詳細を検討していくことになる。(2022/10/3)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Apple PayがVISAを猛追 デジタル決済がクレジットカードの巨人を抜き去る日は来るか?【訂正あり】
デジタル化の加速とともに、さまざまな分野で次々とトップの交代劇が起きています。今回は、決済市場における新旧対決にデータで迫ります。(2022/9/19)

英国理容店Wicks Barbershopに見る中小企業のデジタル化【後編】
中小企業こそ「デジタル化」を今すぐ学ぶべき理由 “理容店の奇跡”から探る
専門家は「中堅・中小企業ほど、早くデジタル化について学ぶべきだ」と話す。その理由は何か。ITを味方に付けることでコロナ禍でも顧客とのつながりを維持した、英国の理容店Wicks Barbershopの取り組みから探る。(2022/8/4)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが「非通信領域」でライバルに勝つための秘策 前田副社長に聞く
ドコモは、7月から社内カンパニー制を採用し、コンテンツや金融・決済、データビジネスなどの「非通信領域」を担うスマートライフ領域の組織を刷新した。事業の機動性を高め、収益に対する責任を明確化するのがこの仕組みの特徴。料金値下げなどで通信事業の収益が落ち込む中、ドコモは非通信の事業を成長のドライバーにしていく方針を掲げている。(2022/7/30)

Innovative Tech:
タッチ決済時の「〇〇Pay」の音をこっそり盗聴し、決済アプリを乗っ取る攻撃 韓国の研究チームが指摘
韓国のChung-Ang UniversityとAjou Universityの研究チームは、スマートフォンをかざすだけで決済が完了するサービスにおいて、決済時の音を盗聴して乗っ取る手法を指摘する論文を発表した。(2022/7/13)

eKYCのいま:
なぜ今「eKYC」が求められているのか? 「面倒くさい」決済を解消する?
金融サービスが使いにくいものになる理由の一つは、犯罪に利用される可能性があるためだ。犯罪防止の仕組みが、利用者に「面倒くさい」と感じさせる一因になっている。しかし新たなテクノロジーの導入や創意工夫によって、利用者の手間を下げるケースもある。eKYCもその一つだ。(2022/7/13)

Restaurant Dive:
「従業員不足」「利益率の低下」 課題山積みのレストラン業界をAIはどう救う?
レストラン業界で会話型AIなどを活用する動きが活発化している。これによってレストランが直面する課題はどのように解消されるのか。大手レストランチェーンの動向を見ていこう。(2022/7/5)

Xiaomi、ほとんどスマートウォッチなバンド「Xiaomi Mi Band 7 Pro」を約7700円で発売
Xiaomiは新スマートバンド「Xiaomi Mi Band 7 Pro」を中国で発売した。価格は379元(約7700円)。1.64型長方形ディスプレイでGPSとNFCをサポートする。(2022/7/5)

Googleさん:
Googleアプリ群の混乱に終止符を打った片づけ魔法使いの旅立ち
Googleのコミュニケーションツールの混沌を整理してきたハビエル・ソルテロさんが7月に退社します。DuoとMeetの統合、ハングアウトの完全終了の目処がたったタイミングです。(2022/7/4)

R&S CMP200無線機テスター用:
ローデ、FiRa認定の超広帯域PCTTを発売
ローデ・シュワルツは、R&S CMP200無線機テスター用として、FiRa Consortiumが定める超広帯域(UWB)物理層の適合性試験に対応した「物理層コンフォーマンステストツール(PCTT)」の販売を始めた。(2022/6/29)

Samsung、暗号通貨もサポートする「Samsung Wallet」を欧米で提供開始
Samsungが「Apple Wallet」や「Google Wallet」のような「Samsung Wallet」を発表した。米国や一部の地域のGalaxyユーザー向けに提供を開始する。クレジットカードや飛行機の搭乗券だけでなく暗号通貨もサポートする。(2022/6/17)

ジャック・ドーシーCEO率いるBlock(旧Square)、「Web3」を超える「Web5」構想
「Web3」はVCが牛耳っていると批判するジャック・ドーシー氏が、「Web5」構想を発表した。Web5は、同氏がCEOを務めるモバイル決済企業Block(Square)のTBDチームが構築する。(2022/6/13)

Restaurant Dive:
スタバがWeb3分野に参入 NFTと「サードプレース」の相性はいかに
Starbucksは、NFT参入を表明した。現時点では詳細は明らかにされていないが、同社の幹部は、NFTがブランドコンセプトである「サードプレース」の構築に貢献するものだと説明している。(2022/6/6)

楽天モバイルの「0円終了」で乗り換えるべきサービスは? 大手キャリアやMVNOと比較
楽天モバイルでは、データ利用量が月に1GB以下なら基本料を無料としてきましたが、7月1日から提供される新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、いわゆる無料枠だった1GB以下の枠が廃止。0〜3GBのデータ利用量で月額1078円(税込み)というのが最低ラインの料金となりました。これまで0円で楽天モバイルを維持していた人が、乗り換え先としてどこを選ぶのがベターなのでしょうか。(2022/5/31)

シリコンバレーから見た風景:
Blockの「Cash App」で体験する、日本がまだ知らないP2Pペイメント 根性バーガーから広がった未知の世界
Twitter共同創業者であるジャック・ドーシー氏の会社Block(旧Square)の「Cash App」は日本未導入。このサービスを使ってみた。(2022/5/19)

金融DX:
なぜスタートアップが一国の「デジタル通貨」を構築できたのか? ソラミツ 宮沢氏に聞くBakong開発の経緯
中国の「デジタル人民元」をはじめ、中央銀行が発行するデジタル通貨に注目が集まっている。カンボジアはデジタル通貨「Bakong」(バコン)を2020年から正式運用しているが、実は技術を提供しているのは日本のスタートアップ企業であるソラミツだ。ソラミツはどんな経緯から参画することになったのか。開発ストーリーに迫る。(2022/5/13)

スマホが運転免許証代わりに 「Google Pay」から「Google Wallet」へ改名
米Googleは5月11日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」で、スマートフォン、スマートウォッチ向けの決済サービス名称を「Google Wallet」に改めると発表した。Google Walletに車やホテルの鍵、それに運転免許証を格納できるようになる予定だ。同様の内容はAppleが「Wallet」アプリで先行している他、日本でもスマートフォンにマイナンバー機能の実装に向けた議論が進んでいる。(2022/5/12)

Appleは「Apple Payで支配的立場を乱用」と欧州委員会が予備的見解の異議申立書
欧州委員会はAppleに対し、「Apple Pay」でモバイルウォレット市場での支配的な地位を悪用しているという予備的見解の異議申立書を送った。Appleは「支払いを行うために使える多数の選択肢の1つにすぎない」としている。(2022/5/3)

SteamがPayPay導入 LINE Pay、メルペイに続き
PayPay社は、米Valveのゲーム販売サイト「Steam」がPayPayオンライン決済に対応したと発表した。(2022/4/1)

400人に聞いた:
Z世代が使用する支払い方法、2位は「モバイル決済」 1位は?
「Z世代 一人暮らしの生活事情」に関する調査を実施した。買い物時の支払い方法について聞くと「クレジットカード」が最も多く55.3%だった。「現金」派はわずか14.8%だった。(2022/3/24)

Payments Dive:
本格検討が始まった「デジタルドル」のゆくえは? 中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する米FRBの報告書を読む
米国でも中央銀行デジタル通貨(CBDC)、いわゆる「デジタルドル」実現に向けた本格的な検討が始まった。この方針を決定付けた一冊のレポートがある。(2022/3/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。