ニュース
» 2011年06月09日 07時46分 UPDATE

Google Mapsにバスや電車のリアルタイム運行状況表示機能

Googleマップ上のバス停や駅のアイコンをタップすると、実際の運行状況データに基づく直近の発着時刻が確認できる機能が、米国と欧州の一部地域でスタートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月8日(現地時間)、モバイル版およびデスクトップ版のGoogle Mapsに電車やバスなどの公共交通機関のリアルな運行状況を表示する機能を追加したと発表した。まずは、米国のボストン、ポートランド、サンディエゴ、サンフランシスコとイタリアのトリノ、スペインのマドリードでスタートした。

 Google Mapsでは、既に日本を含む多くの地域で交通機関の時刻表データを参照できるようになっている。Google Maps上の駅のアイコンをタップして表示される詳細データでは「予定出発時刻」が表示され、道案内機能「経路」で電車の発着時刻を確認できる。だが、渋滞や事故などによる遅延情報は反映されない。

 Googleは、地域の交通機関から取得するリアルタイムの運行状況データに基づいて、これらの機能で遅延情報や実際の発着予定を表示するようにした。

 Google Maps上の駅やバス停のアイコンをタップして表示される詳細ページに新たに「Live departures(実際の発着時刻)」が追加された。

 maps 1

 経路検索でも、遅延がある場合は経路候補のリストページでアラートが表示され、各経路の詳細ページでは遅延理由が表示される。

 maps 2

 Gogleは現在、ほかの地域でもサービス開始に向けて交通機関と協力しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -