ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「運行情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運行情報」に関する情報が集まったページです。

「線路を歩いた」「足止め」 関東の大雪の影響で運転見合わせなど発生 鉄道に混乱
雪の影響で遅延や運転見合わせが発生しました。(2024/2/6)

「駅すぱあと」アプリ、経路検索でリアルタイム運行情報を提供 首都圏の鉄道6社局で
ヴァル研究所のアプリ「駅すぱあと」にて、経路検索結果で首都圏の鉄道事業者5社局のリアルタイム運行情報を提供開始。「現在の遅延状況」も考慮して経路を検討できるようになる。(2024/1/23)

AGVによる製薬工場の搬送自動化:
PR:夜間の自動搬送で負担激減 “三人四脚”で製薬工場にAGVを導入
品質管理基準が一段と厳しい製薬工場へのAGV導入はこれまで難しいとされてきた。その中で夜間の自動搬送を実現し、作業効率を向上させたのがダイトだ。三菱電機システムサービス、三菱電機ビルソリューションズと共同で挑んだ先進的な事例の内容と製薬工場ならではの導入ポイントを紹介する。(2024/2/19)

地震の影響で運転見合わせていた北陸新幹線と上越新幹線、運転を再開
(2024/1/2)

北陸新幹線と上越新幹線、地震の影響で運転見合わせ 在来線も運休見合わせや遅延
(2024/1/1)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
「入社祝いで400万円」それでも足りないバス運転手 3つの元凶は?
(2023/12/8)

操縦士のカバン、中には…… JAL現役パイロットの持ち物をチェック! フライトの必需品や個人的なおやつも
おやつはいくらまで?(2023/11/21)

JAL現役パイロットが1日のスケジュールを解説 「朝6時30分起床」「12時間のフライト中休憩は4時間」
朝から深夜まで大忙し。(2023/10/30)

路線図を小さな列車が走ってる! 「Yahoo!乗換案内」約700路線を地図上に可視化した新機能「トレインキャスト」が時間泥棒になる予感
眺めているだけでも楽しい。(2023/8/31)

東京メトロの遅延をリアルタイムで確認 「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!マップ」が連携
乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」と地図アプリ「Yahoo!マップ」が東京メトロと連携。リアルタイムな接近情報や遅延情報などをルート検索結果画面に表示でるようになった。(2023/8/24)

「絶望」を感じさせる地獄のおもちゃ爆誕 懐かしいパタパタ表示を再現した「かったんこ」が話題
やめろ、パタパタするんじゃあない。(2023/8/18)

東急、運行情報Twitter(X)を「不具合で」休止 京王も
東急は、運行情報を配信するX(Twitter)公式アカウントに不具合が発生し、情報配信できないと発表した。京王も同様な発表を行っている。(2023/7/27)

非IT企業も「AIプログラミングのない時代には戻れない」 「GitHub Copilot」導入した東急の内製開発チーム、手応えは?
AIプログラミング支援ツール「GitHub Copilot」を導入した東急の内製開発チーム。キーパーソンは「もう導入前には戻れない」と語る。手応えや効率化の効果を聞いた。(2023/7/28)

実証実験:
ニセコの冬「インバウンド客爆増」の裏で、深刻な人材不足――JTBらの「3つのDX実験」を振り返る
ニセコ(北海道虻田郡)エリアは世界でも有数のスキーリゾートであり、海外から多くのスキーヤーや富裕層が訪れるスポットだ。2022年10月の政府の水際対策の大幅緩和で、昨年末から今年の年明けにかけての冬シーズンは、国内外から観光客が殺到した。受け入れスタッフも外国人が多い同エリアでは、深刻な人材不足に見舞われた。JTBらがこれらの問題を解決すべく行った、3つの実証実験とは。(2023/6/29)

物流のスマート化:
富士通、運行管理システムにトラックの運行状況を可視化するオプション追加
富士通は、SaaS型運行管理システム「Logifit TM-NexTR」に、物流委託先のトラック運行状況をリアルタイムに可視化するオプションサービス「Logifit TM-NexTR/Traevo連携」を追加した。(2023/6/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線の自動運転 JR東日本、JR西日本、JR東海の考え方の違い
JR東日本とJR西日本は5月9日、連名で「新幹線の自動運転について技術協力します」と発表した。JR東海は翌日の深夜から未明にかけて、自動運転の報道公開と試乗会を開催した。JR東日本、JR西日本、JR東海東海はこれまで、自動運転の試験や実験を行ってきた。しかし、各社で考え方が異なる。(2023/5/26)

Qualcomm、自動車向けチップのAutotalksを買収 「Snapdragon Digital Chassis」に統合へ
QualcommはイスラエルのV2XチップメーカーAutotalksを買収すると発表した。Autotalksのチップセットは自動車の衝突事故防止や運行状況改善に貢献する。QualcommはAutotalksのV2X技術を「Snapdragon Digital Chassis」に統合する計画だ。(2023/5/9)

編集部コラム:
交通分野のデータ連携はどこまで進んでいるか これからどうなるか
事業者間でデータがつながると、何ができるようになるでしょうか。つながる社会を目指したMaaS領域の事業者間での検討が進んでいます。(2023/5/3)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ超長距離旅で分かった、“日本式”充電インフラの弱点 他のEVには致命的かも
昨年の11月末、Model 3で横浜から長崎の往復3000kmの旅をしてきました。前編では、長崎までの往路の様子をお伝えしました。本稿では、旅の主目的である、潜伏キリシタンゆかりの地巡りや復路におけるModel 3の運行状況を充電を中心にお伝えします。(2023/3/25)

万博開催を念頭に:
大阪メトロ、パナ製の「顔認証改札」採用 2024年度末までに全駅導入へ
大阪メトロが全駅に顔認証システム搭載の改札機を導入する。システム開発元のパナソニック コネクトなどが発表した。2025年の大阪・関西万博開催に向け、24年度末までに全駅に導入する方針。(2023/3/7)

BCP:
三菱地所が災害時の情報連携プラットフォームを大丸有で実証、デジタルマップ上に受入施設の状況など表示
都心や大都市での災害時の帰宅困難者対策は、3.11の教訓を踏まえると社会的にも関心が高いが、モデルケースとなる事例はまだ少ない。三菱地所は、大手町/丸の内/有楽町の大丸有エリアを対象に、災害時の情報連携プラットフォーム「災害ダッシュボードBeta+」の実証実験を2022年12月〜2023年2月の約3カ月間、公民連携で行った。(2023/3/6)

iPhone版「駅すぱあと」に「災害運休路線図」機能を追加
「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は2月13日、iPhoneアプリ「駅すぱあと」の最新版で「災害運休路線図」機能の提供を始めた。自然災害により長期的に不通となった鉄道の路線や区間を確認できる。(2023/2/13)

“最強寒波”関東に襲来 交通機関の情報収集におすすめのサービスまとめ
今日1月24日から「10年に一度の寒気」が日本を襲う見込みだ。路面凍結や積雪による遅延、欠航などの恐れもある。自分が使う交通機関や道路にどのような影響が出ているかはスマホアプリやSNSを使って各自で確認しよう。(2023/1/24)

PR:中小企業の活路は「頼れるパートナー選び」 DX時代に活用したい補助金のイロハを徹底解説
(2023/1/16)

京成線、2年ぶりの脱線事故で運転見合わせに 成田空港・羽田空港へのアクセスに影響あり
京成電鉄の京成高砂駅構内で回送電車が脱線しました。(2022/11/17)

MaaS:
杉並区荻窪地域でグリーンスローモビリティ「AR-07」でMaaSの実証実験、建設技術研究所
建設技術研究所、関東バス、東日本電信電話 東京事業部は2022年11月3〜13日、「荻窪」駅南側エリアにおいて、グリーンスローモビリティ・MaaSの実証運行を実施した。(2022/11/10)

「ETC2.0」がサーバに送信している速度や位置情報、民間活用の動き始まる トラック運行情報や保険にも
ETC2.0が、位置情報や速度などを、国土交通省のサーバに随時アップロードしていることは意外と知られていない。この情報を民間が活用できる仕組みも整備が進んでいる。(2022/10/24)

JR只見線が11年ぶりに全線で運転再開! 始発列車は車両故障でいきなり運転見合わせに
いきなり大変だ……。(2022/10/1)

カーボンニュートラル:
建設資材の物流拠点となるエコロジサイトを開設し試行をスタート、大林組
大林組は、建設現場付近の路上待機車両を削減するため、地域の建設資材納入車両を1箇所に集約する物流拠点「エコロジサイト」を東京都、神奈川県、大阪府の3地域で開設し、トライアル運用を開始した。今後、大林組が施工する現場を対象としたトライアル運用の実施結果を踏まえ、効果が確認できれば、建設現場が集中している地域でエコロジサイトを展開し、関係省庁や他の施工会社との連携により、業界全体での社会的課題解決に向けた取り組みとして拡大させていく。(2022/9/28)

2024年9月グランドオープン:
西鉄、久留米駅ビルをリニューアル 商業施設は「レイリア久留米」に改称
西日本鉄道は9月21日、西鉄久留米駅ビルのリニューアル工事に着手し、2024年9月にグランドオープンすると発表した。(2022/9/22)

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2022:
“測る”の先にある価値を創造、現場の安全を守るソーキの各種計測システム
「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2022」で、計測機器のレンタル企業ソーキは、「測るの先に何があるのか、何をしたいのかを一歩先に進めたい」をコンセプトに、複数のサービスを紹介した。(2022/9/15)

月刊乗り鉄話題(2022年9月版):
鉄道の赤字路線ランキングは悲観じゃありません 「乗って楽しいローカル線ランキング」です!
迷わず行けよ、行けば分かるさ。【乗って楽しいJR東日本エリアのローカル線 トップ5】、いいところばかりです!(2022/9/15)

郡山「三代目小原庄助べんとう」(1100円):
東北新幹線開業40周年! 開業と共に誕生した郡山のロングセラー駅弁に込められた思いとは?
秋田新幹線25周年、山形新幹線30周年、東北新幹線40周年、2022年は多くの新幹線が記念周年。さまざまな記念駅弁も登場しています。(2022/8/20)

世の中にあふれる「おわび」:
その謝罪、本当に必要? 地震で遅延の新幹線、繰り返し「おわび」アナウンス
地震の影響が原因で遅延した新幹線。車内ではたびたび「ご迷惑をおかけし申し訳ございません」とのおわびがアナウンスされた。このおわびは必要なのだろうか。(2022/8/16)

東北・北陸の鉄道が被害 長期の運転見合わせが予想される区間&最新の運行状況まとめ
現場では懸命な復旧対応が行われています。(2022/8/8)

いすみ鉄道が“冷房使用中止”して運行、原因は発電機の故障 「時代に逆行」「地獄やんけ」と阿鼻叫喚に
【追記あり】冷たいおしぼりサービスを……!(2022/8/2)

「思ってた以上に手作業」「すごい手間」 JR東日本が「200系カラーのE2系新幹線」塗装工程を公開
スケールでかい……!(2022/7/27)

「あと何分で運転再開するの?」を解決 ナビタイムの乗換案内アプリに「運転再開予測」機能
まずはJR東日本、東急電鉄、西武鉄道、都営地下鉄から。(2022/7/8)

西武池袋線、車両故障で運転見合わせ 飛来物でパンタグラフが破損、架線修復作業も 東京メトロ有楽町線など広範囲に遅延影響
運転再開は15時以降の見込みです。【更新】有楽町線、池袋線特急で運転を再開(2022/7/8)

大阪駅の進化が見逃せない うめきた(大阪)地下駅に導入する近未来設備「フルスクリーンホームドア」って何だ?
自分専用の「案内サイン」もなんだかすごそう。(2022/6/17)

懐かしのカラーを復刻! 東北・上越新幹線で「200系カラー新幹線」運行開始 狙って乗れる運転スケジュールも案内
東北新幹線といえばこの色というイメージの人も多いのでは。(2022/6/10)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
東海道線と東海道本線ってどっちが正解? 山手線の「山手」って何なの? 実は楽しい「鉄道路線のお名前」の謎
知らなくても困らないけど、知ると何だか乗りたくなってくる「鉄道路線名」のお話をどうぞ。40代以上の皆さん、覚えてますか……?「E電」。(2022/6/2)

PR:配送データ活用で、3カ月先の業務量を予測――ヤマト運輸が目指すDX 物流会社のイメージを覆す成果とは
(2022/6/6)

2022年大型連休の思い出:
できるかぎりスマホのタッチ決済だけで「船」と「電車」に乗る旅に出た(前編)
和歌山港と徳島港を結ぶ「南海フェリー」がVisaのタッチ決済に対応しました。この記事は、タッチ決済でフェリーに乗るべく徳島港に向かうことにした筆者が東京駅から高松駅に至るまでの記録です。(2022/6/2)

6月1日〜7月31日:
JR東、割引サービスの実証実験を実施へ 列車の運行状況に応じたクーポン配布
JR東日本とAxon Vibeは30日、エキナカで利用可能なクーポンを、一定条件下でタイムリーに配信するアプリ「Tokyo Nudge(トウキョウナッジ)」を開発したと発表した。6月1日〜7月31日の61日間、山手線と京浜東北・根岸線で実証実験を実施する。(2022/5/31)

「列車遅延でクーポン配布」 JR東が実証実験 NewDaysなど駅ナカ店舗向け
JR東日本とスイスのAxon Vibeは、クーポンアプリ「Tokyo Nudge」を開発した。駅構内の店舗で利用できるクーポンを、運行状況など一定条件下でタイムリーに配信できるのが特徴。(2022/5/30)

列車が遅延したらクーポンを配布 JR東日本とAxon Vibが実証実験
JR東日本とAxon Vibeは、アプリ「Tokyo Nudge」を開発。利用者の行動情報と列車の運行状況などの条件に応じ、エキナカなどの店舗で利用できるクーポンを配布する。対象路線は山手線の全線と京浜東北/根岸線の全線。(2022/5/30)

導入事例:
福島県・浪江町で国内初の水素供給ネットワーク最適化に向けた実証運用を開始、大林組
大林組は、福島県双葉郡浪江町で取り組んでいる「既存の再エネを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業(環境省委託事業)」の一環として、水素を複数の拠点に運搬する際の搬送効率向上を目的とした1年間の実証運用を開始した。実証では、町内施設への水素供給により、搬送コストの低減効果を検証するとともに、実利用を通じて水素の魅力を伝えることで、需要の喚起と拡大を図れる。なお、エネルギーマネジメントシステムを用いて水素供給ネットワークを最適化する実証運用は国内初だという。(2022/4/21)

銚子電鉄にJR西日本が協力! 銚子電鉄の無人駅に設置された新案内端末「Scomm.」とは
無人駅でも最新情報が分かるようになって安心です。(2022/3/22)

東北新幹線に大きな被害、運転再開のめどたたず 地震による運転見合わせ JR東日本各管内の運行状況
橋脚の崩れなども確認。新幹線、東北・信越エリア在来線の多くで遅延、本数減、運休が発生しています。(2022/3/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。