ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「運行情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運行情報」に関する情報が集まったページです。

自動運転バスが日立市で専用道走行、誰でも乗車可 道路側センサーと協調して死角なくす
(2020/11/26)

機体に巨大ミッキー! JALのミッキー特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS FANTASIA 80」を見てきたよ
機体も機内もミッキーたくさん。国内主要路線で活躍します。(2020/11/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤」は減っていく? 東急の6700人アンケートから読み解く、これからの鉄道需要
東急は、アプリを通じて6760人に実施したアンケート結果を発表した。新型コロナの影響で在宅勤務などが広がり、鉄道の需要は低下。しかし、今後も定期券を更新する人は多く、転居しようとする人も少ない。通勤需要は元通りには戻らないが、ある程度回復しそうだ。(2020/11/6)

5Gビジネスの神髄に迫る:
市場拡大を見据え、ローカル5G関連の展示が急増した「CEATEC 2020 ONLINE」
新型コロナウイルスの影響で、2020年はオンラインでの開催となったCEATEC。今回は携帯大手の出展がなかったこともあり、ローカル5Gやそれに関連したデバイス、ソリューションなどの展示が目立っていた。富士通コンテクテッドテクノロジーズ、シャープ、京セラといった主要企業の取り組みを見てきた。(2020/10/29)

4種類のバス待ち行動のうち最適なのは:
リアルタイム予測情報の危険性、バス到着アプリは正確なのか
オハイオ州立大学が発表した研究によると、バスの到着時間を予測するスマートフォンアプリには課題があるという。バスの時刻表を参考にした場合と比べて、平均すると待ち時間が長くなるからだ。(2020/10/28)

市バス運行をモニタリングする実験:
AI搭載ドライブレコーダーを活用し運転習慣や技術を可視化 ドコモが神戸市で実証実験開始
神戸市とNTTドコモ、ドコモ・システムズは、「AI搭載通信型スマートドライブレコーダーを活用した市バスの運行モニタリング実証実験」を実施すると発表した。クラウドやドライブレコーダーなどを組み合わせた機能とデータ活用について検証する。(2020/10/15)

AIがバス運転手のスキルを可視化 運行データの蓄積で事故防止、NTTドコモと神戸市などが実証実験
NTTドコモと神戸市などは市営バスでAI付きのドライブレコーダーを使った実証実験を開始した。運転手の運転スキルをAIが点数化したり、運行状況をリアルタイムに可視化したりすることで事故防止につなげるという。(2020/10/12)

自動運転技術:
国内初の自律走行バスが走る、羽田空港跡地のスマートシティーが本格稼働
羽田みらい開発が手掛ける大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」が2020年9月18日、本格稼働を開始した。「先端」と「文化」の2つをコア産業に位置付けており、これらのうち「先端」を意識したスマートシティー関連の取り組みとなる、モビリティやロボティクスの実証実験を積極的に行う“場”としても期待を集めている。(2020/9/23)

NAVITIMEがiOS 14のウィジェットに対応 時刻表や運行情報を表示
総合ナビゲーションサービス「NAVITIME」は、9月17日にiOS 14から導入されたホーム画面のウィジェット配置に対応。鉄道、バス、飛行機、フェリーの時刻表、鉄道の運行情報を表示し、時刻表や運行情報は4件まで設定できる。(2020/9/18)

「電車は運休、特急は運転」ってどういうこと!? とある駅に登場した案内板が話題に 鉄オタ大好き「電車と汽車」の違いとは
電車は運休。でも特急は運転。いったいどっち?(2020/9/10)

東京メトロ、経路検索からタクシーとシェアサイクルを予約できる新アプリ
東京メトロがタクシー配車やシェアサイクルなど複数の交通手段を組み合わせた経路検索に対応するスマホアプリの提供を始めた。鉄道・バスの経路検索やメトロの列車・駅の混雑度を表示する機能を備える。(2020/8/27)

多彩な経路検索や混雑見える化に対応した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」リリース
東京メトロは「my! 東京MaaS」の一環として、MaaS機能を実装した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」をリリース。リアルタイムの運行情報や多彩な経路検索に対応し、列車や改札口の混雑も確認できるようになる。(2020/8/27)

モビリティサービス:
小田急がMaaSアプリの機能拡充を加速、後押しするのはAWS
小田急電鉄の「MaaSアプリ」が急速な進化を遂げている。同社は2018年末にMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車を所有せず移動をサービスとして利用すること)での協業を決定。2019年4月にヴァル研究所とともに交通に関するデータ基盤「MaaS Japan」の開発を開始し、同年10月末にMaaS Japanを活用したスマートフォン向けアプリ「EMot(エモット)」をサービスインした。(2020/8/26)

終電後の小田急線で人身事故の案内が…… 「うそだろ?」「成仏して」とザワつく
テスト入力したものを誤って配信してしまったそうです。(2020/8/16)

「特に魔の3日目が怖い」 ほぼ全ての新幹線車両に乗りまくる日本縦断3泊4日ツアーが「行程が鬼すぎる」と話題に
新幹線への愛と体力が試されます。(2020/8/11)

「NAVITIME」、「トータルナビ」を無料開放
ナビタイムジャパンが「NAVITIME」トップページのデザインをリニューアル。従来は有料だったルート検索サービス「トータルナビ」を無料開放した。(2020/7/30)

鉄道会社40社が参加 御朱印帳の鉄道版「鉄印帳」誕生、限定5000部を7月10日から販売
「鉄印集め」で全国めぐり、いかがですか。(2020/7/9)

強風で工事用足場が線路上に倒壊 JR西日本、一部路線で運転見合わせ 倒竹で遅れも
JR西日本各線で運転見合わせや遅延が発生しています(2020/7/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動運転の夢と現実
自動運転の電子ガジェット的未来感は人々をワクワクさせる効果はあるかもしれないが、社会問題の解決には直結しない。技術というものは多くが、社会が持つ問題を解決するべく開発されるのなので、時価総額を暴騰させる資金集めが目的である場合を別とすれば、まずは社会の側の問題を把握しなくてはならない。(2020/7/6)

自動化が進む鉄道:
東京メトロが「消毒ロボット」を導入、さてどうなる?
駅構内でロボットを目にする機会が増えてきた。こうした背景に何があるのか。(2020/6/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界に「バーチャル背景」ブーム 外出自粛で薄れる存在感、“つながる”一手に
テレワークの普及で広まったオンライン会議ツール。鉄道各社が相次いで「バーチャル背景」を配布している。外出自粛によって鉄道の存在感が薄れる中、ビジネスパーソン向けコンテンツを発信することで、親しみを持ってもらう狙いがあるようだ。(2020/5/15)

「この塗り分けは113系へのリスペクトだよね」 JR東日本、外房・内房線向け新型車「E131系」を発表
山手線のいいところを詰め込みつつ、懐かしいあの車両を連想するデザインに期待。2021年春デビュー予定です。(2020/5/13)

前年比95%減少 JR東、GW期間中の新幹線・特急列車の乗車率を発表 客数わずか32万人に
わずか5%という驚異的な数字。(2020/5/7)

【新型コロナ対応】緊急事態宣言を受けた「鉄道」「バス」運行状況まとめ
【6月5日更新】休止・減便していた多くの列車、バスや車内サービスが再開。(2020/4/11)

【新型コロナ対応】主要空港「対応状況」まとめ
発着場所など、普段と動線が変わる空港が多数。成田空港にはダンボールベッドが並んだ様子も。【4月17日14時更新】羽田空港/JAL国内線 第1ターミナル北ウイングの出発カウンター、保安検査場、ラウンジなどの施設を4月17日から閉鎖。【4月21日16時更新】。羽田・成田の店舗や施設は時短営業・休業を継続、一部空港でカフェ、売店の営業が再開【5月8日20時更新】。成田、各航空会社のチェックインカウンターを状況に応じて変更/KIXの9月年次イベント中止【5月22日20時更新】国内線ターミナルで多くの店舗が再開【6月6日更新】(2020/4/10)

【新型コロナ対応】航空各社「運航状況」まとめ
【6月6日更新】機内サービスの縮小は継続しつつ、臨時便で増便する航空会社も。(2020/4/9)

非テツでも楽しめる、テツ好きが注目するチマタの話題:
もしロックダウンになったら鉄道は止まるのか?
ロックダウンになったから完全に動けなくなるのではないか、と感じている方も多いでしょう。今回はロックダウンとなったときにどのような事態が起きるのか考えてみます。(2020/4/6)

スマホをかざすと時刻表をAR表示する「NAVITIMEレンズ」、au向けに提供
ナビタイムジャパンは、3月26日にKDDIの「auスマートパス」で、AR時刻表案内アプリ「NAVITIMEレンズ for auスマートパス」を提供開始。アプリを起動してスマートフォンを駅の入口やバス停留所にかざすと、電車とバスの時刻表や関連情報をAR表示で確認することができる。(2020/3/27)

駅・バス停の入り口にスマホをかざすと、時刻表や行き先など表示 NAVITIMEが新アプリ
ナビタイムジャパンが新アプリ「NAVITIME レンズ for au スマートパス」をリリース。アプリを起動して駅の看板やバス停にスマホをかざすと、電車やバスの時刻表や行き先などを表示する。スマホの扱いに不慣れな高齢者などの経路検索をサポートする狙い。(2020/3/26)

テクノロジーは社会をどう変えるか――トヨタ、ソニー、デルタ航空にみる「モビリティ時代」の波
(2020/3/26)

なぜダイヤ改正が必要なのか さよなら「あずさ2号」「700系」
今年もダイヤ改正の季節がやってきました。今回は1970年代のヒット曲で知られる「あずさ2号」や東海道新幹線の「700系」車両が姿を消すなど話題も多いようです。(2020/3/25)

AIやロボットも活躍 山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」開業日に見に行ってきましたレポ
きっぷ購入は210分待ちなんて状態にも。(2020/3/16)

産業動向:
フジクラ、長野県大町市と市民参加型IoTの実証実験開始
フジクラとIoTBASEは長野県大町市と共同で、「市民参加型スマートシティ」を目指したIoTの実証実験を開始した。地図システムを利用したプラットフォームを構築し、安心・安全な町づくりを目指す。(2020/2/28)

製造業がサービス業となる日:
3つの断トツをデジタルで融合、ブリヂストンは「T&DPaaS」でコト売りに移行する
ブリヂストンが主力商材のタイヤを商品の売り切りではなくサービスとして提供していくためのビジネスプラットフォーム「Bridgestone T&DPaaS(Tire & Diversified Products as a Solution)」について説明。「ダントツの商品とサービス、拠点ネットワークをデジタル技術で融合し、ソリューションとして顧客に提供していく」という。(2020/2/3)

最新状況は公式サイトやSNSで確認を:
関東甲信の大雪が朝の通勤を直撃!? 列車の遅延や運休に注意するよう鉄道各社が呼びかけ
(2020/1/27)

JR東海、新型通勤電車「315系」を2021年度に導入 国鉄時代の211系はついに消滅へ……
「何か」に似てる……!? 全編成トイレ付きがうれしいところ。JR東海の新しい顔になりそうです。(2020/1/24)

CES2020:
カーシェアや交通機関を外国人にも使いやすく、話者に合わせて言語を自動切換え
英語で話しかけると英語で、ドイツ語で話しかけるとドイツ語で、乗客の問いかけに答えるバスが2020年内にも走り出す。(2020/1/16)

箱根がマジで「エヴァ化」!! 箱根史上最大規模のエヴァコラボキャンペーンがすごすぎる 駅もしっかり「第3新東京市駅」に
公園に「ロンギヌスの槍」がブッ刺さり、ユネッサンのお湯も「セカンドインパクト」しちゃったぞ。【写真45枚】(2020/1/15)

2019国際ロボット展:
悪路を走破可能なクローラー式自立搬送ロボ「セキシュウ・クローラー」
トピー工業は、物流や建設現場の運搬作業を効率化するクローラー式搬送支援AGVリモート「セキシュウ・クローラー」を開発した。日本通運のセキシュウ・クローラーを利用したロールボックスパレット搬送作業の実証実験では、労働負荷軽減など、さまざまな課題解決に役立つことが確かめられている。(2020/1/7)

【最終回】デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
“フォント好き”なら絶対楽しめる台湾の旅(後編)
いよいよ連載も最終回。どこか懐かしい、台湾の旅の後編です。(2019/12/28)

佐川急便がクラウドで運行管理 ドラレコや走行状況、ドライバーの健康情報を集約へ
SGシステムは、複数メーカーのデジタルタコグラフ(デジタコ)に対応するクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」をグループ会社である佐川急便の34営業所に導入する。互換性のない各社のデジタコを一元管理でき、運行管理や安全指導の効率化や強化を図れるという。(2019/12/24)

JR東、英語版の公式Twitter始動 列車の遅れなど英語でツイート
JR東日本が、英語版の公式Twitterアカウントの運用を始めると発表。24日の午前10時から、外国人客に向けて運行状況を英語でツイートする。管轄するエリア・路線ごとに9種類のアカウントを使い分ける予定。(2019/12/20)

ヤフーとLINEの統合にみる生存戦略 情報経路の“世代間ギャップ”が次世代サービスを変える
身近にある“情報格差“。サービスを設計するときは、世代による“情報への接触方法”の違いを考える必要がある。(2019/12/10)

複数の交通事業者のデータをシームレスに共有する「MaaS向けデータ基盤」開発開始
NEDOは、MaaSに向けた移動情報統合データ基盤の開発を開始すると発表した。複数の交通事業者の異なるシステムの間でデータをシームレスに共有し、分析できるようにする。飲食や宿泊といった交通事業者以外の事業者とのデータ連係も図る。(2019/12/3)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
“フォント好き”なら絶対楽しめる台湾・台北の旅(前編)
新旧の文化が同居する台湾は、フォントの旅にもってこい。前編では台北で見かけた素晴らしいデザインを多数の写真で紹介する。(2019/11/29)

スマホにも、鉄道を:
関東圏鉄道各社のアプリに見る、利用者への接し方戦略
関東圏の鉄道各社は、利用者のために運行情報などを提供するスマートフォンのアプリを提供している。JR東日本や東京メトロだけではなく、関東圏の大手私鉄でも出そろい、それぞれを相互に行き来しながら使用できるようになっている。各社のアプリを使ってみると、違いがあって……。(2019/10/26)

首都圏在来線と新幹線の運転再開はいつ? JR東日本、朝から倒木撤去など安全確認で「少なくとも昼までは運休」
山手線は午前10時からの再開を目指しています。(2019/10/13)

【台風19号】航空各社「運行状況」まとめ
航空各社も11日夜〜13日の便の多くで欠航を決定(2019/10/11)

台風19号に伴う休業情報、店側がぞくぞく発表 利用者や従業員の安全のため
早めのアナウンスありがたい。(2019/10/11)

【台風19号】鉄道各社「運行状況」「計画運休」まとめ
不要不急の外出はできるだけ控えましょう。復旧後の混雑混乱にも注意しましょう。(2019/10/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。