ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「時刻表」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「時刻表」に関する情報が集まったページです。

最近ディズニーランドに集中できない理由が納得の一言 「公式でスマホを使う機会が多すぎる」
夢の国=現実って思いたくないですよね。(2022/6/28)

焼くぞって段階で出てくる「◯℃に予熱したオーブンで」に絶望 仲良くなれないレシピに同意の声
それ、早く言ってよぉー! と言っちゃうやつ。(2022/6/27)

「仕事と趣味、どっちが大事かわかるよね?」 自分との対話を試みた結果、出てしまった結論とは?
自分との対話を試みるツイ主さんでしたが……。(2022/6/25)

コロナ禍の“理不尽な就活事情” 「人と会うな!」と言われてきたのに、面接では「大学生活の中で仲間と協力して成し遂げたことは?」
どうしてそんなこと聞くの?(2022/6/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西九州新幹線時刻表「かもめ」に謎の欠番、列車ダイヤを見て分かってきたこと
武雄温泉〜長崎間を結ぶ西九州新幹線の時刻表が発表された。鉄道事業では、線路、駅、車両というハード面と同じくらい、利用者の使いやすさや需要を考慮して決定される「ダイヤ」というソフト面も重要だ。ダイヤを見れば、地域の特性や事業者がその路線に期待することが見えてくる。(2022/6/18)

「なんでこの見た目で甘くないの!?」 初めて赤ワインを飲んだときの気持ちが忘れられないというツイートに「あるある」
僕もてっきり甘いと思っていました。(2022/6/14)

JR東海が普通回数券を9月末に販売終了 「ポイントサービスがないから実質値上げ」の声も
JR東日本と同時期に販売を終了します。(2022/6/13)

「俺ってシャンプーしたっけ?」を絶対に起こさない“ど忘れ対策”が斜め上すぎ これは確かに忘れないけどさ……
筆者はコンディショナーを流し忘れたことがあります。(2022/6/18)

「学校の謎ルール、パソコン室で消しゴム使用禁止、なぜできた?」 寄せられた声から導き出された答えとは……?
形骸化したルールには、過去に起きたなんらかの要因があるのです。(2022/6/4)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
東海道線と東海道本線ってどっちが正解? 山手線の「山手」って何なの? 実は楽しい「鉄道路線のお名前」の謎
知らなくても困らないけど、知ると何だか乗りたくなってくる「鉄道路線名」のお話をどうぞ。40代以上の皆さん、覚えてますか……?「E電」。(2022/6/2)

「掃除終わりました」「まだ三分余っているぞ」 小学校の掃除の時間、“頑張ると損をする”のは理不尽では? という話
しっかりやっているのですが……。(2022/5/28)

「脱毛しろ!」「転職しろ!」「毛を生やせ!」「結婚しろ!」――電車広告からの圧がすごすぎる
「うるせー!」って言いたくなる。(2022/5/28)

自動車学校の卒業式で教官から言われた一言「皆さんこれで、時刻表から解放されましたね」に共感の声
地方の人なら納得しかない。(2022/5/22)

自治体が本気で取り組むマーケティング活動 「メンマ爆売れ」の裏で市役所職員は何を仕組んでいたか
最先端のマーケティング施策を自治体が駆使することは可能だろうか。福岡県糸島市が示したのは、データを駆使すれば街の活性化は不可能ではないという事実だ。(2022/5/26)

普通とはいったい何だ!? 三陸鉄道で「“超”普通列車」運行 “ほぼ”全駅に3分以上停車する全駅探訪ツアー登場
途中駅をゆっくりじっくり楽しみたい人へ。(2022/5/11)

「地理的条件」が重要:
国鉄最後のSLから40年以上、成功している「SL運行」の共通点は
多くの鉄道会社がSLを運行する中、成功しているSL運行に共通していることとは。苦難を乗り越えながら持続している車両を見てみると……。(2022/5/11)

「ついにJR東日本もか」「Suicaエリア外でも廃止」 JR東日本、普通回数券の販売を9月末に原則終了へ
新幹線に続いて在来線でも廃止に。(2022/4/26)

3G停波で注目の「スマホ教室」 自治体連携を進めるソフトバンクが抱く課題とは
スマートフォン初心者を対象としたスマホ教室のニーズは年々高まっている。携帯キャリアはキャリアショップで「スマホの使い方教室」を展開しており、ソフトバンクは「スマホアドバイザー」を各店舗に配置している。スマホ教室参加者に話を聞いてみると、「スマホにしない理由」は人それぞれだった。(2022/3/30)

4月から:
特急料金がさらに細かく! JR東などが「最繁忙期」を新設した本当の狙いは
JR東日本、JR西日本、JR北海道は4月1日乗車分から、シーズン別の指定席特急料金を改定する。既存の「繁忙期」「通常期」「閑散期」に加え、「最繁忙期」を新設。どんな狙いがあるのだろうか。(2022/3/26)

銚子電鉄にJR西日本が協力! 銚子電鉄の無人駅に設置された新案内端末「Scomm.」とは
無人駅でも最新情報が分かるようになって安心です。(2022/3/22)

お尻の覚悟を……! 片道6時間半「日本最長の路線バス」を忠実再現する鬼のバスツアーが再登場
停留所数がやばいっす……。(2022/3/14)

ヤフーの経路検索アプリ、春のダイヤ改正に対応 減便や終電繰り上げも
ヤフーは28日、スマートフォン用の乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」を始め、地図アプリ「Yahoo! MAP」(どちらもiOS、Android)、ブラウザ版「Yahoo!路線情報」「Yahoo!地図」が鉄道各社の2022年春のダイヤ改正に対応したと発表した。(2022/2/28)

サイゼリヤのメニュー番号を駅案内図にした結果がそれっぽい 「前菜線」「パスタ線」「肉料理線」「デザート線」が誕生
え〜次の停車駅は「ムール貝のガーリック焼き」。(2022/2/28)

九州人気企業がDXで生産性20%UP 「いまだにIT化と混同している人が多い」
システム開発会社「YE DIGITAL」は、就活学生の九州・人気企業ランキングに顔を出すなど注目度が高まっている。同社はDXかにより生産性を20%向上。DXによる情報管理が今までできなかったことを可能にする秘訣(ひけつ)という。(2022/2/28)

神戸「柿の葉寿司」(1200円):
福知山線の小さな駅・生瀬で、なぜ「駅弁」が成立したのか 神戸駅弁・淡路屋
かつて時刻表の一部駅に記されていた「弁」マーク。兵庫県の福知山線・生瀬駅もその1つでした。これはどんな意味だったのでしょうか?(2022/2/6)

東京メトロが導入:
公共交通の「密」を回避 AI使った混雑予測サービス、日立が開始
日立は、列車やバスなどの乗客需要や混雑度合いを分析する公共交通事業者向け「人流予測情報提供サービス」を発表した。運行計画・管理や保守業務などに活用できる他、公共交通利用者の「密」を回避した快適な移動を支援し、顧客サービスの向上に貢献する。(2022/1/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界初! 道路も線路も走る「DMV」が登場して、何が変わろうとしているのか
2021年12月25日、徳島県と高知県を結ぶ「阿佐海岸鉄道」で、鉄道と道路を直通できるDMV(デュアル・モード・ビークル)の運行が開始された。旅客用としては世界初の実用化で、国内外から多くの乗りもの好きが訪れるだろう。しかし観光地になるためには、まだまだやるべきこともたくさんあると感じた。(2022/1/7)

何分後にバスが来るかリアルタイム表示するミニ液晶が便利そうで話題に 「無料化より利用者増えそう」
端末本体は5000円で買えます。本体だけは。(2021/12/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2021年乗って良かったクルマ
年末恒例の乗って良かったクルマだが、2021年の新型車のデビューは、マツダは1台もなし、スバルはBRZがあるけれども、来年のエントリーにしたい。もちろんGR86も同じ。スバルWRX S4は公道で乗っていない。結局は、トヨタのMIRAIとランドクルーザー、アクアとカローラクロスというトヨタ大会になってしまった。どれも数日以上借り出して、1000キロくらいは走ってきた。(2021/12/13)

あの「防災地下神殿」への無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行 春日部駅から
これは行きたくなる……!(2021/12/1)

首都圏外郭放水路:
埼玉の“地下神殿”を巡回する無料バス、東武系バス会社が運行 新たな観光需要創出へ
東武グループの朝日自動車(東京都墨田区)は12月1日、“地下神殿”と呼ばれる首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)への無料巡回バスの運行を期間限定で開始した。(2021/12/1)

巨大“防災地下神殿”行き無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行
朝日交通は30日、埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」と春日部駅などをつなぐ無料巡回バスを期間限定で運行すると発表した。(2021/11/30)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
持ち運べる喜びを――ホームルーターをUQ WiMAX+5Gとpovo2.0で使ってみた
大手キャリアが相次いでリリースした5G対応のホーム(ワイヤレス)インターネットサービスは、利用できる場所に制限が掛かっています。一方で、UQコミュニケーションズの「WiMAX+5G」には設置場所制限がありません。持ち運んで使うついでに、povo2.0でも使ってみることにしました。【訂正】(2021/11/18)

1回10円! 行き先は運まかせ!! 「広島10円きっぷ」で未体験ゾーン入りまくりの旅ガチャしてきた
広島でも魅惑の“ミタイケン”旅くじ! 何と「10円」ですよぉぉ! 10円で「新幹線にも」乗れちゃうかもですよ……!!(2021/11/9)

阪急、電車・バス運行情報の新アプリ「阪急沿線アプリ」をリリース 他社相互連携を拡充
これで、阪急、阪神、近鉄、南海、JR西日本の各社アプリが相互連携されるようになりました。(2021/11/2)

「WEST EXPRESS 銀河」山陽方面への運行が決定 2022年1月から昼行で大阪〜下関間
山陽に再び!(2021/10/15)

列車が「大遅延する」より、「早く出てしまう」方がダメってホント?
日本の鉄道の時間正確性は世界一ぃぃぃ! それを支える法令の1つです。(2021/10/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
面白そうな場所ができていた 京阪電鉄「なにわ橋駅」のB1
京阪電鉄の中之島線「なにわ橋」の改札外コンコース「アートエリアB1」は、駅構内の遊休空間の興味深い事例だ。京阪電鉄、大阪大学、NPO法人ダンスボックスが共同で運営。改札口の隣。大阪の中心部にアーチストや学識経験者が集う、なにやら面白そうな場所ができた。多才な人々が集まり、新しいコトが起こるかもしれない。(2021/10/1)

「世界最短の航空路線に乗ってみた」海外YouTuberの動画が衝撃 本当に近すぎてあっさり到着してしまう
飛行時間はたったの……1分31秒。は、早〜!(2021/9/2)

全国の温泉&銭湯を網羅した地図サイト「ゆる〜と」が便利 個人運営とは思えない情報量に「神」「なぜ今まで知らなかったのか」
バス路線まで網羅。(2021/8/23)

「情報量が濃すぎて胸焼けしそう」──個人が作った温泉マップに大反響 趣味で始めて7年間、開発に「5500時間以上」
個人が約7年かけて全国の温泉施設やバス路線情報をまとめた地図サイトが話題だ。約3万6000カ所の宿、約1万5000カ所の温泉、約25万カ所のバス停を網羅。作者のjohndoeさんによると、もともとは「趣味の登山で使うバスを探すために作ったもの」だという。(2021/8/20)

イケメン鉄オタ・伊藤壮吾、東京メトロの「スジ屋さん」を直撃して深〜いテツ話を炸裂 またガチッぷりを見せつける
伊藤さん、詳しすぎ……!(2021/8/12)

JR線、意外と知られていない「幹線」と「地方交通線」の違いのお話
「運賃」が違うのですが、それはなぜなのでしょう。(2021/8/11)

テクノロジーで着実に進む「MaaS」変革 私たちの“移動”を変える3つのアプローチ
人の移動を変える「Mobility as a Service」の世界。日本国内で検討されている「大都市型MaaS」「郊外型MaaS」「観光型MaaS」の実例を解説。(2021/7/30)

月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「急行列車」(3):
「は!? なんで?」えちごトキめき鉄道の独特なダイヤ 急行は「急いで行かない」の意味だった!?
えちごトキめき鉄道の「急行」には2つの意味があります。え? 「急いで行かない」なの……?(2021/7/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

どんな不満があるのか:
車通勤のデメリット 3位「事故の危険」、2位「費用」、1位は?
車通勤のメリットとデメリットは何か? 車通勤の経験がある500人に聞いたところ、デメリット1位になったのは……。(2021/7/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

ニコニコ大百科「羽田空港と成田空港を間違えた人」が“ネットの良心”に満ちた構成で称賛の声 記事作者に話を聞いた
インターネットの良心はここにあり。(2021/6/24)

0系新幹線にそっくり!?!? ソ連がつくった高速列車のマニアなお話
似てる? 似ていない? やっぱり似てる……!!(2021/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。