ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「渋滞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「渋滞」に関する情報が集まったページです。

悪質ドライバーの入れ食い 渋滞している高速道路の緊急車線を駆け抜けていくクルマ その先で待ち受けていた警察が一網打尽
渋滞しているからってダメなものはダメ。(2021/6/4)

藤森慎吾、ヨンフォア走行中に同好の士と奇跡の出会い 旧車が並ぶレアな光景に反響「カッコいいが渋滞」
藤森さん持ってるなぁ。(2021/3/19)

価格は1100万円:
ホンダ、初の自動運転レベル3搭載「レジェンド」発表 渋滞時にシステムが運転操作
ホンダは、自動運転レベル3の技術を搭載した新型「レジェンド」を発表した。世界で初めてレベル3に適合する技術として型式認定を受けたシステムを搭載。100台限定でリース販売し、自動運転技術の発展に向けた一歩とする。(2021/3/4)

「PUI PUI モルカー」初の絵本が4月発売 衝撃の第1話「渋滞はだれのせい?」をストーリーブックに
ポテト大活躍回が絵本で楽しめる!(2021/2/17)

猫6匹がヒーターの前で大渋滞 ぎゅうぎゅうであたたまる猫たちがかわいい
ほっかほか。(2021/1/30)

導入事例:
「テラスモール松戸」に入出庫待ち渋滞を解消するAIシステムを導入、館内やHPで混雑を見える化
住商アーバン開発が千葉県松戸市で運営する大型ショッピングモール「テラスモール松戸」に、駐車待ち渋滞を車検知カメラとAI画像解析で解消する新サービスが導入された。(2020/12/29)

AIが立体駐車場の待ち時間を予測 駐車場内のカメラ画像を解析 渋滞緩和目指す
住商アーバン開発が運営する複合商業施設「テラスモール松戸」(千葉県松戸市)に、立体駐車場の待ち時間をAIが予測するシステム「入出庫時間表示サービス」が導入された。待ち時間を可視化し、交通渋滞の解消を目指す。(2020/12/10)

納得できるけど納得できない! 渋滞時の心境を描いた漫画に「分かりすぎる」の声
渋滞してるのに右車線ががら空き、思わず移りたくなりますが……。(2020/10/26)

レジ待ち渋滞も解消:
“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る
イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。(2020/10/22)

エッジコンピューティング:
AIエッジコンピューティングで害獣対策や渋滞対策、OKIがコンテスト開催
OKIは2020年9月29日、AIエッジの社会実装拡大に向けて「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト」を開催。共創パートナー19社によるソリューションの開発成果と、その内容の表彰を行った。(2020/10/8)

ワンコのきれいな二度見に「声出して笑った」 3匹の猫たちに見つめられたワンコのリアクションが面白い
面白いとかわいいが渋滞してる……!(2020/10/1)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(31):
「ゼロトラスト」を理由に閉域網を捨てるのは間違い
コロナ禍で在宅勤務が急増した結果、ゼロトラストへの関心が高まっている。ゼロトラストを採用した企業ではテレワークが急増しても「VPN渋滞」にならなかった、などとニュースなどで紹介されている。ゼロトラストでは「企業ネットワーク=閉域網」の在り方はどうなるのだろう?(2020/8/31)

スバル、高速道路の渋滞で手放し運転できる「アイサイトX」を公開 新型レヴォーグの先行予約開始で
SUBARUが新型レヴォーグの先行予約開始にあわせ、運転支援システムの新バージョン「アイサイトX」の詳細を公開した。(2020/8/20)

カーナビタイムの「渋滞マップ」、過去最大1年分の渋滞情報を確認可能に
ナビタイムジャパンは、カーナビアプリ「カーナビタイム」の「渋滞マップ」へ過去の渋滞情報を確認できる機能を追加。これまで過去の情報は1時間前までしか見られなかったが、1年前までの渋滞情報を見られるようになる。(2020/8/14)

App Town ナビゲーション:
ナビタイムの「渋滞情報マップ」、規制や通行止めを音声で知らせる「ハイウェイアラート」開始
ナビタイムジャパンは、iOS向けアプリ「渋滞情報マップby NAVITIME」で高速道路の道路交通情報を音声で知らせる「ハイウェイアラート」機能を開始。突発的な通行止め発生/解除や、ランプ/入口/出口の閉鎖情報を提供する。(2020/8/6)

「最強姉妹」「何回も見ちゃいました」 香里奈、姉・えれなとのハイテンション“えれかり”動画で美が渋滞
元気ありあまってる。(2020/8/2)

新工法:
大林組、工事渋滞を抑制する床版取替工法「DAYFREE」
大林組は中日本高速道路と共同で、床版取替工事の施工ステップを分割し、交通量が少ない夜間の車線規制のみで工事が可能な新工法「DAYFREE」を開発した。(2020/7/9)

「ジャンプのプロは違うわ」「可愛いの大渋滞」 フィギュア本田三姉妹がYouTubeデビュー、3人で“二重跳び300回”にチャレンジ
わちゃわちゃな3姉妹に癒やされる。(2020/6/20)

産業動向:
NEXCO中日本がラバーポールを活用して渋滞を緩和し、損失時間を3割削減
NEXCO中日本 名古屋支社は、ラバーポール区間を延伸することで、名神高速道路上り線の一宮ジャンクション付近で発生していた渋滞を緩和した。今回の取り組みは、他の車線でも将来的に導入することを見据えている。(2020/5/21)

プロジェクト:
日本工営がインドの大型建設プロジェクトを3件受注
日本工営は、インドのチェンナイで、課題になっている交通渋滞の慢性化を解消する大型建設プロジェクトに着手した。(2020/4/27)

ポテトチップス「しあわせ胸キュンバタ〜 初めてのティラミス」って要素が渋滞してない? カルビーとロッテのコラボが斜め上すぎる
夢のコラボだけど……まったく想像がつかない。(2020/4/15)

「自分たちもわからない」「脳みそが渋滞」 丸山桂里奈&沙羅、変顔ショットがまるで双子のようなクオリティー
一瞬どちらか分からない。(2020/3/11)

あーいけませんその組み合わせは美しすぎます! 橋本環奈と池田エライザがプライベート2ショット公開で“美”が大渋滞
すごい組み合わせ。(2020/2/28)

「ファスナー合流」に効果あり 高速合流の渋滞改善、NEXCO中日本が実証結果を報告
規則正しく1台ずつ交互に。ほらそこー、いじわるして車間を詰めないように。(2020/2/28)

ワンコで大渋滞! 大興奮のゴールデンレトリバーがプールではしゃぎまくり
大興奮です。(2020/2/14)

99台のスマホを運ぶ謎の男性 Googleマップで仮想交通渋滞を作り出す動画が話題
アプリでは大混雑ですが、現実世界ではガラガラです。(2020/2/4)

Googleマップの交通状況をカートに積んだ99台のスマホでハック 独アーティストが作品として披露
ベルリンのアーティストが、位置情報をオンにした99台のスマートフォンをカートに積んで引っ張り回し、Googleマップに「仮想渋滞」を作り出す作品を発表した。Googleは「改善に繋がるので感謝する」とコメントした。(2020/2/4)

「かわいいが渋滞」「お子さん喜んでましたか?」 佐々木希、ミニオン帽子を被った“お忍びUSJ”ショットに反響
しかしかわいい。(2020/2/1)

KDDI、2020年夏季期間に社員最大7000人がテレワーク実施へ
KDDIは、首都圏交通渋滞の緩和と働き方改革への取り組みの一環として、2020年7月27日から8月7日の間、テレワークや時差出勤の推奨、年次有給休暇取得を促進すると発表した。(2019/12/26)

ナビタイム、観光バスドライバー向けに「バスカーナビ」提供
ナビタイムジャパンは、12月17日にAndroid向け観光バス専用カーナビアプリ「バスカーナビ」をリリースした。観光バスドライバー向けに大型バスの交通規制などを考慮したルート検索やナビゲーションが可能で、リアルタイムの渋滞情報も考慮する。(2019/12/17)

1時間前の人口分布、10分ごとにドコモが提供 飲食店の需要や道路渋滞を予測
(2019/12/4)

最短1時間前の人口分布をリアルタイムで表示 NTTドコモが2020年に開始へ
NTTドコモは、統計情報提供サービス「モバイル空間統計」で、新たに「国内人口分布統計(リアルタイム版)」の提供を開始する。最短1時間前の人口が10分ごとに分かり、需要予測や渋滞予知をより緻密に把握できるようになる。人口分布を直感的に表示する「可視化システム」も併せて提供する。(2019/12/4)

ドローン:
ドローンを活用した橋梁点検サービス、デンソーが開始
デンソーが、同社のドローンを活用した橋梁点検サービスを開始する。現在、目視で実施している橋梁点検の一部をドローンによる撮影に替えることで、危険な作業や点検車使用による交通渋滞を減らす。さらに撮影画像の解析や調書作成まで支援する。(2019/11/14)

モバイル版「Googleマップ」に新しい事故報告機能 iOSでもネズミ捕り報告が可能に
iOSおよびAndroid版「Googleマップ」のナビで報告できる問題の種類が増え、従来の「渋滞」「スピード違反取締」に加え、工事中、車線閉鎖、障害車両、道路上に破片などの物体があるという項目が追加される。(2019/10/18)

ナビタイムやJapan Taxi、2020年1月に東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始
ナビタイムジャパンらは、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始。交通渋滞の解消や交通不便地域での快適な移動、観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上に対する機能を搭載した多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。(2019/10/11)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(20):
Windows Updateで大渋滞のフレッツ網、自衛策は?
2019年8月29日午前、Windows Updateに起因するフレッツ網の輻輳で、企業ネットワークは端末のタイムアウトなど大きな被害に遭った。このような場合、輻輳が収まるのを待ち続ける以外に対策はないのだろうか。(2019/9/24)

どのルートもたまらんな……! 「おっさんずラブ」田中圭&林遣都&志尊淳&金子大地、イケメン4人の“浴衣デートなう”がトキメキ大渋滞
全員とデートしたい。(2019/8/21)

AIで未来の渋滞状況を予測 NTTデータが「乗換MAPナビ」で実証実験
NTTデータはAIを活用して1時間後までの高速道路渋滞を予測し、「乗換MAPナビ」上で情報を表示する実証実験を始めた。予測の有効性を検証すると同時に、アンケートの実施でユーザーのニーズを探る。(2019/8/9)

最新の道路状況を基にAIで渋滞予測し、Android向けアプリへ提供 NTTの実証実験
NTTデータは、VICSによる最新道路状況に基づいてAIが予測した、高速道路の30分後と60分後の渋滞予測情報をエムティーアイの交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」向けに提供する。(2019/8/9)

首都高、「渋谷入口(下り)」「小松川JCT」2019年内開通へ 渋滞緩和、時短効果に期待
混雑する都心環状線(C1)を回避しやすくなります。(2019/8/8)

大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」
2014年にイスラエルで起きたハッキングを例に、AIとサイバーセキュリティの関係について考える。(2019/8/5)

エアコン前が猫で大渋滞! 今年初のエアコンを付けたときの猫家族の反応が面白い
エアコンの魔力は猫ちゃんにも勝る。(2019/8/4)

AI:
NEXCO中日本、AIを活用した渋滞予測の技術開発に着手
NEXCO中日本がAIを活用した渋滞予測の技術開発に着手。2019年のお盆に渋滞予測を行い、結果の検証と予測精度の向上を目指す。(2019/7/23)

飼い主の足が子ネコで大渋滞! 何度降ろしてもめげずに登る子ネコ3匹の動画が幸せの無限ループ
癒やされる。(2019/7/16)

迫りくるお尻にたじろぐネコ! カーテンレールで渋滞するネコちゃんたちの攻防が激しくも愛らしい
遠慮のなさもネコのかわいさよ。(2019/7/7)

「Googleアシスタント」が「Waze」でも利用可能に
Googleの音声アシスタントがナビアプリの「Waze」で使えるようになった(まずは米国で)。運転中に画面をタップしたりせずに渋滞情報などを確認できる。(2019/6/11)

海でも「渋滞」は起きるのか?
そんな光景見たことない。(2019/5/24)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(4):
新設「鈴鹿PAスマートIC」がキモ 今後数年は使える「新・鈴鹿サーキット渋滞回避テクニック」
さぁSUZUKAへ行きましょう〜。鈴鹿PAのトイレも「必聴」ですよ。(2019/5/23)

高速道路「手放し運転」に対応 美しい上級クーペ「BMW・8シリーズ」にクリーンディーゼル搭載モデル
自動運転レベル2の「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」、2019年夏以降に。(2019/5/21)

「かわいいが大渋滞」「みれまゆ最強」 桐谷美玲&河北麻友子、 “超小顔コンビ”がお泊りディズニーを大満喫
みれまゆは投稿のタイミングまで一緒。(2019/5/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。