ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「公共交通機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公共交通機関」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

依然進まず:
「便利にはなるけれど、まだ先の話」多摩地区の交通網整備
都内の区市で唯一、鉄道の駅がない武蔵村山市。延伸されればモノレールの北側の終点、上北台駅からJR八高線箱根ケ崎駅までの約7.2キロの区間がつながり、同市を横切るように通る。が、しかし……。(2020/7/3)

LINE上で動く「ミニアプリ」、登録受け付けスタート 注文アプリなどLINE内に集約
LINEが「LINE」アプリ上で企業が自社サービスを展開できるWebアプリケーション「LINEミニアプリ」の登録を受け付け始めた。(2020/7/2)

今日のリサーチ:
「ソーシャルディスタンス」「リモートワーク」他 世界のSNSにおけるコロナ関連キーワードの話題量推移
コロナ禍でソーシャルメディア接触時間は増えているのは世界共通の現象です。世界の人々は何を話題としているのか。そこから私たちが読み解くことのできる次の潮流とは何か。(2020/6/22)

開発者には「ノートPC」ではなく「デスクトップPC」の理由【後編】
ノートPCより「デスクトップPC」を買いたくなる人間工学、セキュリティ的理由
ノートPCが普及した今でもデスクトップPCが残り続けているのには、それなりの理由がある。デスクトップPCを選ぶことで得られるメリットとは何か。(2020/6/21)

和歌山がバイク普及率全国一、理由は道路事情だけじゃない
 梅やミカンの収穫量が全国一の和歌山県が、オートバイ・スクーターの普及率でも都道府県で1位の座を維持し続けていることはあまり知られていない。平成に入ってから行われた国による6回の調査では、1台以上所有する世帯の比率が30〜50%台にも達し、毎回2位以下に大きく差をつけている。その背景には、山がちな地形や道の狭さ、雪があまり降らない温暖な気候、農作業との関係などさまざまな事情がありそうだ。(2020/6/18)

カラーユニバーサルデザイン対応:
ローム、1608サイズで高信頼の青緑色LEDを開発
ロームは、外形寸法が1608サイズで、特殊波長の青緑色チップLEDを開発したと発表した。多様な色覚に配慮したカラーユニバーサルデザイン対応機器に向ける。(2020/6/17)

「Googleマップ」にダイヤ変更などの交通機関アラートや混雑状況表示などの新機能
「Googleマップ」のモバイルアプリに交通機関利用に便利な複数の機能が追加される。新型コロナの影響でダイヤが乱れ、三密を避けたい今、活用したい。(一部は日本でまだ利用できない。)(2020/6/9)

プライバシーとクラスター分析を両立させるには:
新型コロナ対策「接触確認アプリ」はどう生かす? 日本テラデータが語る中国の事例から読み解く
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として日本でも開発、導入が進められている「接触確認アプリ」。さまざまなデータを収集、分析し感染拡大防止に役立てている中国の事例紹介から、日本では接触確認アプリをどう活用すればよいのかを読み解く。(2020/6/3)

成功したのに低い評価:
不思議の国ニッポン? コロナ第1波封じの「謎」追う海外メディア
緊急事態宣言の解除に伴い、新型コロナウイルスの感染拡大を外出の自粛や休業要請という“お願いベース”で封じた日本の対応を「ミステリー」とみなし、成功の秘訣(ひけつ)を解き明かそうとする海外メディアの報道が相次いだ。(2020/6/1)

製造マネジメントニュース:
COVID-19で二輪車に注目集まる、通勤手段や物流に、先進国でも
ヤマハ発動機は2020年5月29日、2020年12月期第1四半期(2020年1〜3月)の決算を発表した。売上高は前年同期比7.8%減の3959億円、営業利益は同29.2%減の254億円、当期純利益は同66.1%減の96億円で減収減益となった。(2020/6/1)

逆境の最中、斬新な試み:
このままでは潰れる! 小規模ホテルが挑む「シェルター事業」とは
新型コロナの感染拡大を受けて、ホテル業界が苦戦している。そんな中で、斬新な取り組みをしている会社がある。株式会社CHILLNNだ。同社が始めた、自宅にいることが安全でない人々に向けた「ホテルシェルター」とは……?(2020/5/29)

モビリティサービス:
小田急がMaaSに取り組むのは、持続可能な街づくりのため
スマートドライブは2020年4月28日、オンラインセミナー「Mobility Transformation 2020」を開催した。次世代モビリティに関するセッションでは、小田急電鉄 経営戦略部 課長 次世代モビリティチーム統括リーダーの西村潤也氏がスマートドライブ CRO レベニュー責任者の弘中丈巳氏とともに登壇。(2020/5/28)

電子署名、契約書管理……コロナでリーガルテックベンチャー脚光
電子署名や契約書管理など、法務分野の課題をITで解決する「リーガルテック」ベンチャーのサービスが脚光を浴びている。(2020/5/27)

今後は週1〜3日の在宅勤務へ:
「指先ではなく第二関節の背面やハンカチを」 GMOインターネットグループが発表した「新しいビジネス様式」とは?
GMOインターネットグループが「新しいビジネス様式」を発表した。ボタンや手すりに触れる際には「指先」ではなく第二関節の背面やハンカチを使うよう指南しているなど、感染防止のために必要な取り組みを盛り込んでいる。(2020/5/26)

5Gビジネスの神髄に迫る:
なぜ5Gのエリアは劇的に狭いのか? キャリア各社の5Gエリア整備計画を確認する
国内でもキャリア各社の5G商用サービスが始まったが、5Gを利用できるエリアは非常に狭い。その大きな理由は、5G向けの周波数が高く障害物に弱いこと、衛星通信との電波干渉を受けてしまうこと。そんな中で、キャリアはどのような計画で5Gエリアを広げていくのだろうか。(2020/5/26)

働き方の「今」を知る:
テレワークを阻む「ハンコ文化」は政府の“太鼓判”で消え去るのか?
新型コロナの影響で導入が進むテレワークだが、それでも出社しないといけない環境を生み出しているのが「ハンコ」だ。もともと、無駄が多く生産性の低い「日本的」な労働慣行の代名詞でもあったハンコだが、従業員の感染リスクを減少し、生産性を高めるためにも官民でようやく「電子化」の機運が高まり始めている。(2020/5/20)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
トヨタホンダのトップが考える、「アフターコロナと移動の在り方」
小さなマイカーが普及できるような、運転免許と税制が今こそ必要。(2020/5/14)

プロジェクト:
三井不動産が海外で初の賃貸ラボ・オフィス事業に参画
三井不動産はこのほど、2019年5月から国内で展開していた賃貸ラボ・オフィス事業で、ライフサイエンス分野の研究開発が旺盛で成熟した市場を形成している米ボストン市に進出することを決定した。(2020/5/11)

「PCR検査を受けて陰性だった」体験描く漫画がためになる 意外な教訓「トイレはあらかじめ自宅で済ます」
感染の可能性がある場合、よそのトイレはおいそれと使えないわけで……。(2020/4/30)

「沖縄路線6万人」の真相は? GWの予約、航空会社が困惑
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、GW中の移動を制限する声が強まっている。そんな中で、沖縄行きの航空チケットをみると……。(2020/4/28)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
望遠カメラが独特の「Galaxy S20 5G」 AIで撮り放題の「シングルテイク」も面白い
「Galaxy S20 5G」はトリプルカメラを搭載しているけど、望遠カメラの画角が広角並みの28mm相当。1200万画素のセンサーに2倍の望遠レンズを付けるのではなく、新しく6400万画素のセンサーに広角レンズを付けて望遠用にしているのだ。新機能の「シングルテイク」も試した。(2020/4/27)

プロジェクト:
日本工営がインドの大型建設プロジェクトを3件受注
日本工営は、インドのチェンナイで、課題になっている交通渋滞の慢性化を解消する大型建設プロジェクトに着手した。(2020/4/27)

14施設で実施:
HIS「変なホテル」で通勤者向け「感染リスク軽減プラン」 1泊2000円で提供
H.I.S.ホテルホールディングスは、ロボットなど最新設備を導入する「変なホテル」で「感染リスク軽減プラン」の提供を始めた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、通勤せざるを得ない人を支援する。関東や関西などにある14施設で実施する。(2020/4/24)

技術系や管理系の職種では「テレワークに代わる施策が必要」:
「生産性と満足度は正の相関関係にある」 三谷産業が従業員を対象にテレワーク調査
三谷産業は、同社の社員を対象にテレワークに関する調査を実施した。テレワークに満足している人は3割で、満足度が高い人は生産性も向上している傾向にあった。個人に合った働き方を実現させるきっかけとして、テレワークを好意的に受け止めている人が多いようだ。(2020/4/24)

製造マネジメントニュース:
4月27日から自動車メーカーは休業状態に、新型コロナの感染拡大防止で
日系自動車メーカー各社が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により国内拠点の生産調整や休業を相次いで発表している。従業員や地域への感染防止のため長期連休前に休業に入る他、需要減退を受けて2020年5月の稼働も絞る。(2020/4/23)

産業動向:
5Gを活用した次世代スマートモビリティで遠隔操作実験、テムザック
テムザックは、5Gによる次世代スマートモビリティ「RODEM(ロデム)」の遠隔操作実験をけいはんな学研都市にて実施した。ラストワンマイルの課題解決に向けて新たな移動手段として活用する。(2020/4/22)

タクシー相乗りサービスのnearMe.が少人数制専用車「通勤シャトル」開始
「それでも出勤しなければならない業種、職種の人」を支援します。(2020/4/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電車を止めよう――勇気を持って主張したい、3つの理由
緊急事態の今、感染拡大を食い止め、医療と社会を立て直すために必要なのは、電車を止めることだ。そこまでするべき理由は「感染」「名誉」「経営危機」の3つ。大変なことではあるが、「通勤を止める」「生活費を支給する」方法がないわけではない。(2020/4/17)

ポスト・コロナの「新たな常識4つ」
人口の95%が「ロックダウン」状態にあるアメリカだが、早くもあれこれと「コロナ後の世界」に関する予測が飛び交っている。そのうちのひとり、トロント大学リチャード・フロリダ氏の見解に大いに興味をひかれたので要約してみた。(2020/4/16)

ソフトバンク、AI清掃ロボットと“清潔度”診断サービスを無償提供 医療や小売店などの生活インフラ支援で
ソフトバンクロボティクスは、AI清掃ロボット「Whiz」と、「施設清潔度診断サービス」を無償で提供すると発表した。清掃員や緊急事態宣言発令後も営業している施設での清掃を支援する。(2020/4/15)

Apple、COVID-19対策支援のため、モビリティデータを利用可能に
日本を含む、世界の主要都市の状況がつかめる。(2020/4/15)

最大で3カ月:
ガリバーが1万人にクルマを無償提供 新型コロナの影響で「移動を必要とする」全ての人が対象
新型コロナ関連で移動が必要になった1万人にクルマを無償提供。ガリバーの店舗と運営会社の関連施設で借りられる。(2020/4/14)

「XR」仮想空間と現実 5Gで融合
本格商用サービスが始まった第5世代(5G)移動通信システムを活用した、現実空間や仮想空間を楽しむ「XR」技術への期待が高まっている。(2020/4/14)

製造マネジメントニュース:
新型コロナ対応で自動車4団体、技術や人材を守る“互助会的ファンド”創設へ
日本自動車工業会(自工会)と日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会、日本自動車機械器具工業会は2020年4月10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、医療への貢献や日本経済の維持に向けた自動車産業の役割について説明した。自工会 会長の豊田章男氏(トヨタ自動車 社長)がWeb中継で語った。(2020/4/13)

「恐れるべきは恐怖それ自体」 緊急事態宣言で総理がSNSデマへの注意呼びかけ 地方への移動も「厳に控えて」
トイレットペーパーデマの経験を繰り返さないように。(2020/4/7)

緊急事態宣言、7日にも発出へ 7都府県で1カ月目安に
安倍首相が会見で明らかに。(2020/4/6)

MLCC生産拠点「納期への影響はない」:
村田製作所、新型コロナ感染で福井の工場を3日間停止
村田製作所は2020年4月5日、同社子会社の福井村田製作所の拠点で、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した従業員が1人確認されたと発表した。同社は、同月5〜7日の期間、同拠点の操業を停止し、従業員約5500人を自宅待機にする。この拠点では主にMLCC(積層セラミックコンデンサー)を生産しているが、同社は「在庫は十分あり、顧客の納期への影響はない」としている。(2020/4/6)

あらかじめ行動を決めておく“タイムライン防災”で新型コロナ対策 小さな町のチャレンジに注目
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大阪府河南町の「タイムライン防災」が注目を集めている。もともと土砂災害などを想定して作った防災計画を、新型コロナウイルス対策にも生かそうとしている。(2020/4/6)

Google、新型コロナが人の動きに与える影響を視覚化 「ロケーション履歴」データで
Googleが、新型コロナで人の動きがどう変わったかを視覚化する「COVID-19 Community Mobility Reports」を公開した。位置情報機能「ロケーション履歴」を有効にしているユーザーの匿名化したデータを基にしており、日本を含む130の国と地域の状況を見ることができる。(2020/4/4)

モビリティサービス:
トヨタNTTの“がっかり”提携会見、その背後にある真の狙いとは
2020年3月24日、トヨタ自動車とNTTが資本業務提携についての記者会見を開いた。主要な題目はスマートシティービジネスとなっていたが、両社の説明は具体性に欠け“がっかり”させる内容だった。今回の会見の背景にある狙いについて、自動車産業ジャーナリストの桃田健史氏が読み解く。(2020/4/3)

田中将大、アメリカからの帰国公表「責任ある行動をとっていきたい」 ダルビッシュ有は在米決断も理解を示す
現在は2週間の自宅待機中とのこと。(2020/4/2)

メルカリが手放した「メルチャリ」、別会社のもとで「チャリチャリ」に名称変更 福岡市内でエリア拡大へ
ベンチャー企業のneuetが、2019年夏にメルカリから事業承継したシェアサイクルサービス「メルチャリ」の名称を、4月1日から「Charichari」 に変更する。名称変更の理由は「新体制で一層の発展を目指すため」。今後は新ブランドでエリア拡大を進める。(2020/3/25)

結婚式にも新型コロナの影。「延期」「予定通り実施」「まだ迷っている」みんなの判断は?
378人を対象とした調査。カギとなるのは「ゲストの健康」とキャンセル料。(2020/3/24)

製造マネジメントニュース:
2020年のスマートシティー関連支出額は約13兆4000億円規模に
IDC Japanは、スマートシティー関連テクノロジー支出額の予測を発表した。2020年の同分野への支出総額は、前年比18.9%増の約1240億ドル(約13兆4000億円)に達する見通しだ。(2020/3/23)

体当たりッ!スマート家電事始め:
集中力を高めるウェアラブル端末「WEAR SPACE」、使って分かった意外な効果
人の集中力を高めるという画期的なウェアラブル端末「WEAR SPACE」。頭の周りに自分だけの空間を作るアイテムの効果は?(2020/3/18)

半径300メートルのIT:
危機が浮き彫りにしたリスク、火事場泥棒は肩越しにのぞく
「改革していきましょう」と提唱してもなかなか浸透しなかったのが嘘のように、働き方のパラダイムシフトが進んでいます。これまでの常識が通用しない時代でも、普遍的なリスクを忘れないようにしましょう。(2020/3/17)

輸血パックが空を飛ぶ 「アフリカの奇跡」、急激な近代化を果たした小国・ルワンダが進めるICT立国の今
急激な近代化を果たし、「アフリカの奇跡」と呼ばれるに至った小国・ルワンダ。ICT立国を掲げている同国を取材し、どんなIT企業が活躍しているかを見てきた。(2020/3/11)

次世代交通「Maas」 鉄道各社、“稼ぐ力”に工夫の余地
最新のスマートフォンアプリの技術を駆使して、人の移動をスムーズにする次世代交通サービス「MaaS」。JR東日本や東急など鉄道各社がスマホを利用した「観光型」で実証実験を重ね実用化も視野に入れるが、肝心の認知度が低く、普及へのハードルは高い。(2020/3/10)

次世代交通「Maas」 鉄道各社、“稼ぐ力”に工夫の余地
JR東日本や東急など鉄道各社がスマホを利用した「観光型」で実証実験を重ね実用化も視野に入れるが、肝心の認知度が低く、普及へのハードルは高い。(2020/3/10)

産業動向:
建設会社や行政が新型コロナウイルスへの対策を発表、テレワークや消毒液設置などを推奨
国内外で猛威をふるう新型コロナウイルスが建設業界にも影響を及ぼしている。現状での大手建設会社や自治体の関連部署が発表した新型コロナウイルスへの対応策をまとめた。(2020/3/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。