ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年04月17日 11時26分 UPDATE

「Googleカメラ」──一眼レフのようなレンズぼかし効果も出せるAndroidアプリ

Androidの標準カメラアプリの新バージョンがGoogle Playに登場。ユーザーインタフェースが変わり、一眼レフの背景をぼかした写真のような効果を出せる機能「レンズぼかし」が追加された。

[ITmedia]

 米Googleは4月16日(現地時間)、Android版カメラアプリ「Googleカメラ」を公開した。Android 4.4(コードネーム:KitKat)以降に対応する。

 camera 0
 camera 1

 Android端末にプリインストールされている「カメラ」のアップデートという位置付けで、対応する端末でGoogle PlayのGoogleカメラのページを開くと「更新」と表示され、更新するとアイコンも新しいものになる。

 ユーザーインタフェース(UI)がかなり変わり、起動すると画面に「Photo Sphere」「パノラマ」「レンズぼかし」「カメラ」「動画」のアイコンが表示される。これらは左にスワイプすると画面から消える。ズームのレベル表示も円から2本の直線に変わった。

 新機能として、一眼レフのように背景をぼかした写真を撮影できる「レンズぼかしモード」が追加された。カメラを起動すると表示されるメニューから「レンズぼかし」を選んで被写体をフレームに入れて撮影ボタンをタップすると「端末をゆっくり上げて被写体を中央に配置します」と表示される。撮影が終わると画像処理され、編集画面でぼけの深さを編集できる。

 camera 2

 また、パノラマ撮影が高解像度に対応し、“センサーによって最大解像度を取得できる、視野率100%のファインダー”になった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.