ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「画像処理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像処理」に関する情報が集まったページです。

話題のビデオ会議用ツール「mmhmm」を使ってみて「これはいいものだ」と感じた理由
コロナ禍のビジネスシーン向けにEvernote創業者が送り出した、ヘンテコな名前のアプリ「mmhmm」を使ってみた。(2020/8/7)

FAニュース:
光沢のある製品も検査可能、教示ペンダントも不要なAI外観検査システム
住友重機械工業は表面上に光沢のある検査品でも欠陥検出が可能な、独自の画像処理AI(人工知能)アルゴリズムを組み込んだ3D外観検査システム「KITOV-ONE(キトフワン)」の取り扱いを開始した。検査品の撮影画像をアルゴリズムで処理することで、ハレーションが生じた画像からも傷やへこみなどの工夫などが盛り込まれている。(2020/8/6)

AI・機械学習のデータセット辞典:
アクティブに更新され続けている、お勧めの機械学習データセット一覧サイト
「300個以上のデータセットを紹介している大型サイト」「毎週/毎月のようにアクティブに更新されているサイト」という条件に該当するお勧めのデータセット一覧サイトとして「arXivTimes/DataSets」「Awesome Public Datasets」「UCI Machine Learning Repository」の3つを紹介する。(2020/8/5)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(22):
全社テレワークしてから、Windows 10が遅い、重い――情シスに苦情殺到の“VDIの悲劇”はなぜ起こるのか
全社テレワークを検討する企業が増える中「Windows 10の動作が遅くなった」「デスクトップが立ち上がりにくくなった」という声が聞こえてくるようになりました。その原因でよくあるのが、以前からテレワークに活用されてきたVDIです。なぜVDIでWindows 10を動かすと問題が起こるのか? その原因と注意点を解説します。(2020/8/5)

「泥臭い試行錯誤の繰り返しだ」 LINEが“人に寄り添ったAI”に投資を続ける理由 この1年を振り返る
LINE AI DAY基調講演で明らかになった、新型コロナウイルス感染症対策への貢献。(2020/7/31)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
望遠から超広角までトリプルカメラの画質が安定 「OPPO Find X2 Pro」で感じた“進化”
トリプルカメラを持つ「OPPO Find X2 Pro」は、カメラに独特のギミックがあった前モデルから“清く正しく”進化。メインとなる広角カメラに加えて望遠、超広角を利用すれば、撮影の幅もぐんと広がる。気になるカメラ機能をチェックしてみた。(2020/8/5)

ソニー、フルサイズミラーレス「α7S III」 5年ぶりの超高感度モデル、4K120fps動画に対応 背面はバリアングル液晶に
ソニーは7月28日、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S III」(ILCE-7SM3)を発表した。価格は4200ユーロ(約52万円)で、欧州では9月に発売する。日本での発売時期や価格は未定。(2020/7/29)

製造ITニュース:
危険箇所での作業監督や機械故障対応に、遠隔業務支援サービスを提供
キヤノンITソリューションズは、独自の映像、通信技術を活用した遠隔業務支援サービス「VisualBrain」の提供を開始した。高画質の映像や画像を同時共有しながら、双方向でコミュニケーションが取れる。(2020/7/29)

AI関連でいえば半数以上が深層学習に関する特許:
出願数増加の要因は深層学習 特許庁が「AI関連特許出願件数」の調査結果を発表
特許庁は、AI関連特許出願件数の調査結果を発表した。2018年のAI関連特許出願件数は4728件。AI関連出願が増加している最大の要因は深層学習で、2018年にはAI関連出願のうち機械学習関連が85%を占めた。(2020/7/29)

MediaTek、5G対応ミドルクラス向けプロセッサ「Dimensity 720」を発表
MediaTekは、7月28日にミドルレンジスマホ向け5Gプロセッサ「Dimensity 720」を発表。90Hzのリフレッシュレートや、画像処理エンジン「MiraVision」によるHDR10+をサポートする。(2020/7/28)

製品動向:
映像と音声で現場に指示可能なサービス、独自画像システムで映像劣化を防ぐ
キヤノンITソリューションズは、遠隔地にいる管理者が、映像と音声で、現場の作業者に指示が行える遠隔業務支援サービス「VisualBrain」を開発した。独自開発の画像転送処理システムで、映像の劣化を防ぐなどの特徴を有している。(2020/7/27)

FAニュース:
高度な画像検査ができる画像センサー、輪郭マッチング検査で従来比3倍の高速化
パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、画像センサー「SV」シリーズを発表した。一体型画像センサーで約50×70×50mmと小型ながら、業界最高クラスのスピードで、高度な画像処理や検査が手軽に実施できる。(2020/7/17)

スマートファクトリー:
製鉄現場のAI活用、画像×AIで緩衝材不良の検出率85%、過検出0.02%に
NECは2020年7月13〜17日、バーチャルイベント「NEC iEXPO Digital 2020」を開催。本稿では、テーマセッション「ディープラーニングによる異常検知システムの実用化 〜製鉄生産現場の品質向上〜」に登壇した、日本製鉄 名古屋製鉄所 設備部 制御技術室 主査の園田貴之氏の講演内容を紹介する。(2020/7/15)

モビリティサービス:
MaaSを強化するモービルアイ、日本ではバスのウィラーと協業
WILLERとモービルアイは2020年7月8日、日本や台湾、ASEANでのロボタクシーの提供に向けた戦略的パートナーシップを結んだと発表した。(2020/7/10)

Edge Impulse:
TinyMLの簡素化に取り組む米スタートアップ
筆者は最近、TinyML(スマートフォンでも動作可能なほど低消費電力の機械学習)関連の動向について取り上げることが増え、その中でEdge Impulseの名前が頻繁に登場するということに気付いた。Edge Impulseはどのような企業なのか。(2020/7/8)

VR:
BIMに効くワークステーションと外部センサー不要のHMDを開発
日本HPは、BIMやCADのデータ作成をスピーディーに進められるモバイルワークステーション「HP ZBook G7」シリーズと、外部センサー無しで6DoFを実現するヘッドマウントディスプレイ「HP Reverb G2 VR Headset」を開発した。(2020/7/10)

FAニュース:
ロボットの動作制御、位置決めを容易にセットアップできるソリューション
Cognexは、ビジョンガイデッドモーション向けのソリューション「AlignSight Aligment Sensor」シリーズを発表した。部品の取り付けや取り外し、ピックアンドプレース作業など、ロボットの動作制御やアライメントをセットアップできる。(2020/7/6)

製品動向:
OKIが立入禁止エリアへの侵入を防ぐ新システムを開発、可搬型で設置場所の変更も容易
OKIは、建設現場で発生するさまざまな事故を踏まえ、作業員の立入禁止エリアへの入場を防ぐ可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を開発した。(2020/7/6)

人工知能ニュース:
電力効率10倍以上、SLAM処理時間が20分の1のエッジAIチップを開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「ハイブリッド量子化ディープニューラルネットワーク(DNN)技術」「進化型仮想エンジンアーキテクチャ技術(aIPE)」「リアルタイムSLAM処理技術」を開発した。(2020/7/3)

製造業IoT:
パナソニックは新組織で「現場センシング」を推進、2025年度に売上高1000億円へ
パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社が新事業「現場センシングソリューション」の戦略について説明。同事業を推進する新組織「スマートセンシング事業センター」により、現時点の売上高400億円弱を、2025年度に1000億円まで成長させる計画だ。(2020/7/3)

MipsologyとXilinxが協業:
FPGAで“GPU級”のAIアクセラレーター実現を目指す
AI(人工知能)ソフトウェアを手掛ける新興企業Mipsologyは2020年6月24日(米国時間)、Xilinxのデータセンター向けアクセラレーターカード「Alveo U50」に、Zebraが統合されたと発表した。(2020/7/1)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
AppleとIntelが別れる、語られない理由
Appleは、なぜ脱Intelを進めると発表したのか。いろいろな分析が出ているが、ここではAppleが語らなかったある事実を取りあげる。知っている人はみな知っているが、日本語圏のメディアではあまり語られない事実だ。Intelは、もはや世界一の半導体製造技術を持つ企業とは呼べなくなっているのである。(2020/7/1)

ドローン競技会:
PR:モデルベースデザインで学生が鎬を削るドローン競技会、優勝の決め手は何?
モデルベースデザイン環境「MATLABおよびSimulink」で知られるMathWorksが、学生向けのドローン競技会「MathWorks Minidrone Competition」を開催した。共通のドローン機体が貸与され、ソフトウェア開発に専念できることや、予選はシミュレーションだけで行い、決勝でのみ実機体を使うことなどさまざまな特徴がある。主催者のMathWorks Japanに開催の狙いを聞くととともに、第1回大会で優勝した千葉工業大学チームに話を聞いた。(2020/7/1)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ややこしい作業はAI任せの「Luminar 4」が面白い ハデハデ空写真から実用的なフォトレタッチまで
最近、SNSやWeb広告でよく見る「Luminar 4」を買ってみたら、予想以上に面白かった。うたい文句通り、ややこしいテクニックなしでハデハデな写真が作れるし、実用的なフォトレタッチソフトとしても使える。(2020/6/30)

製造現場向けAI技術:
学習なしでキズを抽出、外観検査自動化に貢献するAI機能搭載画像処理システム
オムロンは2020年6月29日、製造現場における外観検査の自動化に貢献するため、「キズ抽出」と「良品判定」の2つに特化した学習済みAI機能を搭載した画像処理システム「FHシリーズ」を同年7月1日から発売すると発表した。(2020/6/30)

目立たないドライバー監視カメラも発表:
OmniVision、140dBのHDR車載イメージセンサーを発表
OmniVision Technologiesは2020年6月25日、140dBという高ダイナミックレンジ(HDR)性能を備えた車載向けCMOSイメージセンサー「OX03C10」を発表した。サラウンドビューシステム(SVS)や電子ミラー、リアビューカメラ(RVC)用途に向ける。(2020/6/29)

アイチップス・テクノロジー IP00C382:
ひずみ補正とエッジブレンディング搭載4K対応LSI
アイチップス・テクノロジーは、4K60Hz対応の画像補正機能を搭載したLSI「IP00C382」のサンプル出荷を開始した。ひずみ補正とエッジブレンディング機能を1チップに搭載し、リアルタイムで画像を補正する。(2020/6/29)

人工知能ニュース:
ビジョン向けAIアクセラレーターを内蔵したMPUを発表
ルネサスエレクトロニクスは、ビジョン向けAIアクセラレーター「DRP-AI」を内蔵したマイクロプロセッサ「RZ/Vシリーズ」を発表。シリーズ第1弾として、組み込み機器でリアルタイムなAI推論が可能な「RZ/V2M」を開発した。(2020/6/26)

Apple Silicon MacとIntel Macはどう違う? Appleのシステム構成解説ビデオで分かったこと
IntelチップをArmベースに置き換えただけではない、その大きな変化。(2020/6/26)

試験時間を従来の3分の2に短縮:
OEG、先端FPGAのバーンイン試験サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、先端FPGAのバーンイン試験サービスを始めた。信号発生システムを新たに開発したことで、バーンイン試験の時間を従来の3分の2に短縮できるという。(2020/6/26)

FAニュース:
画像処理技術とディープラーニングによる金属組織試験自動化ソリューション
東芝デジタルソリューションズは、画像処理技術とディープラーニングを活用した金属組織試験自動化ソリューション「AI等級判定サービスMETALSPECTOR/AI」を提供開始した。厳格化する品質管理や熟練検査員不足に貢献する。(2020/6/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由
ウワサは本当だった。AppleがWWDC 2020の基調講演で自社開発プロセッサの「Apple Silicon」をMacに採用し、2年をかけてIntel x86アーキテクチャから移行すると発表したのだ。その狙いはどこにあるのだろうか。(2020/6/23)

電力効率は汎用GPUの10倍以上:
AIエッジLSIのAI認識・画像処理技術を向上
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とソシオネクスト、ArchiTek(アーキテック)および、豊田自動織機は、AI(人工知能)エッジLSIのAI認識・画像処理効率を大幅に向上させる技術を開発した。(2020/6/22)

みんな、11インチiPad Proの256GB版を買うといい
さぁ、プロイラストレーターのrefeia先生がみんなの悩みにズバリ答えるよ! そう、買いたいけどなかなか踏ん切りが付かないiPad Proのお話です。(2020/6/19)

「Photoshop Camera」で遊んでみた 先端技術を駆使して誰もが“写真作品”を作れる
Adobeがリリースしたカメラアプリ「Photoshop Camera」。ここに搭載されている「レンズ」を使うと、撮影した写真から人や動物、建物などを自動的に切り分けて、背景にポップな絵柄をつけたりして遊べる。その使い方についてご紹介しよう。(2020/6/18)

シリコンバレー発AIスタートアップ:
日本中小企業のAI導入加速を狙う、ジルファルコン
IoT(モノのインターネット)市場の拡大などによってエッジAI(人工知能)へのニーズが急速に高まる中、独自の用途特化型アーキテクチャ(Domain Specific Archtechrure:DSA)を武器としたスタートアップ企業が勢いを増している――。今回、AIアクセラレーターを手掛ける米国シリコンバレー発スタートアップGyrfalcon Technology(以下、Gyrfalcon)の日本法人代表に、同社の技術や日本市場での狙いなどを聞いた。(2020/6/15)

「RZ/Vシリーズ」を発表:
ルネサス、組み込み機器のAI処理に適した新型MPU
ルネサス エレクトロニクスは、独自のビジョン向けAIアクセラレーター「DRP-AI」を内蔵したマイクロプロセッサ(MPU)「RZ/Vシリーズ」を発表した。第一弾として組み込み機器向けの「RZ/V2M」を開発、一部の顧客に対しサンプル出荷を始めた。(2020/6/11)

人工知能ニュース:
深層学習プロセッサ搭載、エッジAI向けサーバを提供開始
ソシオネクストは、Foxconn Technology Group、Hailoと共同で、エッジ向け次世代AI映像解析ソリューションの提供を開始した。リアルタイムで電力効率の高いスタンドアロンのAI画像処理を提供する。(2020/6/8)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第8回 分類問題をディープラーニング(基本のDNN)で解こう
回帰問題の次は、分類問題の基礎をマスターしよう。二値分類/多クラス分類の場合で一般的に使われる活性化関数や損失関数をしっかりと押さえる。また過学習問題の対処方法について言及する。(2020/6/8)

何だこのテールランプは!? レクサスが新型「IS」をチラ見せ、6月10日発表へ
7年ぶりのフルモデルチェンジ、「FR」は無事継続のようです。【6月7日更新】発表日延期。(2020/6/2)

エッジAI:
PR:自動車部品メーカーが販売する外観検査AIシステム、その開発基盤とは
AIの活用が進みつつある製造業から注目を集めているのがエッジAIプラットフォーム「NVIDIA Jetsonシリーズ」だ。菱洋エレクトロは、開発元のNVIDIAと協力してさまざまな顧客企業のエッジAIシステムの開発を強力に支援。既に、武蔵精密工業の外観検査AIシステム「Neural Cube」や、日本ユニシスの小売店舗向けAI業務代行ロボット「RASFOR」といった実績も積み上げている。(2020/6/1)

Innovative Tech:
3Dプリントしたオブジェクトに目視できないラベルを埋め込む技術「G-ID」 MITなど開発
人の目では認識できないが、マシンビジョンでは識別できるコードを3Dプリンタ出力に埋め込む。(2020/5/29)

FAメルマガ 編集後記:
製品投入が本格化、「画像×AI」はいよいよ製造現場に普及するか
ようやくハイプサイクルの“幻滅期”を抜けたと感じています。(2020/5/29)

特集:2020年、AI活用の成否を分かつ技術とは(1):
もはやPoCばかりやっている場合ではない――企業が抱くAIへの誤解と課題
Deep Learningがブレークスルーとなった昨今の「第3次AIブーム」。2020年は、企業の「AI」活用において、ブームのままPoC(概念実証)で終わるのか、本番で稼働するシステムやサービスに適用できるのかの分水嶺(れい)となるだろう。その成否を分かつものは何なのだろうか。本特集では、現在の機械学習・Deep Learningにおけるさまざまな課題の中でも技術的なものを中心に整理し、その解決策としてAutoML(機械学習自動化)、MLOps(機械学習基盤)といった技術を解説。加えて、それらを活用している企業の事例を紹介する。初回は、日本ディープラーニング協会の理事に、2020年現在のAI活用における課題について聞いた。(2020/5/29)

Amazonで安価に買える:
ロボット向けToFカメラ、距離と画像で高精度に測距
シーアイエスはロボット開発者向けに、ToF(Time of Flight)カメラ「DCC-RGBD1」を提供している。ToFセンサーとカラーカメラを搭載しているので、距離データ、IR画像(近赤外線で撮った映像)、カラー画像を同時に取得でき、55×50×40mmと小型な点が特長だ。(2020/5/28)

CPUのカスタマイズプログラムも発表:
Armの新IP、効率を20%向上した「Cortex-A78」など
Armは2020年5月27日、オンラインで記者説明会を開催。次世代モバイルデバイス向けの新CPU IP「Cortex-A78」やGPU IP「Mali-G78」、NPU IP「Ethos-N78」および、Arm Cortex CPUのカスタマイズに対応する新プログラムを発表した。(2020/5/28)

今のAI技術はあくまでも「診断支援」
画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由
画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。(2020/5/26)

衛星データプラットフォーム「Tellus」を活用:
衛星データ解析や数値予測手法など さくらインターネットがeラーニング講座を無償提供
さくらインターネットは、プログラミングと機械学習の基礎について学習できるeラーニング講座を無償提供する。衛星データやプログラミングの基礎知識、衛星データの解析手順、分析の実践、Pythonによる画像処理や衛星画像の加工、数値予測手法などを学習できる。(2020/5/25)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(3):
ラズパイとカメラと100均の組み合わせで機械工具の在庫を可視化する
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoTを活用する手法について解説する本連載。第3回は、カメラを組み合わせた画像解析の事例として、機械工具の在庫の2Sと在庫可視化をどのように実現するかについて具体的に解説します。(2020/5/25)

さくらインターネット、機械学習やPythonの講座を無償公開 衛星データの活用教える
さくらインターネットが、衛星データを利用した機械学習やプログラミングの基礎が学べるeラーニング教材を無償公開すると発表した。衛星データに興味を持ってもらい、同社サービスの利用者になる人材を育成したい考え。(2020/5/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。