ニュース
» 2014年06月30日 06時48分 UPDATE

Google、Quickofficeの提供を終了へ Google Docsへの統合で

Googleは、2年前に買収したQuickofficeの同名のモバイルオフィススイートの提供を終了する。Google Docs(ドキュメント、スプレッドシート、スライド)との統合が完了したため、としている。

[ITmedia]

 米Googleは6月25日(現地時間)、モバイルでMicrosoft Office文書を編集するためのアプリ「Quickoffice」の提供を終了すると発表した。GoogleのアプリストアGoogle Playおよび米AppleのアプリストアApp Storeから向こう数週間中に消える。

 現行ユーザーは引き続きアプリを利用できるが、今後アップデートはなくなる。

 quick Google Playから数週間後には消えるQucikoffice

 Googleは年次開発者会議「Google I/O 2014」の基調講演で、QucikofficeをGoogle Docsに統合したことにより、Microsoft OfficeのファイルをGoogle Docsでそのまま編集してOfficeファイルとして保存できるようにしたことを発表している。

 quick 2 Google I/OでGoogle DocsでMicrosoft Officeのファイルをネイティブに編集できることが発表された

 Googleは2012年6月にQuickofficeを買収。買収段階では有料アプリだったが、同年12月には有料版Google Appsユーザー向けに無料にし、2013年9月には全ユーザー向けに無料にした。さらに2014年5月にiOSおよびAndroid版の「Googleドキュメント」と「Googleスプレッドシート」アプリをそれぞれのアプリストアで公開し、Google I/Oで「Googleスライド」のリリースも発表された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -