ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google I/O」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google I/O」に関する情報が集まったページです。

Google、VRコンテンツ作成サービス「Jump」終了へ
Googleが、2015年のGoogle I/Oで発表したVRコンテンツ作成サービス「Jump」を6月中に終了する。「代替ソリューションが多数登場し、使用が減少したため」という。ユーザーがGoogle Cloudに保存しているコンテンツはサービス終了後に削除するので、ダウンロードを勧めている。(2019/5/20)

Googleさん:
Googleの情報収集は邪悪か?
Googleが1年前から表示している「Googleアカウント」の「購入」タブについて、「こんなに情報を集めてるなんて!」と驚いた記事が話題を集めています。(2019/5/19)

Google I/O 2019:
GoogleマップのARナビゲーション(α版)、Pixelシリーズで利用可能に
Googleマップにカメラから取り込んだ実際の風景を写し、そこに道順の矢印を重ねて表示する「ARナビゲーション」のα版の提供が、Pixelシリーズでスタートした。(2019/5/13)

Google I/O 2019:
「Googleポッドキャスト」がデスクトップとiOSでも利用可能に
Google検索でポッドキャストを検索できるようになった。検索結果には最近のエピソードが並び、これをクリック(タップ)すれば再生もできる。WebブラウザやiOS端末でも利用可能だ。(2019/5/13)

Google I/O 2019:
これから発売のChromebookはすべてLinux対応に
Googleの「Chrome OS」搭載ノートPC「Chromebook」は昨年から一部のモデルがLinuxに対応していたが、同社はGoogle I/Oで、今後発売のすべてのモデルがLinuxをサポートすると発表した。(2019/5/13)

Googleさん:
Pixelがエンドゲームしちゃった
Googleさんが「Pixel 3a」を発表する前日、愛用の「Pixel 3」が突然起動しなくなりました。その死と再生(じゃなくて交換だけど)のお話です。(2019/5/12)

Google I/O 2019:
Google I/Oプライバシー関連まとめ──Chromeのcookie対策やシークレットモード
Google I/Oで発表されたプライバシー関連の取り組みをまとめた。「すべての人のためにより役立つGoogle」を目指すためにユーザーデータの収集は必要なので、データ収集に当たってはより安全に、透明性を強化していく。さらに、データを集めずに機械学習する「Federated Learning」も紹介した。(2019/5/9)

Googleのスマートディスプレイ「Google Nest Hub」が日本でも発売
Googleのスマートディスプレイが日本でも販売される。ただし、新型の「Google Nest Hub Max」ではなく、現行の「Google Home Hub」改め「Google Nest Hub」となる。(2019/5/8)

「Android Q」のβ3が登場 Pixelなど15機種で利用可能に
「Google I/O 2019」に合わせて、Androidの次世代バージョンのβ版が第3版となった。Googleの「Pixel」を含む15機種で利用できる。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google、発話障害者をAIでサポートする「Project Euphonia」
(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google、モバイル検索結果画像の3D→AR化機能や「Google Lens」の新機能を発表
Googleが開発者会議「Google I/O」でモバイル検索関連の新機能を発表した。検索結果の画像を3Dに、さらにはARにして表示する機能は5月中にローリングアウト予定。Google Lensも進化する。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google I/O 2019まとめ 「AI for Everyone」、Pixel 3aも発表
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2019」で発表されたことを時系列にまとめた。今年のテーマは「「Building a more helpful Google for everyone」。AI採用のアクセシビリティ機能や「Googleアシスタント」の新機能、手ごろな価格の「Pixel 3a」などが発表された。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
「Nest Hub Max」発表 「Nest Hub」(旧Home Hub)は日本でも発売
Googleがスマートディスプレイのブランドを「Nest」に変え、「Google Home Hub」を「Nest Hub」に改名し、上位モデル「Nest Hub Max」を発表した。「Nest Hub」は日本でも発売する。(2019/5/8)

Google、新スマホは廉価版 「Pixel 3a/3a XL」発表 4万8600円から FeliCaも対応
米Googleが自社開発の新型スマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表した。価格を抑えた廉価版モデル。(2019/5/8)

車載ソフトウェア:
広がる車載Android、「Android Auto」に加え「Android Automotive OS」も
グーグルが、2019年5月7日に開幕する開発者会議「Google I/O 2019」に向けて、車載情報機器関連の新たな技術を2つ発表した。1つはAndroidを車載情報機器向けに展開する「Android Automotive OS」向け、もう1つはAndroidスマートフォンと車載情報機器の連携システム「Android Auto」向けとなる。(2019/5/8)

Googleの自動車アプリ「Android Auto」、「ダークテーマ」などのアップデート
Googleが、自動車向けアプリ「Android Auto」をアップデートした。画面のデザインを車のダッシュボードになじむ「ダークテーマ」にし、ナビ画面でのメディアアプリの操作バーや通知画面の改善が行われた。(2019/5/7)

Microsoft、「Build 2019」の基調講演は初日に3つ開催へ
Microsoftの年次開発者会議「Build」の基調講演は例年、初日にCEOによる全体的なビジョン解説、2日目に技術的な解説の2講演だったが、今年は初日に3つの講演が行われる。技術の講演は「Azure」と「Office 365」の同時開催で、いずれかを選択する必要がある。(2019/5/6)

Googleさん:
Google I/Oを予想する 低価格Pixel、Stadia、カメラ付きスマスピ
10連休が明けると「Google I/O」です。「Pixel 3a」発表は確定として、他には何が発表されるのか、うわさをまとめてみました。(2019/5/4)

Googleの親会社Alphabet、EU制裁金で29%減益 広告売り上げは鈍化
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は広告の伸びが鈍化し、予測を下回る363億3900万ドル、純利益はEUからの制裁金約17億ドルが響き、29%減だった。(2019/4/30)

Googleさん:
Pixelアベンジャーズに加わる新ヒーローは「3a」?
Googleの年次開発者会議まであと約2週間。そこで発表されるらしいミッドレンジのオリジナルスマートフォン「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」についてのこれまでのうわさをまとめてみました。薄紫はちょっと欲しい。(2019/4/21)

Google、5月8日に「Pixel」新製品発表か ティーザーページ公開
米Googleは、公式オンラインストアに同社製スマートフォン「Pixel」シリーズの新製品告知と思われるティーザーページを公開した。(2019/4/16)

Googleアシスタントの電話代行「Duplex」、iPhoneでも利用可能に(米国で)
Google I/O 2018で発表された「Googleアシスタント」によるショップやレストランへの電話予約代行サービス「Google Duplex」が、Pixelシリーズ以外のAndroid端末およびiOS端末で利用できるようになった。同サービスは現在、米国47州で英語でのみ使える。(2019/4/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Googleの新サービス「STADIA」はゲーム業界を塗り替えるか
Googleが発表した新ゲームストリーミングサービス「STADIA」は、これまでのコンピュータゲーム業界の勢力図を大きく変える可能性がある。(2019/3/20)

Google、視覚障害者向けAI採用アプリ「Lookout」公開
Googleが、目の不自由な人に周囲の様子を音声で説明するAndroidアプリ「Lookout」を米国のGoogle Play Storeで公開した。「Google Lens」と同じ画像認識技術を採用している。まずはPixel端末向けの英語版のみだが、今後対応端末と提供地域を拡大していく計画だ。(2019/3/14)

通常12〜15ドルで取得可能:
Google、「.dev」ドメインの提供開始
Googleが運営する開発者向けのトップレベルドメイン「.dev」は、先行登録プログラムが終了し、レジストラを通じて誰でも取得できる。(2019/3/4)

Googleさん:
「iPhone SE」後継が出ないなら「Google Pixel 3 Lite」はどう?
Googleが、Appleの「iPhone XR」より安いPixelファミリーのエントリーモデルを出すといううわさが真実味を帯びてきました。Appleがもう「iPhone SE」の後継機を出さないのであれば、SE難民の受け入れ先になるかも?(2019/2/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新型HoloLens、Windows CoreにLite? Microsoftの次の一手を予測する
2月24日(欧州時間)にスペイン・バルセロナの「MWC 2019」において、Microsoftがプレスイベントを開催する。当日発表されるであろう次期「HoloLens」と思われるティーザー動画が公開された。(2019/2/15)

Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
Googleが、2016年にIoTデバイス向け新OSとして発表した「Android Things」のサポート範囲を縮小し、スマートスピーカーとスマートディスプレイ向けOSにリフォーカスすると発表した。NXP、Qualcomm、MediaTekのボードのサポートを終了する。(2019/2/13)

Microsoftの「Build 2019」は5月6日から またGoogle I/Oの1日前
Microsoftは、年次開発者会議「Build 2019」を5月6〜8日に開催すると発表した。参加申し込みは2月27日開始だ。昨年同様、Googleの「Google I/O」より1日前のスタートだ。(2019/2/7)

「Google I/O 2019」は5月7〜9日に前回と同じ会場で開催へ
Googleが例年通り開発者カンファレンス「Google I/O」の開催をクイズ形式で告知した。1時間後には5月7〜9月に昨年と同じShoreline Amphitheatreで開催という正解がツイートされた。(2019/1/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2019年は「エッジAIがもたらすソフトウェアの進化」に注目 しかし停滞を招く要因も
2018年はクラウドとエッジ、両方のAIが進化することで、テクノロジー業界が進んでいくという道筋がはっきりしてきた年だった。2019年は特に「エッジAI」に注目だが、進化を停滞させるかもしれない要因もある。(2019/1/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2018年のパーソナルコンピューティング動向を冷静に振り返る
クラウドAIとエッジAIの世界において、「パーソナルコンピューティング」の定義は揺らぎつつある。2018年、ユーザーを取り巻くデバイスとサービスの環境はどう変化したのだろうか。(2018/12/28)

Googleさん:
Googleサンタにお願い Pixel 3使ってさらに欲しくなったものたち
クリスマスイブイブなので、Googleさんに今後出してほしい製品やサービスを考えてみました。米国では既に使えるものは来年には来日してほしいところ。(2018/12/23)

Android最新バージョンへの更新は進んでいない
「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポート――情報開示に向けた一歩
Googleは2018年11月に「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポートを初公開した。このデータから見えることと、公開されなかったデータから推測されることについて解説する。(2018/12/3)

Googleのスマホ中毒防止アプリ「Digital Wellbeing」がPixelとAndroid One端末で正式版に
GoogleがAndroid 9 Pieの新機能としてGoogle I/Oで紹介したスマホ中毒対策アプリ「Digital Wellbeing」がまずはPixelとAndroid One端末で正式版(バージョン1.0)になった。アプリごとの使用時間上限設定や「おやすみモード」の設定が可能だ。(2018/11/21)

Google画像検索で「Google Lens」利用可能に
Googleが画像内情報検索AIツール「Google Lens」をGoogle画像検索で利用できるようにした。まずは米国のモバイルブラウザで製品検索に使えるようになった。PinterestやInstagramのショッピング機能の競合になりそうだ。(2018/10/26)

Googleさん:
「Pixel 3」発表イベントでGoogleが周到に隠したもの
Googleは、新ハードウェア発表イベント「Made by Google」で、前日話題になった個人情報流出リスクに触れませんでした。それとは別に、1度も発せられなかった単語があります。それは、「Android」。(2018/10/12)

これからのAIの話をしよう(覆面AIベンダー編):
「開発の丸投げやめて」 疲弊するAIベンダーの静かな怒りと、依頼主に“最低限”望むこと
AI(人工知能)開発を丸投げするクライアントの「いきなり!AI」に苦悩するAIベンダー。データサイエンティストのマスクド・アナライズさんに、AI開発現場の実態と、依頼主に最低限望むことを聞いた。(2018/10/9)

「Future Focus 2018」を読む:
デジタルアシスタントの台頭でブランドと消費者の関係が根本から変わる
新時代を生き抜くマーケティングコミュニケーションとはどういうものか。iProspectの未来予測「Future Focus 2018」から考察する。(2018/10/4)

「Google Cloud AI」責任者にカーネギーメロン大学のアンドリュー・ムーア博士就任へ
Google Cloud AIの責任者、フェイ・フェイ・リー博士が年内にスタンフォード大学に戻り、カーネギーメロン大学コンピュータ科学学部長のアンドリュー・ムーア博士が後任になる。リー氏はアドバイザーという立場になる。(2018/9/11)

YouTubeアプリ、使いすぎ防止機能「視聴時間」スタート
YouTubeのAndroidおよびiOSアプリに実際の視聴時間を表示する「視聴時間」機能が追加された。使いすぎていないかどうか確認する助けになる。(2018/8/28)

「Android 9 Pie(Go edition)」は今秋リリースへ
メモリ1GB以下のローエンド端末「Android Go」の「Android 9 Pie」へのアップデートは今秋実施するとGoogleが発表した。OSとアプリの容量削減で、ユーザーが使えるストレージ容量が「Oreo(Go Edition)」より500MB増える。起動スピードも速くなる。(2018/8/16)

「Android P」は「Android 9 Pie」に 正式版OTA開始も“使いすぎ対策”はまだ
GoogleがモバイルOSの新バージョン「Android 9 Pie」を発表した。まずはPixelシリーズとEssential端末へのOTAがスタートした。スマホ中毒対策機能はまだ使えず、年内に追加になる見込み。(2018/8/7)

Google Cloudの「コンタクトセンターAI」が面白い
Google Cloudが、2018年7月に開催したカンファレンスGoogle Cloud Next ‘18で「Contact Center AI」を披露した。顧客からの電話に、AIエージェントが人間に近い自然な会話で対応、オペレーターに引き継いだ後も、文脈から自動的に情報を表示して支援する。(2018/7/27)

Google、サポートセンター向け「Contact Center AI」、Duplexと共通技術採用
Googleが、サポートセンター向けのAIサービス「Contact Center AI」を発表した。掛かってくる電話にまず「Virtual Agent」が対応し、対応しきれない場合のみ人間の担当者に対応履歴を付けて転送する。(2018/7/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Android P」で激変する“ビジネススマホ”の常識 見逃せない新機能は?
Androidの次期バージョン「Android P」。セキュリティ機能をはじめとしたビジネス向けの新機能を解説する。(2018/7/20)

Googleの入力アプリ「Gboard」、モールス符号入力が可能に
GoogleのAndroid/iOS入力アプリ「Gboard」でモールス符号での入力が可能になった。英語(米国)キーボードを追加すれば日本でも使える。モールス入力を覚えるためのWebゲームも公開された。(2018/7/12)

AI基礎解説:
グーグルの深層学習プロセッサ「TPU」が「AIを、全ての人に」を実現する
グーグル(Google)は2018年7月6日、東京都内でメディアセミナーを開き、同社がディープラーニング(深層学習)向けに開発してきたプロセッサ「TPU」について説明した。(2018/7/9)

CPU、GPUとの違いとは?:
GoogleのTPUって結局どんなもの? 日本法人が分かりやすく説明
機械学習に特化したGoogleの自社開発プロセッサ、「TPU(Tensor Processing Unit)」。Google自身は「Google Search」「Google Translate」「Google Photos」といったサービスで活用している。日本法人がこれについて分かりやすく説明した。(2018/7/6)

これからの人間の役割とは?:
時代の変化から逃げてはいけない “元受付嬢”が受付の自動化に取り組む理由
11年間にわたり「受付嬢」として活躍した後、起業して、オフィスの受付業務を効率化するシステムを開発したディライテッドの橋本真里子さん。彼女は自分の仕事を機械に奪われるどころか、むしろ能動的に仕事の一部を機械に置き換え、自動化したのである――。(2018/7/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。