ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google I/O」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google I/O」に関する情報が集まったページです。

Google、Chromeブラウザに3つのAI機能 タブの自動グループ化など
Googleは、WindowsおよびMac版のChromeブラウザに3つのAI機能を追加すると発表した。米国から順次導入していく。タブのAIによるグループ化やWebでの「Help me write」の利用などが可能になる。(2024/1/24)

「Googleアシスタント」で“使われていない”17の機能を削除へ 選択と集中で
Googleは、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」で「あまり活用されていない」17の機能を削除すると発表した。前日には同社がGoogleアシスタント担当者を含む数百人のリストらを発表している。(2024/1/12)

期間限定のトライアルサービスも:
「Google Colab」の無料プラン含む全ユーザーがAIコーディング機能にアクセス可能に
Googleは、ブラウザ上でPythonなどを記述、実行できる「Google Colaboratory」サービスの全プラン(無料プランを含む)のユーザーが、175のロケールでAIコーディング機能に期間限定でアクセスできるようにした。(2023/12/25)

Google、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」発表 Ultraは“人間の専門家を上回る”
米Googleは12月6日(現地時間)、マルチモーダル生成AIモデルの第1弾として「Gemini」を発表した。データセンターからモバイルデバイスに至るまでのあらゆる場所で効率的に動作するという。年次開発者会議「Google I/O」で予告されていた。(2023/12/7)

「Pixel 8 Pro」にGoogleの生成AIモデル「Gemini Nano」搭載 その他の「Feature Drops」も一気に紹介
GoogleはOpenAIのGPT-4と競合する新生成AIモデル「Gemini」を発表した。その最小モデル「Gemini Nano」は「Tensor 3」搭載の「Pixel 8 Pro」で利用可能に。今年最後の多数の「Feature Drops」も紹介した。(2023/12/7)

Google、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」リリース
Googleは、5月に予告したマルチモーダルな生成AIモデル「Gemini」の最初のバージョンを発表した。3つのサイズで提供する。最大の「Ultra」は来年の提供になるが、「Pro」は英語版の「Bard」で、「Nano」は「Pixel 8 Pro」で利用可能になっている。(2023/12/7)

大手クラウドはクラウド専用チップで戦う時代へ 各社がクラウド基盤に専用SoC、サーバにArm、AI処理に独自プロセッサを相次いで採用
AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの3大クラウド事業者は本格的にクラウド専用チップで戦う時代に。各社におけるチップレベルの取り組みをまとめる。(2023/11/20)

GoogleマップにAI採用の複数の新機能 レンズでの周辺情報表示など
GoogleマップにAI採用の5つの新機能が追加される。5月に予告されたイマーシブビューでのナビやGoogleレンズでの周辺情報表示などだ。(2023/10/27)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
Googleの生成AI検索「SGE」の日本語版が開始 今後の対応について解説
Googleの検索結果をAIが生成する「SGE」によって、今後どういったコンテンツがGoogleから評価されるようになるのか解説します。(2023/9/29)

Chromeブラウザ15周年で「Material You」デザインに
Googleは、Webブラウザ「Chrome」の15周年を記念して、デザインの変更と新機能追加を発表した。「Material You」採用のデザインになる他、検索パネルなどが追加される。(2023/9/8)

週末の「気になるニュース」一気読み:
8月分プレビューパッチのブルースクリーンは特定CPUが原因/PC市場は23年で底打ち、24年には回復基調へ
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、8月27日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/9/3)

Google DeepMind、Imagenで生成した画像に電子透かしを埋め込む「SynthID」リリース
Google DeepMindはGoogle Cloudと提携し、AIで生成した画像を識別するツール「SynthID」のβ版をリリースした。まずはVertex AI上のImagenで生成した画像に電子透かしを入れられるようになる。(2023/8/30)

Google、LLMの「PaLM 2」と「Codey」で日本語をサポート
Googleは、6月から日本でも提供しているLLM「PaLM 2」と、コード生成、補完のための基盤モデル「Codey」を日本語で利用できるようにしたと発表した。(2023/8/23)

Googleの生成AI搭載検索エンジン「SGE」の検索結果に画像や動画表示
Googleが米国で提供しているGoogle検索の生成AI機能テスト「Search Generative Experience」(SGE)の検索結果に画像や動画が表示されるようになった。また、検索結果の表示までの時間が短縮された。(2023/8/3)

Google、「Googleアシスタント」をLLMで強化へ──Axios報道
Googleは音声アシスタントの「Googleアシスタント」をLLM(大規模言語モデル)で“スーパーチャージ”する計画だと、米メディアが入手した従業員宛書簡に基づいて報じた。(2023/8/1)

「Project Tailwind」からブランド名を変更:
「間違った情報を自信たっぷりに言う問題」に対応したAIモデル Googleが発表
Googleはノート作成ソフトウェア「NotebookLM」について発表した。生成AI(人工知能)のようにテキストを要約させたり提案をさせたりすることができる。最も大きな特徴は、言語モデルをユーザーごとに「グラウンド」できることだ。(2023/7/31)

Google、AndroidにAppleの「AirTag」ストーキング対策機能追加
Googleは、5月に予告したAppleのAirTagによるストーキング対策機能を、Android 6.0以降の端末にロールアウトし始めた。不明なトラッカーを自動検出し、アラートを表示する。(2023/7/28)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
「Pixel Tablet」は“タブレットが持つ10年来の課題”にGoogleが取り組んだ意欲作……その課題って?
イラストレーターのrefeiaさんが、長年ウオッチしているAndroidタブの新作「Google Pixel Tablet」を試してみました。結果はいかに?(2023/7/25)

GoogleのAR/XR幹部ルコフスキー氏が退社 「Googleのビジョンが不安定なので」
GoogleのAR/XR関連幹部がまた1人退社する。AR担当シニアディレクターのルコフスキー氏が「Googleのコミットメントとビジョンの不安定さ」を理由に退社するとツイートした。3月にはARトップだったクレイ・ベイバー氏が新会社設立のために退社すると発表した。(2023/7/11)

石野純也のMobile Eye:
「Pixel Fold」は折りたたみスマホ市場を変える存在になるか? 実機を試用して見えた可能性
スマートフォンの“進化系”と目されてきたフォルダブル端末は、その存在感を徐々に高めている。日本で折りたたみスマホ市場をリードしてきたのはサムスン電子だが、ここにPixel Foldが加わる。“Google参入後のフォルダブルスマートフォン”の行方を占っていきたい。(2023/7/1)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Google検索と生成AIが融合する今、「SEOの意義」を再考する
Search Generative Experience(SGE)の登場により、SEOを取り巻くユーザーと検索エンジン、自社サイトの関係はどのように変化するのでしょうか。この機会に、SEO自身の意義について、あらためて考えてみましょう。(2023/6/28)

Google DeepMindのCEO、ChatGPT競合の次世代モデル「Gemini」を語る
Google DeepMindのハサビスCEOがWiredのインタビューで「Gemini」について語った。Geminiは“次世代基盤モデル”。AlphaGoの長所と大規模言語モデルを組み合わせたものと説明した。(2023/6/27)

「Pixel Tablet」きょう発売 折りたたみスマホ「Pixel Fold」も予約販売開始 携帯3社の価格は?
グーグルは6月20日、同社の年次開発者会議「Google I/O 23」で発表されたタブレット端末「Pixel Tablet」の販売を開始した。Googleストアの価格は、128GBモデルが7万9800円、256GBモデルが9万2800円。専用ケースは1万2800円。(2023/6/20)

Pixelの6月アップデートは盛りだくさん 手のひらセルフタイマーや「レコーダー」の発言者ラベルなど
GoogleはPixelシリーズの月例更新の配信を開始した。スマートフォンとスマートウォッチに多数の新機能が追加される。Pixel Watchのステンレスバンドも発表された。(2023/6/14)

日本語対応したGoogleの「Bard」を試す 新機能は便利だが改善の余地あり?
Google I/Oに合わせて日本語でも利用可能となりました。そこで、改めて日本語での使い勝手や、新たに追加されたGoogleドキュメントやGmailへのエクスポート機能について確認しました。単に日本語で質問できるようになっただけではなく、Bardのサイト全体が日本語化されており、使いやすくなりました。(2023/6/5)

iPhoneの折りたたみモデルはいつ登場する? Appleが取得した特許から予測する
Googleが同社初の折りたたみスマートフォン「Pixel Fold」を7月に発売します。Appleは2024年〜2025年に折りたたみスマホを投入すると予想されています。製品に関するうわさはあまり出ていないのですが、Appleが取り組んでいるらしい折りたたみ技術に関する情報は、特許出願という形でいくつか見つかっています。(2023/6/5)

Google、AndroidとWear OSの新機能紹介 「ウォレット」に物理カードのコード登録も
GoogleがAndroidとWear OSに近々追加する予定の複数の新機能を紹介した。「Google ウォレット」にスーパーのポイントカードなど物理カードのバーコードを撮影して追加できるようになる。Wear OSの新タイルも複数紹介された。(2023/6/4)

松尾公也のAppleWIRE:
「ChatGPT」アプリの登場で“生成AIとSiriの関係”はどう変わる? AppleのAI戦略を予想する
間近に迫ったWWDC23に何を期待するか? 多くの人はApple製HMDと答えるだろうが、筆者は新たなAI戦略に期待する。WWDCで発表されるであろうiPhoneの次期OSであるiOS 17では、大規模言語モデル(LLM)が何らかの形で使えるようになるのではないか。(2023/6/3)

スループットが従来の3倍に向上:
Google、生成AI、大規模言語モデル(LLM)の構築に特化したスパコン「A3」を発表
Googleは「Google I/O」で、AIのトレーニングに特化したスーパーコンピュータ「A3」を発表した。A3のスループットは従来の3倍に進歩し、A3が活用できるネットワーク帯域幅はA2の10倍に向上しているという。(2023/5/30)

Google、生成AI搭載検索エンジンのお試し利用を米国で開始
Googleは、生成AI搭載版Google検索のテストを米国で開始した。複合的なクエリに対応し、フォローアップの質問にも答える。ショッピングの相談では従来通りの広告も表示される。(2023/5/26)

Marketing Dive:
Google検索を根本的に変える生成AI、広告への影響は?
開発者会議「Google I/O」で明らかにされたように、Googleは検索分野において生成AIをテストしている。ユーザー体験からEコマース機能、広告に至るまで、大きな変化があるようだ。(2023/5/26)

コーディング支援チャットbotも使用可能:
「Google Colab」でAIコーディング機能が利用可能に コード補完、自然言語によるコード生成など
Googleは、「Google Colab」に間もなく、AIコーディング機能(コード補完、自然言語によるコード生成、コーディング支援チャットbotなど)を追加すると発表した。(2023/5/26)

Google、生成AI採用の広告クリエイティブツール「Product Studio」
Googleは、マーケティング関連イベントで生成AI関連の新サービスを多数発表した。オンラインショップや広告向けの素材をAIで生成する「Product Studio」もその1つ。商品画像の背景をAIで生成したり解像度を上げたりできる。(2023/5/24)

AI一色な「Microsoft Build 2023」で発表された非開発者向け新機能まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Build 2023」が始まった。「Windows Copilot」や「Windows Fabric」など多数のAI関連の新機能が発表された。非開発者向けの新機能を紹介する。(2023/5/24)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
ChatGPTが教えてくれた生成AI時代の「SEO用検索クエリ」の選び方
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「コンテンツSEOのキーワード選定」です。(2023/5/20)

AIがGoogle Cloudでのシステム開発について何でも教えてくれる 「Duet AI for Google Cloud」発表
Googleが、Google Cloudでのシステム開発をAIが支援してくれる「Duet AI for Google Cloud」を発表。コードの補完やエラーの指摘、実装計画についてのアドバイスをしてくれるという。(2023/5/15)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
5月度の月例セキュリティ更新プログラムをMicrosoftが配信
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月7日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/5/14)

Google I/O 2023が開催 GmailやGoogle Driveのセキュリティ機能強化が発表
GoogleはGoogle I/O 2023において、セキュリティ強化策の一環として「ダークWebレポート」機能をGmailユーザーに無償で提供する旨を発表した。その他主要サービスのセキュリティ機能強化についても明らかになった。(2023/5/12)

Google I/O 2023:
「AIのGoogle」復活に強い意志 Google I/O 2023で発表されたAIサービスまとめ
Googleは日本時間の5月11日2時から、年次開発者会議「Google I/O 2023」を開催しました。今回はデバイスに加えて、AIを活用したサービスも発表しています。発表内容を見ると、「AIのGoogle」復活に向けた強い意志を感じるものでした。(2023/5/11)

Google I/O 2023:
Google、次期スマートウォッチOS「Wear OS 4」の新機能を紹介
Googleは次期スマートウォッチOS「Wear OS 4」の初の開発者プレビューをリリースした。正式版は“今年後半”リリースの計画だ。バックアップと復元をサポートするようになる。(2023/5/11)

最新記事も理解する……けど自信過剰? Google Bardの日本語版を使ってみた
米Googleがチャット型AI「Bard」の日本語対応を発表した。現在、サイトにアクセスすれば、すぐに使えるようになっている。(2023/5/11)

Google I/O 2023:
AndroidにもAI新機能──「メッセージ」の「Magic Compose」やAI生成壁紙など
ジェネレーティブAIが主流だったGoogle I/O 2023では、Android向けのAI関連の新機能も紹介された。「メッセージ」で返信をAIが作成する「Magic Compose」や新しい壁紙機能だ。(2023/5/11)

Google、「Android 14 Beta 2」をリリース Pixel、OPPO、Xiaomi、Nothingなどで利用可能に
米Googleは開発者向けイベント「Google I/O」の開催に伴い、次期モバイルOS「Android 14」のβ 2(ベータ2)を公開した。Pixel、OPPO、Xiaomi、Nothingなどの端末で利用できる。カメラ、ヘルスケア、システムUIなどの改良が図られた。(2023/5/11)

Google I/O 2023:
Google I/O 2023基調講演まとめ
Googleが5月10日に開催した年次開発者会議「Google I/O」で発表されたことを時系列にまとめた。約2時間20分という例年より長いイベントでは主にAIの取り組みについて語られた。(2023/5/11)

GoogleとSamsungが開発中の没入型XR、2023年後半に詳細発表へ
米Googleは開発者向けイベント「Google I/O」で、Samsung Electronics(韓国のサムスン電子)と協業して没入型XRを開発している。Googleはその詳細を2023年後半に発表する見通しだ。開発者向けイベント「Google I/0」で明らかにした。(2023/5/11)

Google I/O 2023:
Google製タブレット復活、「Pixel Tablet」は7万9800円から
米Googleは、同社の年次開発者会議「Google I/O 23」において、新型タブレット「Google Pixel Tablet」を発表した。価格は128GBモデルが7万9800円、256GBモデルは9万2800円。(2023/5/11)

AIがメール書いてくれる Gmailに返信お助け機能「Help me write」 近日公開
米Googleが、Gmailの新機能「Help me write」を発表した。入力欄にテキストを入れると、内容に応じたメール本文をAIで自動生成する。(2023/5/11)

Google I/O 2023:
Google初、折りたたみスマホ「Pixel Fold」正式発表 25万3000円
米Googleは、開発者向けカンファレンス「Google I/O 23」において、同社初の折りたたみスマートフォン「Google Pixel Fold」を発表した。(2023/5/11)

「被写体の位置」や「天気」を思いのままに! Googleフォトに新しい編集機能 2023年後半に一部のPixelスマホで先行実装
Googleが、Googleフォト向けにAIベースの新しい画像編集機能「Magic Edit」の開発を進めていることを明らかにした。2023年後半をめどに、一部のPixelスマートフォンを対象として先行実装される見通しだという。(2023/5/11)

Google I/O 2023:
「Google Workspace」に生成AI搭載へ 文章からスライド用の画像生成、スプレッドシートでリスト作成など
米Googleがオフィススイート「Google Workspace」の新機能として、生成AIを活用した「Duet AI for Google Workspace」を発表。イベントでは、文章からプレゼンテーション用スライドで使う画像を作成する様子などを披露した。(2023/5/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。