ニュース
» 2004年10月14日 18時48分 UPDATE

Mac OS X対応プロ向け音楽作成ソフト「Logic Pro 7」などを披露――アップル

アップルコンピュータは10月13日、初心者向け音楽制作ソフトウェア「GarageBand」用音源「Jam Pack 2」「Jam Pack 3」と、プロ向け音楽作成ソフトの新バージョン「Logic Pro 7」、「Logic Express 7」の製品説明会を行った。

[北村明子,ITmedia]

 アップルコンピュータは、初心者向け音楽制作ソフトウェア「GarageBand」用音源「Jam Pack」シリーズの新製品と、プロ向け音楽作成ソフトの新バージョン「Logic Pro 7」、「Logic Express 7」についての製品説明会を行った。同ラインアップにより「すべての階層における音楽ソリューションを提供できる」と述べ、同社が音楽製品にも力を入れている所をみせた。

 まずは、アップルコンピュータ プロダクトマネージャー小西氏による、Jam Pack 2、Jam Pack 3の製品説明が行われた。

 Jam Pack 2/3は、初心者向けの音楽制作ソフトGarageBand用のサンプル音源集。Jam Pack 2は、ローランドのビンテージドラムキットからサンプリングした多数のループや、テクノ、ヒップホップ、トランスなどのビートキットが収録されている。また、Jam Pack 3は、バックトラックがメインなサンプル音源集で、多数のドラムキット、パーカッション、ベース、ギターなどの、DVD2枚におよぶ多数の音源が収録されている。

 アップルコンピュータの小西氏は「iPodは音楽を“聴く”アイテムであるのに対し、GarageBandは“クリエイト”する製品だ」とコメント。また、実際にGarageBandとJam Packシリーズを使って作曲した音楽を流すなど、簡単なデモを見せた。

 続いてLogic Pro 7とLogic Express 7。まず、ミディアのテクニカルサポート 小泉氏がPower Mac G5で実際にLogic Pro 7を使用しながら、新機能の紹介を行った。

apple1.jpg sculpture

 ソフトウェアシンセサイザー「sculpture」。弦楽器のシミュレーター。弦や棒にエコーをかけたり、弓でこっすたり、つま弾いたりした音を簡単にシミュレートできるほか、弦の材質のモーフィングも行える。

apple2.jpg Ultrabeat

 最大25のドラムボイスを搭載したドラムシンセサイザー「Ultrabeat」。シーケンシング機能では、作成したステップにアクセントを付けたりすることが可能だ。

apple3.jpg Guitar Amp Pro

 ギターエフェクトプラグイン「Guitar Amp Pro」。アンプ、EQ、スピーカーのタイプやマイクの位置/種類を設定可能だ。スピーカーメニューからは、「DI Box」も選択できる。

apple4.jpg

 楽曲のアレンジウインドウ。各トラックをソロで演奏することが可能となった。

apple5.jpg

 ミキサー。外部のハードウエアコントローラーでコントロールすることもできる。

 そのほか、Logic Pro 7の新機能「オーディオの分散処理機能」のデモを実施。小西氏のPowerBook G4と小泉氏のPower Mac G5をイーサネットで接続し、Nodeアプリケーションを立ち上げるだけで、PowerBook G4での作業をPower Mac G5で処理できることを見せた。

 アップルコンピュータの小西氏は最後に「Logic Pro 7/Logic Express 7は、Mac OS Xのみ対応(Mac OS X v10.3以降)。これにより、OS 9からMac OS Xへ移行するよいきっかけになるのでは」と述べ、また、「初心者向けのGarageBand、GarageBandからステップアップしたLogic Express 7、さらにプロ仕様のLogic Pro 7との製品のラインアップにより、すべての階層における音楽ソリューションを提供できる」とコメントした。

製品名 発売日 価格
Jam Pack 2 1万290円 発売中
Jam Pack 3 1万290円 発売中
Logic Pro 7 10万2900円 11月初旬
Logic Express 7 3万1290円 11月初旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-