ニュース
» 2013年03月06日 13時48分 UPDATE

NVIDIA、Kepler世代のプロ向けグラフィックス「Quadro K4000/K2000/K2000D/K600」

NVIDIAがKeplerアーキテクチャを採用したQuadro Kシリーズ4モデルを投入。K5000に次ぐプロ向けグラフィックス製品のラインアップを拡充した。

[ITmedia]
og_quadro_001.jpg NVIDIA Quadro K4000

 NVIDIAは、業務向けグラフィックス製品の新ラインアップとして「NVIDIA Quadro K4000/K2000/K2000D/K600」の4モデルを発表した。価格は順に11万8000円、5万6800円、5万6800円、2万1800円。いずれも28ナノメートルプロセスで製造されるのKepler世代の製品で、旧世代(Fermi)の製品に比べて処理性能を倍増したほか、シングルカードで最大4台のディスプレイに同時出力できる(K600は2台まで)。

 NVIDIA Quadro K4000は、3Gバイトメモリを搭載するハイエンドモデルで、立体視にも対応。ミドルレンジモデルのNVIDIA Quadro K2000/K2000Dは、2Gバイトメモリを搭載し、医療機関向けのK2000Dは超高解像度ディスプレイに接続するためのデュアルリンクDVI出力を2ポート搭載する。エントリーモデルのNVIDIA Quadro K600は、ロープロファイル仕様で、オンボードメモリは1Gバイト。

 なお、同製品は即日販売され、すでにいくつかのベンダーやPCメーカーから搭載製品が発表されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう