ニュース
» 2013年04月03日 19時45分 UPDATE

パスワードロックソフトも付属:アイ・オー、自動暗号化機能を備えた耐衝撃ポーダブルHDD

アイ・オー・データ機器は、高い耐衝撃性を特徴とするUSB 3.0対応ポーダブルHDD「HDPD-SUT」を発売する。暗号化機能やパスワード認証によりデータを安全に保管できる。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 耐衝撃設計のポータブルHDD「HDPD-SUT」シリーズ

 アイ・オー・データ機器は4月3日、耐衝撃設計のUSB 3.0接続対応ポータブルHDD「HDPD-SUT」シリーズを発表した。2013年4月下旬に出荷を開始する。容量は500Gバイトと1Tバイトの2種類を用意、価格は500Gバイトモデルが1万2810円(税込み、以下同)。1Tバイトモデルが1万6485円。

 HDPD-SUTシリーズは、USB 3.0接続に対応した外付け型のポータブルHDD。衝撃吸収ダンパーを内蔵したフローティング構造を採用することで、耐衝撃性を高めた。米軍調達基準「MIL-STD-810F」(高さ122センチから鉄板へ26回落下させても動作する)をクリアしたとしている。

 セキュリティ面では格納データを自動的に暗号化(AES256ビット)する機能を備えるほか、製品内の仮想CD-ROMドライブ領域にパスワードロックソフト「SHGate」を収録しており、データアクセス時にパスワード認証を行う。

 本体サイズは84(幅)×120(奥行き)×19(厚さ)ミリで、約180グラム。対応OSはWindows Vista/7/8/Server 2003/Server 2008(R2含む)/Server 2012、およびMac OS X 10.6〜10.8。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう