ニュース
» 2014年08月28日 13時00分 UPDATE

A4モバイルプリンタは約6年半ぶりに新機種:キヤノン、「PIXUS」プリンタ14年秋冬モデル――スマホ/タブレット/クラウド連携強化、女性向けの“Atelier”登場 (1/2)

今年も年賀状シーズンに先駆け、キヤノンが「PIXUS」シリーズのA4複合機4機種を投入。注目は初の女性向けモデル「PIXUS Atelier」だ。A4モバイルプリンタも久々に新機種が現れた。

[ITmedia]

A4複合機は4機種9モデル、A4モバイル機は1機種1モデルを投入

tm_1408pixus_01.jpg 最上位機「PIXUS MG7530」の「ORANGE」モデル

 キヤノンは8月28日、インクジェットプリンタ「PIXUS(ピクサス)」シリーズの2014年秋冬モデルとして、計5機種10モデルを発表した。いずれも価格はオープン。

 個人向けA4複合機は、4色展開の最上位機「PIXUS MG7530(BLACK、WHITE、ORANGE、BROWN)」をはじめ、女性向けの「PIXUS Atelier(MG7530F)」、ハイスペック機「PIXUS MG6730(BLACK、WHITE)」、スタンダード機「PIXUS MG5630(BLACK、WHITE)」の4機種を用意し、カラーバリエーション含め計9モデルを9月4日に発売する。2013年秋冬モデルでエントリー機だった「PIXUS MG3530」は併売だ。

 またA4モバイルプリンタの新機種として、約6年半ぶりにモデルチェンジした「PIXUS iP100」を11月上旬に発売する。

 このほか、キヤノンはビジネスインクジェットプリンタの新ブランド「MAXIFY(マキシファイ)」を立ち上げ、5機種を発表した(MAXIFYは別記事で紹介)。

tm_1408pixus_02.jpgtm_1408pixus_03.jpg 新たに追加された女性向けモデルの「PIXUS Atelier」こと「PIXUS MG7530F」(写真=左)。A4モバイルプリンタの「PIXUS iP100」(写真=右)

PC、スマホ、タブレット、そしてクラウド連携を強化

tm_1408pixus_04.jpg 最上位機のPIXUS MG7530には、対応スマートデバイスとNFCによるワンタッチ接続を可能にする「PIXUSタッチ」機能が備わっている

 PIXUSの新ラインアップは、スマートデバイス(スマートフォン/タブレット)との連携を強化。最上位機のPIXUS MG7530のみNFCを内蔵し、NFC搭載スマートデバイスをプリンタ本体のNFCポートにタッチすることで、Wi-Fi認証・接続を行い、ワイヤレスでスマートデバイス内の画像をプリントしたり、スキャンした画像をスマートデバイスに送信したりできる「PIXUSタッチ」機能に対応する。

 タブレット向けに画像補正やカレンダー/カードなどの作成・印刷が行える新しいWebアプリ「Easy-PhotoPrint+(EPP+)」も用意した。こちらは今回の新モデルに加えて、2013年秋冬モデルの「PIXUSクラウドプリント」対応機種でも利用可能だ。iOS(Safari 5.1以降)、Android(Chrome最新版)、RT除くWindows(Windowsストアアプリ版IE10以降、デスクトップ版IE9以降、Firefox最新版、Chrome最新版)、Mac OS X(Safari 5.1以降)で動作する。7型に満たないスマートデバイスは動作するものの、サポート外だ。

 クラウドサービスとの連携では、スキャン系の機能を拡充した。スキャンデータを添付した下書きメールの作成、スキャンデータを添付してメール送信、スキャンデータをオンラインストレージに保存(OneDrive、Google Driveを新たにサポート)といった機能が利用できる。

 そのほか、モバイルOS用のアプリ「PIXUS Print」、PC用のプリントソフト「Easy-PhotoPrint EX」、PC用の統合ソフト「My Image Garden」を引き続き用意し、接続するホスト機器がPCからスマホ/タブレットに拡大していることを受け、幅広いプリントフローを提供することが、同社の戦略となる。

 PC用ドライバの対応OSは、Windows XP(SP3以降)/Vista(SP1以降)/7/8/8.1、Mac OS X 10.6.8以降だ。

女性向けモデル「PIXUS Atelier」が登場

tm_1408pixus_05.jpg PIXUS MG7530は、静電センサー式ユーザーインタフェース「インテリジェントタッチシステム」と、大きめの3.5型液晶モニタを装備

 最上位のMG7530は、昨年の主力機「MG7150」の後継に相当するプレミアムモデル。ブラック、ホワイト、オレンジ、ブラウンの4色を用意する。従来も4色展開だったが、レッドからオレンジに変更となった(レッドモデルをベースとした「シャア専用モデル」も用意しない)。

 基本設計はそのままに、ボディの横幅を縮めており、本体サイズは435(幅)×370(奥行き)×148(高さ)ミリ、重量は約7.9キロとなった(MG7150は幅466×奥行き369×高さ148ミリ、約8.2キロだった)。

 シリーズの中で唯一、メニュー操作に応じて必要なボタンだけがLEDで浮かび上がる静電センサー式ユーザーインタフェース「インテリジェントタッチシステム」と、大きめの3.5型液晶モニタ、100BASE-TXの有線LANを備えているのは従来通りだ。ただし、液晶モニタの輝度を向上している。

 プリント/スキャナなど主要なスペックに変更はない。グレーインクを含む染料5色独立+顔料ブラックの6色インク、最高9600×2400dpi/最小1ピコリットル/計6656ノズルのプリントヘッドを搭載し、A4普通紙の印刷速度はモノクロ約15ipm/カラー約10ipm、L判カラーフチなし写真1枚の印刷速度は約18秒だ。

 2400×4800dpiのCISスキャナ、前面カセットによる2系統給紙(下段:普通紙125枚+上段:はがき40枚)、自動両面印刷機能、CD/DVD/BDレーベル印刷、メモリカードスロット(SDHC対応SDメモリーカード、メモリースティックPRO デュオ)、IEEE802.11b/g/nの無線LANといった機能も搭載する。同社直販価格は2万8800円(税別/以下同)。

tm_1408pixus_06.jpgtm_1408pixus_07.jpg MG7530のカラバリは4種類。左がブラック、右がホワイト
tm_1408pixus_08.jpgtm_1408pixus_09.jpg 左がオレンジ、右がブラウン

 MG7530をベースにしたPIXUS初の女性向けモデル「PIXUS Atelier(MG7530F)」は、今回の注目機種だ。ボディをオリジナルカラーの「エクリュベージュ」で塗装し、液晶モニタのメニュー、製品パッケージ、マニュアル、店頭カタログに至るまで女性向けの専用デザインで統一している。

 また、女性向けにデザイン、操作性、言葉をカスタマイズした専用スマホアプリ「PIXUS Atelier PRINT」、雑貨の作り方を紹介するプリントレシピサイト「Atelier Gallery」、さらには同プリンタでの雑貨作り体験スクールも用意する。直販価格は2万9800円。

tm_1408pixus_10.jpgtm_1408pixus_11.jpg PIXUS Atelier(MG7530F)

 上位2番手のMG6730は、昨年のミドルレンジ機「MG6530」の後継となるハイスペックモデル。プリント/スキャン/ダイレクトプリントの機能を最上位のMG7530と共通化する一方、インテリジェントタッチシステムと有線LANを省き、液晶モニタを一回り小さい3.0型にしている。本体サイズは466(幅)×369(奥行き)×148(高さ)ミリ、重量は約8キロと、MG7530より横幅が長い。直販価格は2万3800円。

tm_1408pixus_12.jpgtm_1408pixus_13.jpg PIXUS MG6730は2色展開

 スタンダードモデルのMG5630は、基本仕様を昨年のミドルロー機「MG5530」から引き継いでいる。プリントエンジンは5色独立インク(染料4色独立+顔料ブラック)を採用し、最高4800×1200dpi/最小2ピコリットル/計4096ノズルのプリントヘッドを搭載。A4普通紙の印刷速度はモノクロ約12.2ipm/カラー約8.7ipm、L判カラーフチなし写真1枚の印刷速度は約37秒だ。

 2.5型液晶モニタ、1200×2400dpiのCISスキャナ、1段前トレイ(普通紙100枚/はがき40枚)を装備。自動両面印刷機能は普通紙のみの対応で、レーベルプリント機能やメモリカードスロットは省かれている。本体サイズは455(幅)×369(奥行き)×148(高さ)ミリで、重量は約6.3キロ。直販価格は1万6800円。

tm_1408pixus_14.jpgtm_1408pixus_15.jpg PIXUS MG5630も2色展開
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.