ニュース
» 2015年09月03日 04時01分 UPDATE

IFA 2015:Lenovo、180度回転カメラ搭載の「YOGA Tab 3」シリーズ発表

無段階設定のキックスタンドによる「4モードスタイル」は健在。YOGA Tab 3 Proでは、内蔵プロジェクタの位置を背面に移動してより使いやすくなった。

[ITmedia]

 Lenovoは、9月2日(現地時間)に、YOGA Tabletシリーズの新モデルとなる「YOGA Tab 3 Pro」「YOGA Tab 3」を発表した。出荷開始と実売予想価格は、YOGA Tablet 3 Proが11月で499ドル、YOGA Tablet 3 8型モデルが10月で169ドル、YOGA Tablet 3 10型モデルが11月で199ドル。日本市場への投入は未定だ。

 YOGA Tab 3 Proは、従来モデルと同様にプロジェクタを本体に内蔵する。ただし、配置場所は従来のヒンジ部分で側面方向への投影ではなく、ヒンジ中央部背面側で背面方向に投影する。投影サイズは70型スクリーンに相当する。また、JBL監修のスピーカーシステムを採用し、フロントには4基のスピーカーを組み込み、Dolby AtmosとWolfson Master Hi-Fi Technologyを利用できる。

kn_yogatab3_02.jpg 搭載プロジェクタの投影レンズをスタンドに組み込んだYOGA Tab 3 Pro

 ディスプレイサイズは10.1型で解像度は2560×1600ピクセル。CPUはAtom x5-Z8500を採用し、システムメモリは2Gバイト、ストレージは16Gバイト、または、32GバイトのeMMCを用意する。本体サイズは247(幅)×179(奥行)×4.68(高さ)ミリで重さは665グラム。この状態でバッテリー駆動時間は約18時間。OSはAndroid 5.1を導入する。

 YOGA Tab 3(8型ディスプレイ搭載モデル)は、8型ディスプレイ(解像度は1280×800ピクセル)を搭載して、本体サイズは210(幅)×146(奥行き)×7(高さ)ミリで重さは466グラム(無線LANモデル)、または、472グラム(LTEモデル)になる。この状態でバッテリー駆動時間は約20時間。プロセッサはQualcommのAPQ8009でシステムメモリは1Gバイト、ストレージは16Gバイトのフラッシュメモリを用意する。OSはAndroid 5.1を導入する。

 YOGA Tab 3(10型ディスプレイ搭載モデル)は、解像度が1280×800ピクセル。本体サイズは253(幅)×185(奥行き)×9.5(高さ)ミリで重さは655グラム(無線LANモデル)になる。この状態でバッテリー駆動時間は約18時間。プロセッサにシステムメモリ、ストレージ、OSのの仕様は8型ディスプレイ搭載モデルと共通する。

 どちらのモデルも搭載カメラ(有効800万画素)のレンズ部分が180度回転するので、1基でリアカメラにもインカメラにも利用できる。

kn_yogatab3_01.jpg レンズが180度回転するカメラを搭載したYOGA Tab 3シリーズ

関連キーワード

レノボ | YOGA TABLET | IFA | Atom x5


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.