ニュース
» 2016年10月24日 15時48分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:超小型でVR環境が作れる「ZBOX MAGNUS 1070/1060」が登場! (1/4)

GeForce GTX 1070/1060を内蔵した超小型ベアボーン「ZBOX MAGNUS 1070/1060」が各ショップで目立っている。14万円以上の高価なモデルだが、注目している人は多いそうだ。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「ゲームというよりVR目的かも」――ZBOX MAGNUS 1070/1060評判

 先週の新製品で特に目立っていたのは、ZOTACのベアボーン「ZBOX MAGNUS 1070」「ZBOX MAGNUS 1060」だ。203(幅)×210(奥行き)×62.2(高さ)mmの超小型ケースでありながら、GeForce GTX 1070、もしくはGTX 1060を内蔵しているのが特徴だ。税込み価格はZBOX MAGNUS 1070が16万円強で、ZBOX MAGNUS 1060が15万円弱となる。

ZOTAC「ZBOX MAGNUS 1070」

ZOTAC「ZBOX MAGNUS 1060」

 GPU以外のスペックはほぼ共通しており、CPUにCore i5-6400T(4コア/標準2.2GHz/最大2.8GHz)やWi-Fiアンテナを内蔵する。DDR4 SO-DIMMスロットは2基で、M.2 PCIeスロットと2.5インチSATAスロットを各1基用意する。映像出力はDPとHDMIがそれぞれ2基あり、ギガビットLANも2基並ぶ。USB 3.1端子はタイプAとCが各1基だ。電源は付属のACアダプタで供給することになる。

 ハイスペックな超小型ベアボーンとしては、2016年7月に登場したIntelの「NUC6i7KYK」が税込み9万円超(当時)と高価ながらゲーマーやカスタム好きな人にヒットしているが、今回の2モデルは別の売れ方をするとみる向きが強い。

 パソコンSHOPアークは「スペックと価格的に、こちらはできるだけ小型のマシンでVRをしたいという人が中心になる気がします。背面にもHDMI端子が2つありますしね。持ち運べるVRマシンという需要は今後増えてくるかもしれません」と話す。

パソコンSHOPアークのPOP

7月に登場したインテル「NUC6i7KYK」。現在は税込み7万円台半ばで買える

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう