ニュース
» 2017年11月22日 12時01分 公開

アイ・オー、電波が死角なく届く“360コネクト”搭載の11ac無線LANルーター

アイ・オー・データ機器は、IEEE 802.11ac接続対応のスタンダード無線LANルーター「WN-AX1167GR2」を発表した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は11月22日、IEEE 802.11ac接続対応のスタンダード無線LANルーター「WN-AX1167GR2」を発表、11月下旬に出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は8300円(税別)。

photo WN-AX1167GR2

 IEEE 802.11ac接続をサポートした無線LANルーターで規格値最大867Mbpsまでの接続をサポート。おもな機能面は従来型番モデルの「WN-AX1167GR」に準じており、全方位に電波の死角を作らず安定した通信を行える「360コネクト」を搭載。端末子機と安定した通信を行える「ビームフォーミング」技術にも対応、子機側が非対応の場合にも通信安定化を利用できる「ビームフォーミングW」機能も新たにサポートした。また、最大3年の本体保証(無料のユーザー登録が必要)が利用できるようになっているのも特徴だ。

 有線ポートはギガビット対応×5基(WAN側×1、LAN側×4)を備えた。本体サイズは約150(幅)×83(奥行き)×157(高さ)mm(縦置き時)、重量は約250g(本体のみ)だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう