連載
» 2012年11月02日 13時00分 UPDATE

キーワード解説:照明を効率良く使う方法「タスク・アンビエント照明」

照明機器が消費する電力量を節約するために、LED照明に入れ替える企業が増えているが、それだけでは十分な節電効果を得られないこともある。「タスク・アンビエント照明」という手法を使えば、さらに消費電力量を削減できる。

[笹田仁,スマートジャパン]

 タスク・アンビエント照明とは、人間が作業する机上を効率良く、十分に明るくすることを目的とした照明機器の利用法。

 オフィスにおける机上の明るさを定めた「事務所の照度基準(JIS Z91110)」では、パソコンのキーボードを操作するようなオフィスでは、机上の照度は750lx(ルクス)以上でなければならないと定めている。

 オフィスでこの基準以上に机上を明るくする方法は2つ。1つ目は一般的な方法だ。天井の照明を十分明るくして、机上を明るく照らすという方法。しかしこの方法では、机上から遠い天井にある照明で机上を照らすため、天井の照明を強く光らせる必要がある。天井の照明を強く光らせると、机上だけでなく必要のないところも均一に明るく照らす。当然、消費する電力量も増える。

 もう1つの方法は、近距離から机上を照らすという方法。机上にタスク照明を置き、明るく照らすという方法が一般的だ。この方法なら、近いところから机上を照らせばよいので弱い光でも十分明るくなる。

 タスク・アンビエント照明では、タスク照明などを利用して近距離から机上を照らす方法を採る。タスク照明には、光は弱いが消費電力量が少ないというものでも十分使えるため、最低限の電力で机上を明るく照らせる。

 天井照明は最低限の明るさを保つ程度まで暗くする。こうすることで天井照明で無駄な電力を消費することがなくなる。ただし、あまりに暗くしてしまうと机上の明るさと部屋の暗さの落差で眼が疲れてしまう。

 タスク・アンビエント照明は、一般的なオフィスで消費電力量を削減したいという場合だけでなく、天井が高く、天井照明だけでは机上を十分明るく照らすことが難しいような場所でも効果を発揮する。

関連記事:これを読めば「タスク・アンビエント照明」がさらによく分かる!

なるべくお金をかけないで済ませる、照明の節電対策5つのポイント

LED照明など、消費電力が少ない照明器具を導入する企業が増えている。空調と異なり、照明は1年間同じように使うもの。照明機器が消費する電力を削減できれば、その効果は1年中続く。しかし、節電対策にあまりお金を掛けられないという企業もあるだろう。本稿では、なるべくコストをかけずに、照明にかかる電力を削減する方法を解説する。


キーワード解説「LED照明」

オフィスで消費する電力のうち、かなりの部分を照明器具が消費している。そこで、消費電力量を大きく下げることを狙って、照明器具を消費電力量が少ないものに入れ替える例が増えている。低消費電力の照明器具を代表する存在となったのが「LED照明」だ。


LED照明の導入効果と注意点 第1回 「消費電力量」

夏を前にして、節電計画を担当する人の悩みは深いのではないだろうか。企業の節電対策の1つとして重要性が高まっているLED照明への切り替えをテーマに、効果的な導入方法を4回に分けて解説する。


LED照明と空調を「タスク&アンビエント方式」に、エネルギー消費量を大幅に削減

最先端の省エネ技術を駆使した大規模オフィスビルが都心で完成した。清水建設が8月から新本社に利用する地上22階建てのビルで、外壁に太陽光発電パネルを装着したほか、LED照明と空調は消費電力を大幅に削減できる「タスク&アンビエント方式」を採用した。


省エネだけではない「美しい照明」を、環境省が事例募集開始

LED照明などの省エネ型照明器具を導入する企業が増えている。しかし、既存の照明器具から単純に入れ替えただけという企業も少なくない。環境省は省エネだけでなく、デザインの美しさも両立した照明導入事例の募集を始めた。


キーワード解説「ルーメン(lumen:lm)」

蛍光灯や白熱電球などの従来型の照明器具では、その消費電力からおおよその明るさを判断できた。しかし、技術革新が続くLED照明の場合は、消費電力から明るさを判断することが難しくなっている。そこで各メーカーはルーメン(lm)という単位で明るさを判断するように推奨している。


テーマ別記事一覧

 LED照明 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.