ニュース
» 2012年11月06日 07時00分 UPDATE

LED照明:蛍光灯からの入れ替えで約45%節電、天井照明向けの一体型LED照明

パナソニック エコソリューションズ社は、直管形蛍光灯からの入れ替えに適した一体型LED照明を発売する。JEL801規格に準拠した直管形LED照明よりも安く、同等の明るさで室内を照らす製品だ。

[笹田仁,スマートジャパン]

 パナソニック エコソリューションズ社が発売する一体型LED照明の新製品の名称は「一体型LEDベースライト iDシリーズ」(図1)。2012年12月中旬から発売する。

Panasonic_LED_Base_Light.jpg 図1 パナソニック エコソリューションズ社が発売するLED照明「一体型LEDベースライト iDシリーズ」

 直管形蛍光灯と入れ替えることを意識して、本体の大きさを蛍光灯向けの照明器具に合わせている。器具の形は大きく分けて直付型と埋込型の2種類。直付型は「逆富士型」の照明器具のように、天井から飛び出した形状になる。一方、埋込型は天井に埋め込むため、器具は天井から飛び出さない形になっている。

 器具の形として、直付型2種類、埋込型4種類の合計6種類を揃える。6種類ぞれそれに明るさが異なる製品を用意する。明るさは5200lm、4000lm、2500lm、2000lmの4種類。さらに、光色を昼白色(色温度は5000K)と白色(4000K)から選べる。

 例えば直付型で5200lmの製品なら、40型の蛍光灯を2つ備える器具と同等以上の明るさで光り、消費電力量をおよそ45%節約できる。

 価格は1万7325円〜3万1290円(税込)。JEL801準拠の直管形LED照明よりも低い価格設定になっている。

テーマ別記事一覧

 LED照明  店舗  オフィス 


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.