ニュース
» 2014年04月15日 15時00分 UPDATE

自然エネルギー:高原に関東最大43MWのメガソーラー、1万4000世帯分の電力を供給

東京電力の管内で最大規模のメガソーラーが群馬県の昭和村に2017年に誕生する。82万平方メートルの広さの土地に、約17万枚の太陽光パネルを設置する計画だ。年間の発電量は5000万kWhに達して、売電収入は18億円を見込む。総事業費は130億円を想定している。

[石田雅也,スマートジャパン]
showamura_sj.jpg 図1 昭和村の位置。出典:昭和村役場

 これまで関東地方のメガソーラーでは、茨城県と千葉県で建設中の40MW(メガワット)が最大だ。新たに群馬県の昭和村に建設するメガソーラーは発電能力が43MWになる予定で、電力需要の大きい東京電力の管内でも最大の規模になる(図1)。

 このプロジェクトを推進するのは不動産事業を中核にする「いちごグループ」である。すでにグループ会社の「いちごECOエナジー」が北海道など全国17カ所でメガソーラーの建設プロジェクトを進めていて、合計すると30MWの発電規模になっている。昭和村のメガソーラーを加えると発電規模は一気に2倍以上に拡大する。

 昭和村では年間に5000万kWhの発電量を見込んでいる。一般家庭で1万4000世帯分の電力使用量に相当する規模で、昭和村の総世帯数(約2300世帯)の6倍になる。いちごECOエナジーは2013年度に固定価格買取制度の認定を受けていて、発電した電力は1kWhあたり36円(税抜き)で売電することができる。全量を東京電力に売却して年間に18億円の収入を得られる想定だ。

 メガソーラーの総事業費は130億円を予定している。発電設備の設計・資材調達から据付・調達までを一括して日立製作所が請け負う。いちごECOエナジーは土地の所有者と賃貸契約を合意済みで、地元の自治体からの認可を待って工事を開始する。順調にいけば2014年10月に着工して、2017年4月に運転を開始する計画である。

テーマ別記事一覧

 太陽光   都市・地域 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.