ニュース
» 2014年07月01日 11時00分 UPDATE

電力供給サービス:太陽光発電を拡大して小売へ、大阪の生協がメガソーラーを4カ所に

全国の生協の中でも電力事業に積極的に取り組む大阪府の「いずみ市民生協」が太陽光発電の規模を拡大して小売の準備を進める。物流センターの屋根で稼働中の2カ所に加えて、新たに奈良県と京都府で通常の土地にメガソーラーを建設して、供給力を一気に12MWへ増強する。

[石田雅也,スマートジャパン]

 大阪府の中部から南部を事業エリアに活動する「大阪いずみ市民生活協同組合」(略称:いずみ市民生協)が、奈良県と京都府にメガソーラーを拡大する。奈良県では天理市の国道沿いの土地に、京都府では亀岡市のゴルフ場の跡地に建設する計画だ。発電規模は奈良県が1MW(メガワット)で、京都府では8.5MWを予定している(図1)。

izumicoop0_sj.jpg 図1 メガソーラーの開発計画。出典:大阪いずみ市民生活協同組合

 すでに同生協は大阪府にある物流センターの屋根を活用したメガソーラーを2カ所で稼働させている(図2)。新たに建設する2カ所を加えると、2016年6月の時点で発電規模が11.8MWになり、年間の発電量は1500万kWhに増加する見込みだ。一般家庭で約4200世帯分の使用量に相当する。

izumicoop1_sj.jpg 図2 物流センターの屋根を活用したメガソーラー。出典:大阪いずみ市民生活協同組合

 今後は発電した電力を使って小売事業を展開することも検討中だ。2016年に自由化される家庭向けの電力小売を想定して供給力を拡大する狙いがある。小売事業に向けて、新電力で最大手のエナリスと2014年6月1日に協業を開始した。生協のメガソーラーで発電した電力をエナリスがプレミアム価格で買い取ったうえで、26カ所の生協の事業所に電力を供給する(図3)。

izumicoop2_sj.jpg 図3 太陽光発電を活用した電力供給スキーム。出典:大阪いずみ市民生活協同組合

 エナリスは太陽光発電だけでは不足する分の電力を他社から調達する役割も担う。いずみ市民生協が家庭向けに電力小売を展開する場合でも、電力の調達面で引き続きエナリスと協業する可能性が大きい。家庭を顧客に抱える小売業と既存の新電力が事業を補完し合う先行例になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.