ニュース
» 2014年07月14日 09時00分 UPDATE

自然エネルギー:国内3社連合が取り組む千葉の太陽光、出力2.8MW

キューコーリースと九電工、JFEエンジニアリングの3社は、2014年7月、千葉県富津市で出力2.82MWの大規模太陽光発電所の建設を開始した。熊本県の事例に続く第2弾である。

[畑陽一郎,スマートジャパン]
yh20140714JFE_map_250px.jpg 図1 千葉県富津市と発電所の位置

 キューコーリースと九電工、JFEエンジニアリングの3社は、2014年7月、千葉県富津市で出力2.82MWの大規模太陽光発電所の建設を開始した(図1)。

 約5万3595m2の土地に、太陽電池モジュール1万1280枚を設置する(図2)。年間予想発電量は313万7200kWhの予定。2015年1月の運転開始を予定する。

 3社は2013年6月に再生可能エネルギーを利用した発電事業に共同で取り組むことを目的に業務提携しており、今回の太陽光発電所は、熊本県の事例に続く第2弾となる(関連記事)。資金調達と投資用資産を管理するアセットマネジメント(AM)をキューコーリースが担当し、プラントの設計・調達・建設(EPC)をJFEエンジニアリンググループが、運営(O&M)に九電工が取り組む。今回の事例では事業主は3社が出資した千葉シャインエナジー*1)である。

*1) 出資比率はキューコーリース60%、九電工30%、JFEエンジニアリング10%。

yh20140714JFE_MS_443px.png 図2 大規模太陽光発電所の完成予想図 出典:JFEエンジニアリング

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.