ニュース
» 2015年10月06日 15時00分 UPDATE

太陽光:知多半島の工場跡地に13MWのメガソーラーが完成、3500世帯を賄う

双日は、愛知県知多郡美浜町の知多美浜太陽光発電所が完成したことを発表した。

[三島一孝,スマートジャパン]

 双日はドイツで行っているメガソーラー事業のノウハウを生かし2010年から国内でメガソーラーの展開を開始。2013年8月には、約350億円を投じて、国内4カ所に合計出力106MW(メガワット)のメガソーラーを建設すると2013年8月に発表している(関連記事)。今回の愛知県知多郡美浜町の知多美浜太陽光発電所は双日の100%出資子会社である未来創電知多美浜が運営するもので、2014年に運転開始した北海道小清水町、熊本県錦町での事業に次ぎ、同社の3番目の国内メガソーラーになる(図1)。

photo 図1 完成した知多美浜太陽光発電所 出典:双日

 知多半島は豊富な日射量に恵まれた地域で、知多美浜太陽光発電所は工場跡の遊休地を活用し、地域資源の有効活用に取り組む事業となる。この発電所が備える同地域最大級の出力約12.9MWは一般家庭約3500世帯分の消費量に相当し、発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用して中部電力へ売電する。

photo 図2 知多美浜太陽光発電所の位置 出典:双日

 双日は、国内外のメガソーラーを含めた再生可能エネルギーの拡大に、今後も積極的に取り組む方針。2016年末には国内4カ所目のメガソーラーとなる青森県上北郡六ヶ所村の71MWの太陽光発電所が完成する予定となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.