ニュース
» 2017年07月19日 08時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:リチウムイオン電池を再資源化、住友金属が「国内初」の実用化へ

蓄電池や電気自動車の普及とともに、需要が拡大しているリチウムイオン電池。住友金属鉱山は使用済みのリチウムイオン二次電池から銅やニッケルを回収し、再資源化することに成功した。日本初の成果だという。

[長町基,スマートジャパン]

 住友金属鉱山は、熱処理などであらかじめ無害化した使用済みリチウムイオン二次電池や、その製造過程で発生する中間物から銅およびニッケルを回収し、これらを再資源化することを「日本で初めて」(同社)実用化したと発表した。

 出典:住友金属鉱山

 リチウムイオン二次電池はニッケル水素電池と比較すると有価金属の含有量が低く、再資源化の採算性が悪いため、経済的に有価物を回収することが困難だった。同社は東予工場(愛媛県西条市)の乾式銅製錬工程とニッケル工場(愛媛県新居浜市)の湿式ニッケル製錬工程を組み合わせた処理フローを確立し、原料中の不純物濃度を的確に管理することにより、銅およびニッケルを回収することに成功した。

 回収したニッケルは磯浦工場(愛媛県新居浜市)で、硫酸ニッケルから二次電池の正極材料に加工する。これにより日本で初めて廃リチウムイオン二次電池からの“電池to電池”の再資源化を実現した。

再資源化の流れ 出典:住友金属鉱山

 同社では今回、リチウムイオン二次電池を再資源化することにより、国内で持続可能な循環型社会の形成をより一層進めるとともに、世界的な資源枯渇に対応する資源循環の推進強化につながるものと期待している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.