ニュース
» 2018年03月27日 13時00分 公開

電気自動車:トヨタがフレックス燃料車にハイブリッドシステム、抜本的なCO2削減へ

トヨタ自動車は、ガソリンにエタノールなどのアルコールを加えた燃料で走行可能なフレックス燃料車(FFV)に、ハイブリッドシステムを搭載した試作車(ハイブリッドFFV)を初公開した。フレックス燃料車へのハイブリッドシステム搭載は世界初(同社調べ)という。

[長町基,スマートジャパン]

 トヨタ自動車のブラジル現地法人であるToyota do Brasil(ブラジルトヨタ)は、ガソリンにエタノールなどのアルコールを加えた燃料で走行可能なフレックス燃料車(FFV)に、ハイブリッドシステムを搭載した試作車(ハイブリッドFFV)をブラジル・サンパウロ市で初公開した。フレックス燃料車へのハイブリッドシステム搭載は世界初(同社調べ)という。

公開されたハイブリッドFFVの外観(クリックで拡大)

 ハイブリッドFFVは、CO2排出量削減などの環境保護を目指して、同社が日本とブラジルで開発を進めている新たなパワートレーンシステム。エネルギー効率の高さやCO2排出量が抑制できるハイブリッド車の特性を基に、成長過程でCO2を吸収する植物由来のバイオ燃料を用いることで総合的なCO2排出量を大きく低減できるとする。

 同社におけるハイブリッドFFVの開発は、2050年までにグローバル新車平均走行時CO2排出量の2010年比「90%削減」や、車両のライフサイクルでのCO2排出量ゼロを目標とする「環境チャレンジ2050」における新たな取り組みの1つとなる。また、2030年にはグローバル販売台数における電動車を550万台以上とする電動車普及に向けた活動の一環でもあるという。

 今回開発した試作車は、現在同社がブラジルで販売するハイブリッド車「プリウス」をベース車として採用し、同パワートレーンを搭載。同社では今後、ブラジルでの試験走行を通じてデータを収集し、ブラジルにおける実用化に向けてハイブリッドFFVの耐久性やパワートレーン性能などの検証を進めるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.