ニュース
» 2018年08月09日 07時00分 公開

蓄電・発電機器:定置用リチウムイオン蓄電システム、2017年度の出荷数は「過去最高」

日本電機工業会が定置用リチウム蓄電システムの国内出荷実績を公表。2017年度の出荷台数は過去最高を記録した。

[長町基,スマートジャパン]

 日本電機工業会(JEMA)は2018年7月、2017年度の定置用リチウムイオン蓄電システムの国内出荷実績を公表した。台数ベースでは2016年度比43%増の4万9481台、容量ベースでは、同比36%増の32万4609kWh(キロワット時)となった。

 定置用リチウムイオン蓄電システムの出荷台数は、1939台を記録した2011年度から、翌年の2012年度には5.9倍の1万1449台と急拡大した。その後2013〜2015年度にかけて、前年度比1.4倍以上の成長ペースが続き、急速に普及が進んだ。2016年度は対前年度比で減少(92%)となったものの、2017年度に記録した4万9481台は、過去最高の年間販売台数で、前年度比も143%と高い伸びを示した。累計出荷台数は2016年度に10万台を突破し、2017年度までで17万5273台となっている。

出荷台数の推移(台数ベース) 出典:JEMA

 容量ベースでの出荷量は、2015年度までは年々増えてきたが、2016年度は対前年比で減少(76%)。しかし、2017年度は前年度比136%となり、再び増加傾向となった。2017年度までの累計出荷容量は125万6803kWhとなっている。

出荷台数の推移(容量ベース) 出典:JEMA

 今回の調査は、JEMA会員の22社が対象。対象機種はリチウムイオン蓄電池部に加え、インバーター、コンバーター、パワーコンディショナーなどの電力変換装置を備えたシステムとして一体的に構成されている、リチウムイオン蓄電池搭載の蓄電システムとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.