メディア

永田豊志

永田豊志がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:

ChatGPTをはじめとする生成AIを使う業務としては議事録作成や資料の要約、電子メールの下書きなどが代表的ですが、今回は全く別の使い方を紹介します。筆者が経営する企業の「公式ビジュアル」が出来上がるまでの思考錯誤から浮かび上がった、生成AIを使いこなすために欠かせない2つのスキルとは。

()

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:

ビジネスパーソンには学ばなければならないことがたくさんあります。あなたはどんな教材で勉強していますか。「これをこういうふうに学びたい」という細かなニーズにピッタリ合う問題集をChatGPTで作る方法とは。

()

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:

生成AIを業務で活用しようとしているけれども、なかなかうまくいかない――。そんなお悩みを抱える方に、筆者が今週お届けするのは「マルチモーダル」です。テキストだけでなく、画像や音声、動画など複数種類のデータを読み込ませることで、生成AIの活用はどのように「レベルアップ」するのでしょうか。

()

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:

生成AIをビジネスでいかに利用するかは、現在のビジネスパーソンにとって喫緊の課題の一つとなっています。筆者は、「生成AIがもっとも活躍するのは翻訳ではないか」と考えています。その理由と具体的な活用方法とは。

()

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:

今回から新連載「『AIが卵より安くなる時代』に向けて」をお届けします。AIがコモディティ化する時代が間近に迫る中、われわれビジネスパーソンはどのようなスキルを身に付け、どのように生きるべきでしょうか。筆者と一緒に考えてみませんか。

()

データ活用のための思考術:

中だるみを感じる水曜日を乗り越えようとしている皆さまに向けて、今週は「AI大活用時代」に生き残る術を伝授します。筆者と一緒に考えるのは、最近ひっぱりだこの“あの方”です。果たしてどんな答えが返ってくるのでしょうか。

()

データ活用のための思考術:

中だるみを感じる水曜日を乗り越えようとしている皆さまに向けて、今週もデータ活用のための思考術をお届けします。企業でChatGPTをいかに活用するかという模索が続く中で、筆者はAIがコモディティ化する未来に向けて今からやっておくべきことがあると言います。その内容とは。

()

データ活用のための思考術:

中だるみを感じる水曜日を乗り越えようとしている皆さまに向けて、今週もデータ活用のための思考術をお届けします。「データを活用しよう」という掛け声に乗ってデータをそろえたものの、そこで足踏みしていませんか。実際の仕事に使うためには、データから何をどのように読み取るべきでしょうか。

()

データ活用のための思考術:

中だるみを感じる水曜日を乗り越えようとしている皆さまに向けて、今週もデータ活用のための思考術をお届けします。「顧客ニーズ」を探るのによく選ばれる“あの方法”について、筆者は「使えるデータは得られない」と言います。顧客ニーズを正確に把握するために筆者が勧める“手っ取り早い手法”とは。

()

データ活用のための思考術:

社長や上司とは時に(常に?)むちゃぶりをする生き物です。いきなり「売り上げを上げろ」と言われたら、あなたは何から取り掛かりますか。「そんなの無理に決まっているだろ」と言い返すのも一つのアイデアですが、データ活用で解決するための方法を筆者と一緒に探ってみませんか。

()

データ活用のための思考術:

中だるみを感じる水曜日を乗り越えようとしている皆さまに向けて、データ活用をテーマにした新連載をお届けします。今年こそデータ活用を始めたいとひそかに決意している方も、既に業務の中でデータをバリバリ活用している方も、少し手を止めて「すぐに仕事で生かせる考え方」に触れてみませんか。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

自分の頭で考え新しい価値を生み出す人はいつまでも輝き、機械にリプレイスされることはない。そのために必殺技「フレームワーク」の登場だ。

()

ナレッジワーキング!!:

「ラッキーカラーは赤だよ!」と言われると、いつもの通勤路でも「やたらと赤が多いな」と意識し始めてしまいます。これをカラーバス効果と呼びます。

()

ナレッジワーキング!!:

そろそろ、年末年始の大掃除の時期です。今年こそLATCHの法則をヒントに、身の回りのアイテムをスッキリ整理して、新年を過ごしてみませんか?

()

ナレッジワーキング!!:

ノートPCの元祖、新興LCCの雄、ネット通販の巨人、この3社に共通するものといえば? 彼らは、ふとした瞬間に浮かんだアイデアが霧散してしまう前に紙ナプキンに書きとめたのです。

()

ナレッジワーキング!!:

「国の借金1000兆円」「2050年には65歳以上が4割」。数字で語られるニュースは分かったような気になりがちですが、具体的なイメージはしにくいもの。図にまとめ直すことで分かりやすくなります。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

企業の競争力の差はどこに一番出るんでしょうか? そう、「会議」です。 会議のルール、参加者のモチベーション、生産性が会社の業績に大きく関わります。ダメ会議を即刻とりやめ、新しく、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身につけてみませんか?

()

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

これまでに学んだ図解思考の会議術を用いて「社長から課せられたタスク」を解決してみましょう。会議は、創造的でエネルギッシュなものに変えられます。

()

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

さまざまな制約からすぐに実行可能な解決策が思い浮かばない場合もあるでしょう。今回は、そんなときに使いたいアイデアづくりのヒントをいくつか紹介します。

()

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

プロダクトリーダーとしてイベント出展に関するタスクの割り振りをします。あなたは、どのようにホワイトボードにまとめていきますか?

()

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

最近、営業部と開発部の間がギクシャクしています。営業担当者が受注してきた案件が後から導入不可能なものだと発覚したり、無理なスケジュールで導入時に不具合を起こしたり……

()

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

分けて、生み出し、最後にまたまとめる。この3つのプロセスに問題解決会議の成功のカギが隠されているのです。

()

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

人間の集中力が続くのはせいぜい20分程度。会議によるアウトプットを重視するならホワイトボード前での立ち話で終わらせるのが正解です。

()

【新連載】たった15分で話がまとまる図解思考の会議:

企業の競争力の差はどこに一番出るのでしょうか? それは「会議」です。ダメ会議を即刻とりやめ、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身に付けてみませんか?

()

ナレッジワーキング!!:

多くの企業が求める人材の条件として「地頭の良さ」を挙げています。「頭の良さ」との違いは何なのでしょうか?

()

ナレッジワーキング!!:

Web上での顧客との関わり方は、より“一人ひとりへのおもてなし”へと変化しています。そのために必要なのは、おもてなしのアルゴリズム化。これは日本人にしかできない作業でしょう。

()

ナレッジワーキング!!:

ビジネスにおいて「ムダだなあ」と思うことを放置していませんか。ムダな部分にこそ新たなビジネスチャンスの種があるのです。

()

ナレッジワーキング!!:

物事を分析するときには、まったく異なる2つの視点から見ることが重要です。カメラ用語には「視点」「ビジョン」「フォーカス」など、モノの見方に関するキーワードがちりばめられています。

()

ナレッジワーキング!!:

もしもあなたが不眠症で困っているならば、睡眠導入剤を服用するよりも、つまらないプレゼンを聞くことをオススメします。それくらい、残念なプレゼンは眠くなる要素が満載です。

()

ナレッジワーキング!!:

「船頭多くして船山に登る」ということわざにもある通り、多人数でやる会議では物事が決まらなくなりがちです。意思決定のスピードを早めるにはどうしたら?

()

ナレッジワーキング!!:

文字だけのコミュニケーションでは、細かいニュアンスが伝わらないことがあります。絵心の有無は関係ありません。子供の描いたような絵でも十分に役立ちます。

()

ナレッジワーキング!!:

見たり、聞いたりしたことを記憶するだけでは、ビジネスパーソンとしての成果は成し得ません。インプットの段階で「どのようにアウトプットするのか」を意識しておきましょう。

()