メディア
インタビュー
» 2019年03月01日 07時45分 公開

「内省と対話」を繰り返して得たもの:麻布、東大、興銀……エリートコースをあえて捨てた男の仕事論 (6/6)

[森永康平,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

自分の思いを周りに伝えること

 以上が伊藤さんへのインタビュー内容だ。銀行から文具メーカーへの転職は一見、キャリアのつながりを感じないかもしれない。銀行でやりがいを感じていた融資業務ではあくまでサポーターにしかなれず、自身が事業側にまわりたいという思いが強くなり始めたところで、縁があってオーナーの今泉さんと出会い転職に至ったのだ。

 そして、文具メーカーでの悩みを銀行時代の同僚に打ち明けた際に入学を勧められたグロービス経営大学院で学んだMBAの内容が、その後の社内不採算事業の統合にも生かされた。その後、生徒として通った経営大学院で教える側に立つようになり、それがきっかけで現職に至っている。

 インタビューを通じて印象に残ったのは、目の前の仕事に全力で取り組みつつ、常に課題意識を持ち、必要であれば自分の思いを周りに伝えることで、自ずと道は開かれていくということだ。ポスト平成の時代に移ったとしても、その方法論は変わらない。 

 著書を読みながら取材に臨んだが、伊藤さんの話し方には説得力があった。結論とそれを裏付ける実際のストーリーがシンプルに表現されており、メモを取りながら話を聞いていても頭に明確に内容が残っていた。現在はYahoo!アカデミアで社内のリーダー人材の育成に力を注ぎながら、日本全国でも講演をしている。伊藤さんの話し方は俗にいうプレゼンテーションの枠を超え、一種の「表現者」の領域に達していると感じた。

phot

著者プロフィール

森永康平(もりなが こうへい)

株式会社マネネCEO。証券会社や運用会社にてアナリスト、エコノミストとしてリサーチ業務に従事した後、複数金融機関にて外国株式事業やラップ運用事業を立ち上げる。業務範囲は海外に広がり、インドネシア、台湾、マレーシアなどアジア各国にて新規事業の立ち上げや法人設立を経験し、各法人のCEOおよび取締役を歴任。現在は法律事務所の顧問や、複数のベンチャー企業のCFO(最高財務責任者)も兼任している。日本証券アナリスト協会検定会員。株式会社マネネTwitter


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -