メディア
3分Biz.
調査リポート
» 2022年01月07日 09時08分 公開

2022年の仕事始めは61.3%が「出社」 希望する働き方は?理想と現実のギャップも(1/2 ページ)

キャリアや就職・転職に特化した研究や調査を行う機関「Job総研」を運営するライボが調査したところ、76.4%がオンラインによる働き方を希望していることが分かった。

[ほしのあずさ,ITmedia]

 長引くコロナ禍で、ビジネスパーソンの働き方に関する考えはどのように変化したのだろうか。キャリアや就職・転職に特化した研究や調査を行う機関「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)が調査したところ、76.4%が、2022年はオンラインによる働き方を希望していることが分かった。

テレワーク 7割以上がオンラインでの働き方を希望した(画像はイメージ)

 まず、22年の仕事始めがいつからか尋ねたところ、1月4日の企業が46.9%と最多で、次いで1月5日(27.3%)と続いた。仕事始めの勤務形態は、「出社必須」が41.2%、「必須ではないが出社」が20.1%で、合計61.3%が「出社」と回答した。

 一方テレワークは、「必須」が9.9%、「必須ではないがテレワーク」が26.8%と、全体の36.7%となった。

仕事始め 仕事始めは6割以上が出社だった(Job総研調べ)

 「22年はどんな働き方を希望するか」の質問に、76.4%がオンラインを希望すると回答した。内訳は、「テレワークを増やしたい」が31.8%、「出社頻度を減らしたい」が26.5%、「テレワーク必須が良い」が18.1%という結果だった。しかし実態は、全体の61.1%が「出社」と答えいていて、理想と現実のギャップがあることが分かった。

テレワーク オンラインでの働き方を希望する声が目立つ(Job総研調べ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -